スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏服を着た女たち

  • 2012/10/20(土) 19:09:27

夏服を着た女たち
2012年08月24日01:30

男性が「この子を幸せにしてあげたい」と感じる5の瞬間
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2129921&media_id=137


前の日記の流れで行くと、

「品のある女性のおみ足、とくに心ときめく足首」に出会ったとき。

という事になるのだが、まあ、それは死んだ親父もうなずく血のなせる業でもあるので、仕方ない、ことにしておこう。



アーウイン・ショーに「夏服を着た女たち」という、
そういうニューヨーク男の業を描いた短編がある。

日本でいうならば、青山通りと骨董通りの交差点のオープンカフェで、表参道駅からきた働く女、青学方面から歩いてきたこじゃれた学ぶ女たちに、ついつい目がいってしまい、忠告をうけた美人妻に(コイツいつかワタシを裏切る)と思われ、それでも、泣いて抗議する嫁の後ろ姿をみながら(やぱーし、こいつイイ女だわぁ・・)というロクデナシ男のおはなし・・・ですw



で、実際の話、男は、そういう意味なく泣いてしまう女に弱いのかというと、その涙の種類によると思うんですよね。




たとえば、僕なんか・・・

「夕食の準備ができて呼んだときに、ネットをしていて無視した。
稼ぎが悪いくせに、子供の世話をおしつけて、自分は好きなことをしてる」

と泣かれ、ぐずぐずいうので、
「それ、くだらないよ」 
と、反論したら
「もう、いや~。リコンする、必ずする!」

と断言され、それをみていた子供たちは硬直し、
さらに、逆上した僕が、星一徹のように茶碗を床に投げつけたところ

すかさず、嫁は携帯で写真を撮り始め、
(コイツ、家庭裁判所で有利になるように証拠を押さえていやがる!)

長女がため息をつき、次女が泣いてすがるので、
(まあドラマじゃないんだけど、普通にそうなります)

当然の流れとして、僕は黙って家をでていくと・・・




あれ?
ぜんぜん、テーマとはちがう話の展開だな・・
ま逆じゃん。


この子を幸せにしてやりたい、とかじゃなく、

「悔しいなら、シェアハウス用のアパートを買うから現金4000万円用意しろ」
と、その後旦那が妻に脅迫される話になってます。

(で、実際、鬼の妻はぼくから数百万の返済を得て、阿佐ヶ谷にひつじ不動産でも人気のシェアハウスを借地で建てるんですがね・・・)


だから、そういう目的のためには、手段を選ばない脅迫まがいの涙ではなく(いや、万が一家族がいつかこの日記をみたときのために、いっときますが、借入していた自分が悪いのはもちろんですよ、現金4000万円もまだつくれてないしね)



・・・こう、なんとかしてあげたいなぁ という涙の類ですね



昨年やっと10代になった次女が、すごく可憐なグスンと涙してる少女漫画風の自画像をかいてきたんですよ。

その子は、一番小さいのに、すでに字が家族の中で一番うまく、8歳のころから隠れて漫画を描いて、どうもゲーム機を通じてドット系の掲示板に作品をアップしてるみたいで(ちなみにインターネットはまだ禁止です)、彼女の最初のファンだという長女によれば、8名の読者がついているらしい我が家のホープなんです。(恥ずかしがりやなので、絶対作品はみせてくれませんが)


で、その絵の吹き出しをみたら、

「人生最初の10代になった誕生日のプレゼントが現金だなんて・・シクシク。ヤフオクでいいからi-pod買って」
とか かいてるんですよ。


え?

じゃ、自分から希望してきたその現金のプレゼントって一体なんだったの?


え? 

母子そろって、男から詐欺るの?
そういう涙なの。

しかも、長女の影響なのか、自画像が「夏服を着た」初音ミクなんだけど。




まあ、当然、ヤフオクさせられましたけどね。

スポンサーサイト

リハーサルのない人生

  • 2011/12/11(日) 13:42:12

のび太のセリフに学ぶ大切なこと
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1793088&media_id=112


最近、週刊誌や雑誌の取材を続けてうけた。
例の三菱自動車アスベスト労災死亡事件と、311以降世間で議論になっている話題の「プチ生活保護」関係だ。

取材を受けたからといって、こっちの希望どうりの発言を報道してくれるわけではないし、すぐに相手への抑制になるわけでもない。

ただ、世間とのかけひきが、始まったということだ。



●奥さんは、こどもたちにハッキリという。

「のびたはいつもドラエモンをたより、男らしくないし、頭が悪いし覚悟がない」


ぼくも、それは否定しない。

マンガだけど、現実には、そんな都合よくヘルプしてくれるマシーンなどいないし、だいいいち、のびたのように自分で努力もしないで、個室で遊びふけているダメダメの0点ばかりの低能児が、ヒロインのしずかちゃんとゴールインできるわけがない。

