スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑える作家の文体

  • 2012/10/20(土) 22:56:08

■ノーベル文学賞に中国の莫言氏
(読売新聞 - 10月11日 20:13)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=20&from=diary&id=2184371


まあ、村上春樹がノーベル賞というのも違和感があるよな。
安倍公房も三島ももらえなかったわけだし。


2ちゃんでは「赤いコーリャン」の莫言を反体制派だと思ってるのか、アンチ村上だからなのか、受賞歓迎コメントが多くて意外だったのだが、彼の作品に日本軍による抗日派中国人のリンチ描写がどんなに激しく描写されてるか、知らないんだろうなぁ。

コーリャンもそもそも大陸的エロスに満ちた、纏足スケベ作品だし・・・映画はよかったwww



ところで、以下、朝から笑った・・・


240 :名無しさん@13周年:2012/10/12(金) 00:18:00.56 ID:qMfn6wVL0
◆小説
 「後ろで大きな爆発音がした。俺は驚きながら振り返った。」

◆村上春樹
 「やれやれ、そして僕は爆発した。」

◆安倍公房 
 背後で、花火玉のような爆発音。しかし、夜ということもあり、煙はどこにも見当たらない。振り向いたところで、どれぐらいの距離かは分からない。コンクリート製の住宅街では、音が反響してしまうのだ。

◆宇能鴻一郎
 「あたしの後ろで、大きな音がしたんです。あたし、もう、ビックリしちゃって、振り向いた。」

◆夏目漱石
 「後ろからぼかん、という音がした。我輩はまた白君がどこぞの酒屋の一斗缶を倒したのかとおもうと、どうもちがうらしい。ちらと音のしたほうを振り返ると同時に、硝煙が我輩の鼻をくすぐった。」

◆夢野久作
「……ドオオ―――ンンン――――ンンンン……………。
 いやいや。バクハツだバクハツだ……そんな馬鹿な……
 不思議な事が……アハハハ……。 私は振り返り、思わず笑いかけたが、その笑いは私の顔面筋肉に凍り付いたまま動かなくなった。」

◆西尾維新
 ぼくの背後で衝撃が走った。
 それは躊躇も無く、遠慮も無く、情緒も無く、
 その場に在ったモノを蹂躙し尽くす。
 振り返って、それが爆発だと気付いた時には、
 全てが凄惨に清算されていた。

◆鳩山由紀夫
わたくしとしては振り返る必要があるのではないかと思っておりそのように確信もしておりますが、 一方におきましては爆発がなかったのではないかという御意見も頂戴しておりますので今後の推移を見守りながら爆発があったかどうかなどの事実関係も含めて国民の皆様の意見なども参考にしまして関係機関との協議を十分に進めた上でどのように対処していくべきであるかという方針を決定するために全力で努力すべきであるとわたくしはそう思っております。

◆水木しげる
 「ウワーーッ!」


第二弾きてたw

457 :名無しさん@13周年:2012/10/12(金) 01:09:20.68 ID:qMfn6wVL0
◆小説
 「後ろで大きな爆発音がした。俺は驚きながら振り返った。」

◆村上春樹
「そのときボクはレモンソースでローストしたチキンのサンドウィッチを食べながら缶ビールを飲んでいた。
 読みかけのロマン・フォードの小説に手を掛けたときーその小説は真夏の午後ビールを飲みながら読むのに
 ピッタリの小説だった(大方のロマン・フォードがそうであるように)後ろで爆発の音がした。
 それは「爆発的な」でもなく「小爆発のような」でもない、いわゆる完全な爆発の音だった。
 僕は後ろを振り返った。 そこにいたのはカンガルー男だった。」

◆柳田國男
 遠野郷にてはあやしの音の聞こゆること珍しからず。ある男、茸を採るとて奥山に入りしに、
 背中よりどおんと言うけたたましき音聞こえ胸を轟かしたることあり。振り返り見ても何事もなし。 
 男は恐ろしくなりて急ぎ山を下りて遁げ帰りぬ。 天狗なめしのごときものならんか。

