スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の戦闘機大全譲ります

  • 2012/05/05(土) 22:57:18

まるでプラモデル!自衛隊カレーの戦闘機パッケージがカッコイイ
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2003821&media_id=62


このアイディアはあり。
マニアやスーパーで男子児童の視線を釘づけにするだろ。

でも、小松崎茂先生の絵なら、もっとそそられる。

そして、普及させるには、800円では、値段がちょっと高いかな。
体験談目的で一度購入してもリピートできる金額ではない。


うちでもヨガ犬、ヨガ猫の商品開発もしなきゃいけないが、やはり最初は、リスクのないチョコ、饅頭、クッキーなどのスーベニール商品で、@100~500円程度のギフトだろうなぁ・・・



●僕も昔、ソ連崩壊の頃、米ソ宇宙飛行士組合(笑)顧問というとても怪しいロシア外交コンサル(当時のゴルバチョフの通訳などをしていた)のH氏から、こういうミリタリ系商材を死ぬほど売り込まれた経験がある。

それこそ、宇宙食から軍艦、廃棄核ミサイルまでで、実際、東京ドームのプロモーションイベント担当だったので、廃棄して処分に困っていたウラジオストック郊外に野ざらしになっていたICBM大陸間弾道弾の外郭だけを、「核廃棄=平和」目的の展示会用に輸入しようと、真剣に当時の通産大臣だったハシリュウの秘書の協力も得て奔走したことがある。


結局、直径だけで5メートルもあり、晴海ふ頭からドームまで移動する方法が輪切りにしても搭載車両がないので、ヘリしかないことがわかり断念したが、実現していたら、「世界初の核ミサイル展示」という画期的なイベントになっていただろう。

だって、軍人以外で誰もこの地球の運命を握る「核ミサイル=神」を直に観たひとはいないので、核廃絶を国策としている日本においては、いろんな意味で世界へのアピールになるから、スポンサーもあつめやすかったのだ。


15800633.jpg



●ちなみに、うちでは世界の戦闘機大全(輸入版)定価35,000円を80%オフで販売している。残部希少。
http://clubhouse.shop-pro.jp/?pid=15800633

The Great Book of World War II Airplanes (英語版) 世界的な伝説の大著を80%オフ!

7,980円(税380円)

手に取ればみんながほしくなる豪華で重厚な人気書籍。世界的天才航空機イラストレーター渡辺利久による、400点以上ものフルカラー画面、大判(B4全変)632ページに及ぶ大著。全世界の航空機ファンを魅了したベストセラーイラスト集全12冊を合本。

スポンサーサイト

あの伝説本「卒論応援団」が復活!

  • 2012/05/05(土) 22:38:55

クラブハウスブック 新刊のご案内です。
大学4年生や卒論で悩んでる人にお勧めください


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●これで安心!ラクラク マニュアル本、 
あの伝説本 「卒論応援団」が復活!

  卒論応援団2013

  著者     澁谷恵宜
  発行     株式会社クラブハウス
  発行日   2012年 5月1日  本体1600円+税

 http://www.amazon.co.jp/dp/4906496474

 ・最短1週間でも書ける? 土壇場での秘策公開!
 ・なんだ、そ~ゆうことか! 図解「卒論の基本構造」初公開!
 ・就活内定と、卒論両立のポイント満載。大学、短大、専門学生必読の「卒論虎の巻」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ・すぐに役立つ「即効対策編」と、まだ余裕の「じっくり準備編」の2部構成
 ISBN978-4-906496-47-1
 装丁デザイン 清原 一隆  カバーイラスト Eika



卒業




●富士山を眺めたいとき、行くべき場所はどこでしょうか?

・・・・・正解は、「富士山以外の場所」。
 もしも、自分で富士山に登ってしまったら、風景としての富士山を見ることはできないからです。これは、ものごとを客観的に見渡すときには、対象に張り付くのではなく、一定の距離があるところに、視点を置く必要があることを表しています。(略)この考え方は、卒論制作という樹海の中で迷う学生たちに、コンパスのようなヒントにならないでしょうか。 (「はじめに」より)


●この「卒論応援団」という本は、学生が自力で卒業論文を書くときに、あらかじめ知っておくと役に立つノウハウやテクニックを紹介するものです。最初の刊行は、2000年です。(略)
本書は、今日の学生が経験する、「就活」と「卒論」の両立という過酷な日程を乗り越えていくための実践的なサポートを目的として出版されたものです。(「この本の使い方」より)