自営系の家業を手伝いながら、外で悪さをしているジャイアンや彼にいじられながらもうまく手なずけてるスネオのほうが、よほど逞しくて男らしいと・・。


そんなことは、子供たちもみてればわかるだろうし、のびたがいじめにあう理由だってわかっているはずだが・・・。


最後には、のびたも勇気を出して世界に立ち向かうから、いいんじゃないのか? と、まだ番組を観てる下の子供に問うと、じゃあなぜ最初から努力をしないのか、漫画をみてる子供たちを嘗めてるのか! と、逆切れされた ww


上の子は、もう編集者きどりで、そりゃ、ドラマが成立しないからさ。ダメダメのヒーローが、なんとか異次元世界のヘルプで、手の届かないヒロインと、もしかしたら夢かなうかもしれないところに、物語という設定があるんだよ。


・・・と、言いやがった。

設定だと。wwwww



それなら、パパは、いつかきくかもしれない。

君らは、どんな設定を生きるのかと。

しかも、その設定は、リハーサルはなしなんだと。
いつも本番の人生しかないんだと。

周りがどうであろうが、自分で設定し、世界を描いていけるのかと。


(人をいたわるくらいしか能力のない、優しいだけののびたが子供部屋から追い出された後の、残酷でクールな世界を、君らはどう設定しなおせるのかと・・・奥さんや上の子は、なんかブツブツいいそうだけ、そこは大事、譲れない)




ーーーー月光編集の話題書・クラブハウス刊行ーーーー

●「このままでは暮らしていけない」全ての人に。 
働きながら、短期間・不足分のみのプチ活用推奨!

書籍「プチ生活保護のススメ改訂版」
http://www.amazon.co.jp/dp/490649644X

震災、原発恐慌で申請者が殺到。受給者200万人! 
しかし、受給はカンタンではありません。
競争率4倍、条件をクリアする対策とノウハウが必要です。

基準は住宅補助を含めて3人世帯@27万円、1人@13万円前後。

差額がほしいが、どうしていいかわからない人へ!
自分でできる申請書つきマニュアル改訂版 


●「9.11テロ疑惑国会追及」
藤田議員、きくちゆみ、童子丸他 共著
http://www.amazon.co.jp/dp/4906496431

米軍基地グアム移転派の前鳩山総理、小沢代表、寺島日本総研会長(外交顧問)が推薦人!ワシントンポスト他マスコミの異常な本書弾圧。ついに政権が崩壊するも、ウイッキリークスら世界的に米軍の内部暴露報道が解禁! 911陰謀論は、もはや都市伝説ではない!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ハロウイン襲撃

  • 2011/12/11(日) 13:39:24

(再録)「今年のクリスマスは3連休」にネット住民悲鳴
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1793095&media_id=29


さっきテレビでやってる「君に届け」のさわこ役が、子供の好きなデカワンコの子なんで、奥さんに電話して、でてるよと伝言してもらおうとしたら、「リアじゅう死ね」と言われ拒否られた・・・・。



大人げないし、だいたい・・・その反応、どういう意味だw



そういえば、この前も、長女に頼まれてブクオフで「げんしけん」全巻を入手してあげたら、あんなオタク本は、中身をみてから読ませないようにと怒られた。たしかに読んでみたら、なかなか味のあるいい本だけど、こどもにはまずい、ていうか、かなりマズイ。

ふじょしのトラウマのくだりとか、親が与えるような漫画じゃないな。



でも、いわゆる恋愛モノは、この歳になると、なんというか、ほほえましいというか、可愛らしいというか、現役感覚がない分、ピュアに楽しめる。


天狗とか、モテキ、ウサギドロップとかの、最近映画化された流行り系もいいが、恥ずかしくて手がでなかったハチミツとクローバー、nanaなどの王道系も、いまなら読めるかもw



●いつもの村上春樹好きのヘアカットのおねーさんが店を変わったんで、適当に自分でハサミをいれてたら、ヤマザキホウセイみたいなマュシュルームカットになっていたらしく、アタマおかしいひとみたいにみえると、むちゃくちゃいわれ、たのむからプロにカットしなおしてきて、と泣きつかれ、昨夜、表参道駅の穴場風の店でヘアカットした。


で、そのショートヘアがきにいったのか、
昼間は、おいしい親子丼食べて、超近所のフランフランまで足を伸ばした。(基本、シゴト以外はヒッキーなんで、デートだそうだw)