◆宮沢賢治
 グララアガア グララアガアという音にオツベルはガタガタと震えだす。
 振り返ると、五匹の象が一ぺんに、塀からどっと落ちて来た。

◆三島由紀夫
 突然、物の裂ける恐ろしい音がした。 そのとき、私は自分が石に化してしまったのを感じた。
 意志も欲望もすべてが石化した。 外界は、私の内面とは関わりなく、再び私の周りに確乎として
 存在していた。 世界がこんな美しかった瞬間は、二度とあるまいと思わずにはいられなかった。
 しかしそれが続いたのは、思ったほど永い時間ではなかった。 振り向くとおびただしい煙が、
 大そうあっけなく、私の前にその全容をあらわした。

◆ドストエフスキー
 そのとき、彼のうしろから爆発音がした。彼の顔は瞬時に真っ青になった。
 しばらくのあいだ立ちすくんでいたが、そんな自分を恥じるかのように
「――ちぇっ!爆発音なんかが、このおれに一体なんの関係があるというのだ」
 と独りごちながら、ゆっくりとうしろをふり返った。

◆青山繁晴
 「私たちの知らない間に、大規模な爆発がおきました。 そこで、僕があえて皆さんに言いたい事は、
 僕達一人一人が!危機意識をもって振り返らなければならないという事です!」

スポンサーサイト

青豆よりふかえりの巨乳

  • 2012/10/20(土) 22:44:53

1Q84 Book3
レビュー

村上春樹
新潮社





時間かけて、book3までは読了したけど、正直、どうなのか、あれは・・・・。

まさかあれで終わりじゃないだろうけど、今のままじゃ、物語は破たんしちゃうんじゃと心配になる。
彼は短編は別にして、長編作家としてはどうなんだろう。


最初はハードボイルドよりも、ねじまき鳥よりも読みやすく、設定が面白かっただけに期待もしたし、スピリチュアリズムをベースにした世界観へのアプローチも冒険的だったので、面白かったが、話が進展するにつれて、いつものように、登場人物たちの日常のスノビズムの描写に明け暮れるという悪い癖(魅力的な特性でもあるが)がでてきて、ストーリの展開ののろさに、何度も読書を忘れてしまうというパターンに。w(過去20年、その繰り返しw)

空気さなぎとかは、初期のアービングぽくて、好きなんだけどね


まさか、自分で設定したアナザワールドへの扉、不確定性原理への道で、迷子になったわけじゃないだろうが、いまのところ、牛河の虚無パワーにひっぱられていきそうになるのを、なんとか、フカエリの巨乳パワーが押し戻してくれてるかんじw


ねたばれ失礼で、あえて語るなら、
あの二人に、いまいち魅力がないのが致命的だな。

主人公二人が、陰鬱で抑制的すぎて、クライマックスのひとつであるだろう、
公園の月の夜にも感情移入できなかった・・・・


設定が魅力的なわりに、展開が遅くて、得意の無印生活描写が繰り返し長いんだよね。

定番の多次元世界をモチーフにしてるので、今年の6月に発見されたヒッグス粒子(量子物理学で予想されていた神の素粒子)とか、現実が村上ワールドに接近してる気もするので、もすこし、ねじを巻きなおして、速度をあげてほしいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

http://www.tokyohacker.com/weekend/1q84-book4/

BOOK3全般にBOOK1、BOOK2で描かれた謎がとかれ、「広げた風呂敷」を「たたんでいく」かのようにストーリーが展開します。一方で、残された謎が数多く残されています。例えば、