本書の内容(目次)
-----------------------------------------------------
第1章 これで安心、卒論完成までのチェックリスト

■1 もし、就活なしで、卒論に専念できたなら?
■2 「卒論製作スケジュ-ル」
■3 チェックリスト1・心の準備
■4 チェックリスト2・企画・発想
■5 チェックリスト3・情報収集
■6 チェックリスト4・情報整理
■7 チェックリスト5・論旨構成
■8 チェックリスト6・文章表現
■9 チェックリスト7・ドキュメント編集
■10 チェックリスト8・最終提出
■11 チェックリスト9・口頭試問
■12 さあ、ここから先は、時間との戦いだ!

2章 実際に、自分で卒論の本編を書いていくときの手順

■13 テーマと資料さえあれば、卒論はできる
■14 卒論ゼミで、卒論の規定と書式を確認
■15 当たり前だが、卒論は文章で答える記述問題
■16 論文らしいタイトルを決める
■17 全体的な、話の流れを考えてみる
■18 まずは、目次を書いてみよう
■19 卒論を構成する項目を分けて考える
■20 基本は、序論・本論・結論の3部構成
■21 図解・卒論の基本構造
■22 「先行研究」があれば、論文の書き方がわかる
■23 「概念規定」で専門に特化
■24 なぜ、論文には「仮説」が必要なのか?
■25 「裏付け」とは、先入観や思い込みをつぶすこと
■26 例題で考える、仮説から検証までの流れ

3章  卒論の中に書いておくべき、定番の項目とは?

■27 正確には、自分が在籍する卒論ゼミで確認を
■28 文系と理系では、書くことが違う
■29 ネットから自分の専攻分野の論文は出てこない
■30 一般的な「卒論の構造」(モデル1)
■31 「新発見」を強調した「卒論の構成」(モデル2)
■32 「反論」を強調した「卒論の構成」(モデル3)
■33 研究テーマを決めなければ、「表紙」すら書けない
■34 自分の研究内容を、よく理解しなければ難しい「要約」
■35 本当に、自分で考えるよりほかはない「はじめに」
■36 まずは文献を読むことが大事である「先行研究」
■37 初めての生みの苦しみを味わう「仮説」
■38 学術研究の「ひっかけ問題」に備える「概念規定」
■39 大学の授業をサボると、ここにツケがくる「方法論」
■40 研究がヤマを越えて、やっと書ける「結果」と「考察」
■41 いよいよ締めくくり! 「結論」に書くこと
■42 もう一頑張り、「参考文献」と「謝辞」を巻末に
■43 文系限定の卒論の構造1・概論型
■44 文系限定の卒論の構造2・評論型

4章 文章量のノルマから見た、早く上手に書けるテクニック

■45 大学に登校すれば、同じ学部・学科の実例を見られる
■46 文章量のノルマから、書くべき項目の長さを割り振ろう
■47 卒論の内容は、項目別にメリハリがある
■48 長く書かないほうが、評価が高くなる部分
■49 同じ内容が、繰り返して出てくる部分が重要に
■50 本当に手間をかけるのは、要約したときに切られるところ
■51 文章量の長さを、自在に調節しやすい箇所がある
■52 全体の6~7割くらいを、本論部分が占めるように
■53 半分以上を占める本論部分を、どう書くかがポイント
■54 最も簡単に、ノルマを満たせる研究方法は何か?
■55 グラフや統計資料なども、文章量に含めて良い
■56 調査研究なら使える、「分析」という好都合な項目
■57 ベストの卒論対策は、参考文献や資料を一つ一つ丁寧に集めること
■57 全体の半分以上を、文章だけで埋めるのは大変だ!
■58 文系の卒論で、グラフや統計資料などがない場合は?
■59 なんとなく、「論文っぽく」見える日本語
■60 要旨は簡潔に、根拠は長く、資料は多くがコツ
■61  評価が高くなるポイント1・論旨の一貫性
■62 評価が高くなるポイント2・オリジナリティ
■63 評価が高くなるポイント3・参考文献