日本ではここでしか読めない、お気入りのロンドン版「モノンクル」を読みにときどき立ち寄るが、この店は定番のデートコースなんで、いつきても、ちょっと照れくさい。

なんかの撮影もはいっており、原寸大のトナカイや鹿のフィギアやあふれんばかりのツリーの展示が、過剰すぎる賑やかしイベント消費を扇動している。


そして、クリスマスソングが流れる店の前を、青南小学校らのハロウインの子供たちが青山中を略奪に走る。


30か所位ある青山通り周辺のハロインポイントを、夜中まで何度もくりかえし襲撃するのが、恒例となっているのだ。






う~ん、なんかいいこと、書きたいなと頭を巡らしていたら、こどものころ読んだ児童小説を思い出した。


「大地は天使でいっぱいだ」
・・・みたいなタイトル。


公園で、デビルな槍をもったマント姿の次女たちとすれ違う。
お菓子が一杯になったので、いちど家に戻ってまた出撃するんだと・・w

欠落と幸せの王子

  • 2011/12/11(日) 12:39:05

ディズニー110周年を祝うクリスマスイベント 表参道ヒルズで開催
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1773977&media_id=63

20年前の俺、がんばれ。

「夢は実現するから、気をつけろ」

という20代の頃の友人の言葉を思い出した。
そいつは、たしかレコード会社に進んで、ポルノグラフィティなどを手掛けたと思う。もうずいぶん会っていない。


こういうのは、けっして嫌いではないし、独身ならば誰もいなくなった深夜に彼女を連れて、なにかロマンチックなことを考えていたかもしれない。



あるいは、30年前、ちょうどこのあたり、同潤館アパートのあった歩道にコンタクトレンズを落とし、地面にしゃがんであたふたしていた家出同然で無賃乗車で東京を徘徊していた自分。


オスカーワイルドやボードレール、カフカ、サリンジャー、破壊的なロンドンパンク。
むやみに世界を呪い、絶望していた、甘くて孤独な少年にも伝えてあげたい。


人生そんなに悪いことばかりじゃない。

朝目がさめれば、嘘のように世界が変わることもあるんだよ、と電飾のかぼちゃ馬車に乗り移り、時空を超えて精霊になって励ましてやりたいと思うのだ。




「リア充しね~」

まだ10歳にもなってない次女の同級生たちが、笑いながらカップルの横を駆けていく学校帰りの表参道のハロウイン、クリスマスシーズン。


今やおじさんとなってしまった未来の自分だから、まさか、高円寺の素人の乱のように、ウオール街の反資本デモの拡散をこういう場所でやろうとは思わないし、ロンドンの現代アート・アクティビストのように、白い放射能防護服をきて、押し寄せるカップルや家族の夢を壊すという無粋なこともしないだろう。


でも、寂しさから、すべてをぶっ壊してやりたい
と思うひとの気持も、今も忘れてはいない。

家族や恋人がいてもいなくても、人から寂しさが喪失することはない。欠落感は人の権利だ、無理に埋める必要もない。



死んだ父は、ウオルトディズニーと松下幸之助を、なぜか尊敬していた。
大人としていい歳になれば、そこはよくわかる。


電飾のディズニーは、これからも幸せの王子を生み出していくだろうか

美人への迫害、隠れ美人村へ

  • 2011/01/26(水) 04:00:33

再録

美女と野獣が付き合うワケ。野獣の努力はすさまじい
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1413918&media_id=95

奥さんの地方少女時代に美少女がいて、その子は、街を歩くだけでみんなが振り向くほど目立ったらしい。

電車に乗ればそこに自然と輪ができる。

41-0CaHVR4L__SL500_AA300_.jpg

*画像は、うちで販売してるグラドル写真集。80%オフですw


そういう人生って、とても大変なのだそうです。
なにをしても周辺から注目され、妬まれたり、勝手に周りが問題を引き起こす。

奥さんも、その子といっしょにいても大半はその子に注目が集まるわけで、お互いそういうのに慣れた人たち(つまりモテが自然な美少女集団?)で仲間を形成をするしかない。

東京等の都心でイケメン、美人が集落をなし、クラブなどでサークル化を形成するのは、なにも人口が多すぎてクラスターが細分化しやすいという背景だけではないと思います。


美人というだけで、学校や職場で目立ち、他者を傷つけたり孤立することに恐怖を覚えた人たちの生き残り戦術なんです。

まさに東村アキコの「主に泣いています」状態・・・。




ゆえに、美人がココロを許せる野獣をガードマンに選んだり、パートナーにすることは自然な行動だし、それが精神的な依存関係になってしまい、他者からみると隷属しているように思えても、当人には案外幸せだったりするのでしょう。


ちなみに、その彼女は後に開き直り、有名なタレントコンテストあらしとなり、短期的には、全国認知のタレントさんになったということです。


そういう目で世間を見渡すと、目立つ自称美人がたいていそうでもないように、本当の美人は、自らのオーラを隠し、カメレオンのようにひっそりとなるべく目立たないように、自分の美人度を落としているヒトのなかにいるものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。