5章 卒論が、より論文らしくなる、大学ならではの情報収集術

■64 小野道風のカエルと論文を構成するプロセス
■65 テーマ探しの文献と、裏付けの文献は別物
■66 「紙」の文献も使いこなせてこその「卒論」
■67 ネットの活用はあくまで参考資料のリサーチが基本
■68 卒論ではじめて知る、自分の「無知の状態」
■69 学術分野の「書籍」と「学術雑誌」
■70 新聞、統計、そのほか各種資料も活用を
■71 参考文献が、学術論文の体裁とは限らない
■72 参考文献の読み方は、3通りある
■73 卒論の「参考文献」作成のために確認したい項目
■74 卒論の最後に一覧表として列記する、参考文献ノートの作り方
■75 学生らしく、大学の図書館を使おう
■76 時間のかかる、独自の実験、調査、情報収集
■77 実測データを、ねつ造してはいけない
■78 いまさら聞けない、ネット検索のやり方
■79 収集した情報は、分析してから使うべし

6章 卒論の文書作成のために、覚えておきたい作業のコツ

■80 論文で使われる文法の特徴を知っておこう
■81 文書データのバックアップは、こまめに取る
■82 検索結果の単純な継ぎはぎでは「×」
■83 盗作の卒論は失格、卒業ができなくなることも
■84 途中経過を卒論ゼミの先生に見せると、後がラク
■85 書き終わったら、全文を通して見直しを
■86 最後は忘れずに、参考文献をまとめる
■87 締切り厳守で提出が受理されて、卒論は完成
■88 口頭試問に通るまでは、気を引き締めていこう!

7章 具体例から考える、ありがちな失敗の解決策   とびら

■89 ありがちな失敗1・研究テーマが中途半端
■90 ありがちな失敗2・就職活動と卒論を両立できない
■91 ありがちな失敗3・卒論にかかる時間が読めない
■92 ありがちな失敗4・そもそも、テーマになる関心事がない
■93 ありがちな失敗5・参考文献が見つからない
■94 ありがちな失敗6・読書感想文になっている
■95 ありがちな失敗7・時系列で書いた単なる日誌になっている
■96 ありがちな失敗8・小論文のレベルを脱していない
■97 ありがちな失敗9・ちょっと内容に自信がない
■98 ありがちな失敗10・研究テーマが、ドツボにはまった!
■99 ありがちな失敗11・自分で書いた文章が理解できない
■100 ありがちな失敗12・卒論の書式を、他学部と間違えた
■101 ありがちな失敗13・引用とコピペの区別がつかない
■102 ありがちな失敗14・ネットからのコピペで失格に
■103 ありがちな失敗15・研究テーマはあるが、仮説が作れない
■104 ありがちな失敗16・卒論を執筆する時間が、足りない
■105 ありがちな失敗17・不可抗力で、卒論を提出できない



8章 就職活動と卒論を両立する、スケジュール管理のコツ

■106 あなたは無事、卒業できますか?
■107 卒論に専念できないのが最大の問題
■108 忙しさに違いが出る、通年制とセメスター制
■109 文系、理系では、卒論制作の仕方が異なる
■110 4年生にもなって「再履修あり」は、かなりツライ
■111 不公平じゃないか? 年内提出と、年明け提出
■112 理想は、卒論に1年間丸ごと、専念できること
■113 実質3~6ヶ月で、卒論1本を仕上げれば上等
■114 頑張れば何とかなるタイムリミットは、1ヶ月
■115 それでも、卒論を2週間以下で書き上げる最終手段

9章 卒論ゼミに「研究計画」の提出を

■116 卒論は、学術論文である以前に履修登録が必要な「科目」である
■117 卒論は、全額自腹で研究する、最初で最後の学術論文だ
■118 「最小の労力」は、集中して1回で済ますこと
■119 先輩がいる3年生のときに、卒論対策を開始する理由とは?
■120 卒論ゼミで、まず最初にやるのが「研究計画」
■121 研究計画の段階で、テーマがよいかどうかを吟味する
■122 学術研究では、まず裏付けの「やり方」を知ること
■123 同じ専攻の先輩の卒論から、研究の「やり方」を学ぶ
■124 卒論と論文一般を区別すれば、何をすべきかわかる
■125 社会で役に立つのは、論文の文章術ではなく「研究の内容」


10章 無事に卒業するために、大学入学から3年生までに準備すべきこと

■126 大学は、勉強の「やり方」を学ぶところ
■127 まずは、長文の読解に慣れること
■128 卒論の本質は、自分で課題の「問い」を作ること
■129 3年生までの授業は、すべて卒論の予習だと思ってちゃんと聞こう
■130 最後にわかる。授業のノートは実に貴重。捨てるな!
■131 3年生までのレポートは、卒論の練習台
■132 取得済み単位と、過去の成績を確認しよう
■133 どの先生の卒論ゼミに入るか、自分で判断できる?
■134 先生の専門が何なのか、知っておくこと
■135 専門用語に習熟するための秘密兵器
■136 卒論制作を支える、思考する習慣と「国語力」
■137 単語ではなくて、文章で思考する習慣を付けよう

11 章 研究テーマを決める奥の手

■138 テーマは、「選ぶ」のではなく「考える」
■139 面白い研究をしたければ、面白いテーマにすべし
■140 入学したときの、初心を思い出してみよう
■141 論理的思考よりも、直観力が生きるテーマ探し
■142 テーマが決まれば、卒論は終わったようなもの
■143 卒論をラクにする秘訣は「自分で出した良い質問に、自分で答える」
■144 おたく趣味や特技があるマニアックな人の安全策
■145 絶対に失敗しない、最も理想的な研究テーマ
■146 無理なアイデア出しは、するな!
■147 他人の研究テーマを、パクってはいけない
■148 「テーマは小さく」というのは、どこまで本当か?
■149 最初は、複数案の研究テーマを考えておく
■150 テーマ探しのためのネット検索術

章12 なぜ、卒論は難しく感じるのか?

■151 あなたの大学に、「卒論」はありますか?
■152 なぜ、卒論は難しく感じるのか?
■153 卒論、論文、小論文、作文は、全部違うもの
■154 卒論と小論文の区別が付かないと、審査に落ちる
■155 新聞を読めば、学術論文と小論文が区別できる
■156 論文と、作文は、どう違うのか?
■157 文系におすすめの、フラクタルな長文対策術
■158 卒論を通じて、何を学ぶべきだったのか?
■159 卒論でも、やはり自己分析が重要なのだ
■160 「最小の労力」を、最大の成果に、という言葉の真意
■161 自分の専門知識に、「原点0」を定義すること



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
澁谷恵宜  Shibuya, Shigenori

1972年、横浜生まれ。最終学歴は大学院卒(学位は文学修士)。大学在学中より、ライターおよび写真家として活動。大学院も含め、卒論に類する論文は、合計2回。専攻は文系だが社会科学系だったので、研究の方法論としては、理系に近い内容を学んだ。「大学で卒論を書く」という作業ノウハウを、大学院卒業後に2000年刊行の「卒論応援団」シリーズの本にまとめた。ちなみに、卒業論文・修士論文の研究テーマは、「写真論」および「写真史」に関する研究。2002年、『現代版「横濱寫眞」』を出版


著者になるメリットとは?

  • 2011/10/13(木) 11:04:19

営業資料
2011年 株式会社クラブハウス

●●●クラブハウスブック 商業図書刊行の目的、メリット ●●●  


著者になるメリットとは? 
専門家、文化的価値と信頼感を得た、業界有名人へのパスポートです。 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1、著者は専門家

全国書店流通の図書刊行の著者として、公的機関に著書とともに登録され、専門家として扱われます。


・国立国会図書館での永久保管、目録搭載(図書本体の保管義務対応)、業績を後世に残すことができます。
・全国図書館流通センター(小中高校図書、大学、市町村図書館等への図書対応)
・日本書籍出版協会データベースセンター日本書籍総目録(著者プロフィール等の登録と配信)
・日本図書コード管理センター(固有ISBNコード管理と海外からの参照対応)
・日本出版販売総目録(全書店15000店舗対応他、各種図書ニュース配信)、トーハン総目録(同上)
 大阪屋、太洋社、栗田出版販売、中央社、日教販 等の大手図書取次登録対応


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2、著者検索とプロフィール

全国の書店、図書館、インターネット等の図書、著者検索でプロモーションされ、知名度が向上します。


・アマゾンに著者としてプロフィールが掲載、画像、動画掲載も可能。レビュー対象となり、話題作りが可能。
・楽天、セブンイレブン、ヤフー、ツタヤ、グーグルブックなど代表的なネットブック店舗も同様。
・グーグル、ヤフー検索で、書店等が掲示する著者プロフィールと図書概要がヒットし、ネットでの露出度を飛躍的に高めることができます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
3、書店プロモーション

全国の書店(最大15000店舗)で図書販売、ポスター掲示などを通じたプロモーションができます


・紀伊国屋書店、ジュンク堂、三省堂書店、丸善、有燐堂、ブックファースト、リブロ等のリアル有名書店で、実際に著書の平積みができると宣伝広報効果は高くなります。
・書店によっては、ポスター、ポップ、パンフなどの販促ツールの掲示協力が可能です。
・企業、行政の場合、反応の弱い数百万円をかけた既存の宣伝、販促よりもローコストで効果的です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4、有名人としての著者

著書をもつ専門家、作家として、知名度が向上して、ネットやマスコミ広報がしやすくなり、本業の信頼感、評価が高まります。自著が名刺代わりとなり、営業力が格段と強化されます。


・自著をマスコミに送付し、記事掲載、取材依頼をすることで、マスコミ対応が強化されます。
・世間的には「本を出した人=社会的に認知された人」というイメージがあります。
・組織内、専門職、企業経営において、業界で一目おかれる、最強のプロモーションの武器となります。



電子版の価格迷走中

  • 2011/01/07(金) 13:55:25

村上龍の最新長編小説「歌うクジラ」がiPad用電子書籍で登場――坂本龍一の音楽も挿入
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1282049&media_id=17

うちにも電子作品候補作がどんどん来てるので、気持は、わかるが、高い!


発表済みの小説アプリならば、教授の音源つきとはいえ、@800円程度に抑えてほしかった。

ちなみに話題の「弾言」で@350円
元毎日新聞のマスコミ破壊推進者の佐々木さんの先行アプリが、d21で確か@180円くらいだったような。

しかし、安ければいいってもんでもないので、今回の狙いはよくわかる。

ワンソース=マルチユース・コンテンツ
にクリエイティブ世界は向かっている。

二人のコラボならば、5000円でもほしいファンはいるからだ。
彼らの知名度からも、売れれば画期的な作品になるだろう。



★電子書籍の販売数、ハードカバー本を上回る 米アマゾン

・米アマゾンは19日、同社がダウンロード販売している電子書籍の過去3カ月間の
 販売数が、初めてハードカバーの単行本の通信販売を上回ったと発表した。
 同社の電子書籍端末「キンドル」のほか、米アップルの「iPad(アイパッド)」の
 参入などによる「電子書籍元年」の活況ぶりが裏付けられたかたちだ。

 アマゾンの発表によると、過去3カ月の間、通信販売によるハードカバー100冊あたりの
 電子書籍販売数は143冊。過去1カ月に絞ると、ハードカバー100冊あたり電子書籍
 180冊にはね上がるという。

 「キンドル」自体も大幅な値下げの結果、好調に売り上げを伸ばしており、同社の
 ジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は「キンドルはひとつのジャンルとしての
 地位を確保した。取り扱いを初めてわずか33カ月しかたっていない電子書籍が、
 過去15年にわたって販売してきたハードカバーを上回ったのは驚きだ」と述べた。

 アマゾンが取り扱う電子書籍はキンドルのほか、iPadでも読むことができる。

 同社は安価なペーパーバックの売り上げについては公表していないが、冊数では
 依然、電子書籍を上回るという。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100720-00000508-san-int

ーーーーーーーーーーーーーーーー
月光22010年07月21日 00:49

*保存用メモ
各国の分野別市場規模(2006~2007 年)

(単位 : 億円)

     日本   アメリカ  イギリス  フランス  ドイツ   中国   韓国   台湾  香港

書籍  9,026  28,569   4,187   5,961  11,165  11,290  3,146  1,030  220

雑誌  16,412  40,160   5,263   8,558   9,813   3,035   948   592   909

日本と世界のコンテンツ市場データベース2009
http://www.humanmedia.co.jp/database/PDF/1-2DL.pdf

「噂の!東京マガジン」20年間無断使用ですよ

  • 2011/01/07(金) 03:39:05

テリー伊藤さんもそうだが、長寿番組もふくめ、20年以上テレビを独占してる芸能人は独占禁止法違反w
いいかげん、若手、後進に道を譲り、膨大な製作予算を一部で独占しないで、零細で死にそうな業界にシエアすべきだろう。



●ちょうど思い出した。
テレビ業界のいい加減さを体験的に報告しとく・・・

噂の!東京マガジン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%99%82%E3%81%AE!%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%82%B8%E3%83%B3

imag.jpg


もう20年もやってる森本毅郎司会のやや社会派のTBS系列ご長寿番組だが、実は、この番組タイトルに、1990年刊行の私の最初の編著「東京の噂」の表紙カバーのイラストが永年無断で使用されていた。(今も修正されて使用されている・・・)


imagesCAQVY1BP.jpg


かいつまんで解説するとこうなる。

・番組がまだ日曜の午前中放映だった頃、別の森本毅郎司会の昼の番組(確か「笑っていいとも」のウラ番組)に私がゲストに呼ばれ、森本さんが気に入ったらしい。

後に番組製作協力をしてほしい申し入れが制作会社(当時の「時空工房」)からあった。


・最初の書籍「東京の噂」が話題になっていた時で、この本は、「世紀末の東京を浮遊するウワサを777話採集した」という触れ込みで、まだネットなんぞない時代だから、「検閲、自主規制なしの刊行姿勢」は、モンティパイソンぽいジョーク趣味も含め、当時爆発的ブームとなった。

かなりのテレビ、ラジオ、新聞、週刊誌がこの本の噂を真剣に追跡し、深夜ラジオでは「オール噂ニッポン」特番が組まれ、サンデー毎日は8週間連続追跡報道企画をやり、ポパイの表紙になり、NHKのニュースでまじめにクチコミの威力を報道していた。(100件程度)


・1991年には「東京の噂」はシリーズ書籍化され、松下電器、NTT、日本生命はその手法を商品開発や販促に活用した。100万人を動員した東京ドームのルナパーク他も、この本の関連実戦イベント企画という位置づけだった。
(今でいうCGMであり、ちゃんとした商業企画、事業プロモーションである)


・とにかく、気がついたら、詳細な協議もなく連絡もなく、TBSの「噂の東京マガジン」は、うちの「東京の噂」の表紙カバーアイコンである、芝浦巨大クラブで愛されていた電子ミッキーアイコンが、ほぼそのままのデザインで全国放映されていたのである。しかも、その後20年も・・・www


あのアイコンは、当時すでに都市伝説の定番だったディズニーランドのパロディであることはいうまでもないが、デザイン製作著作権者はソニーのウオークマンのロゴで当時超売れっ子だった吉田さん、使用された場所も芝浦のゴールドで、アイコンの掲載されたアジビラは


●「ドラックないかれたミッキーが必要だ。
 サイバーネットワークで国境線をなくせ!」

という趣旨の意味不明なウイリアムギブソン流のパンクな檄文だったと記憶している。で、私が本の表紙にする旨(時代考証的に90年を代表するアイコンである)を吉田氏に説明し、掲載許諾をいただいた経緯があるのだ。(前年からロンドンで起こった、マックデザイン革命、ネビルブロディらのロゴフェイス革命の潮流の影響も作品掲載説明で重要だが、ここでは割愛)

当然、TBSはそんな本来の趣旨、書籍表紙掲載の背景、複雑な権利関係は知るわけもなく、以降、20年にもわたり、日曜の昼をサイバーミッキーで、洗脳していたことのなる(笑)



・・・う~ん、どうしてくれよう。

思い出しちゃったからね。
当時は忙しくて忘れていたけど、今は、年寄りになり、瑣末なことまで思い出してしまうんだ。

よくないことだなぁw


・この1991年は、バブル破綻の年。

もともとはアキバ商店街の活性化依頼から発展した、東京ドームのイベント実戦版たる後楽園遊園地を「オトナの夜の遊園地に変身させて占拠しよう!」というあきれた企画「ルナパーク」がスタートしている。

このルナパーク企画も、プロ野球の「キッスでドームが入場無料」もドームの株価を押し上げ、予算も数億規模になり大成功するが、95年以降は、なぜかユーミン、フミヤプロデュースとか、日テレにブランドごと収奪されてしまった。企画ブランド著作権を設定しておけばよかったと今は思う(泣)

今も「お化け屋敷」のみがそのときのチームメンバー五味氏演出で19年継続しているのを昨夜テレビで知った!(地味に継続することの重要さを知りますたよ)


というわけで、

・TBS、時空工房さん、あるいは森本毅郎事務所に以下の請求書をお送りすればいいのだろうか? 適正価格がわからない(笑)
吉田先生、このこと知ったら激怒するかもなぁ・・・・


「東京の噂」アイコン使用および、番組企画協力費?
@2万円×50回放映×20年=2000万円・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。