•妊娠した青豆の父親は本当に天吾なのか
•「さきがけ」がその子供を狙っている理由は
•女主人(緒方静恵)は死んだのか
•天吾の本当の父親は誰だったのか
•天吾の母親を殺したのはどのような人物であったのか
•天吾の年上のガールフレンド(安田恭子)は死んだのか
•天吾が接していたふかえりは「ドウタ」だったのか「マザ」だったのか
•天吾を追いかけてきた「さきがけ」は彼らを見つけることが出来たのか
•牛河の死体から現れたリトル・ピープルが作り始めた「空気さなぎ」からは誰の「ドウタ」が生まれてくるのか。またそれは何を意味するのか
などなどです。いずれも小説の行間から読者が解釈することも出来る内容ですが、明確に答えは出されていません。

これらの残された謎にBOOK4が答えてくれるということも考えられます。

数々の村上春樹の小説の中でも大ベストセラーとなった1Q84。続編の『1Q84 Book4』が出ることを期待しています。

鬼畜なダメンズが何故モテる?

  • 2012/10/20(土) 18:10:48

鬼畜なダメンズが何故モテる?


ダメンズを引き寄せる女性4つの特徴
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2096924&media_id=112


知人に、とある長身イケメン系の独身の広告企画系業界人がいる。

もともと、雑誌に紹介されていた彼のユニークな新ビジネスに注目ていたところ、自分の原稿を本にできないかと持ってきた人なので、まあ、インテリ系なのだが、見た目は、オサレ系のちょっとずらした笑いのとれるオンナ扱いも上手いキャラなので、同性からみて、これはかなわんな、という人種である。


ところが、この人、けっこういい歳なんだけど、なかなか結婚できない。

つきあっていた当時も、「半年もつきあったのにふられた・・・・」
と寂しく笑っていた。


・・・・

そう。
このひと、ダメンズなのだ。




●どうダメンズなのかというと、

モテオであることを隠さない愛嬌さ、その余裕はいいとして、基本的にオンナを甞めているのだ。狩りの対象でしかないというか・・・・
そのつきあい方も尋常ではない。


たとえば、モデルや若手の売り出し中のグラビア系に手をだしても、あとくされのないように、事務所のこともあるからか、きれいなおつきあいはできる。(結構いま有名になってる女優、タレントにも手をだしてる感じはした)

ところが、一般人のどこかで拾ったようなオンナや、背伸びしたい年頃の夜の女子高生などになると、もう容赦はない。


酒をのませて、鬼畜なことをさんざん欲情にまかせてしでかした後、
「勉強代金もらっとくぞ」
といって、金を抜いて一人勝手に帰るというような、ダメンズというかヤクザぶりなのだ。


珍しく出会いがしらのイケメンから、突然の軽妙なナンパがあれば、
このイケメンなら、わたし、今夜からおつきあいをはじめて・・・ぽッ
本命として・・・ぽぁ・・

という馬鹿な妄想は抑えて、まずその財布を隠したほうがいい。w




●出会ったときに、誠実な男でオトナであれば、それなりの儀礼やルールを守りつつ、アプローチをしてくるものだ。
急いでいる、せかしているように感じる場合、その直感は正しい。

そのイケメンは、あなたとやりたいとは、思ってる。ww

他ではどんな面をみせているかはわからないとしても、相手に好意を示す時に、それなりの手順を踏んでこない時には、普通、注意と警戒をはじめるものだろう。


ダメンズの餌食にくりかえしなるオンナは、たいてい、そこの部分で、間違った解釈をし、メッセージを送っている。
(いいですよ、わたし、べんりなおんなになります)


ダメは、本能にもとづき、それなりの戦術で狩りを楽しんでいる。
狩りなので、対象は吟味している。

ポイントは、自分を隠しながら、そのわがまま、幼児性を受け入れてくれそうなやつ。ご都合主義な依存をもとめているやつ。

そして、今後も続く悪行を許してくれるやつを・・・・。
けっして、あなたに正面に座り、その内面まで深く降りてくることはない。
彼もそういうことは、面倒で怖いので、なかなかできないからだ。


●逆にいえば、お付き合いとは、お互い内面深くまで降下し、さぐりあえる許容度が必要なのだ。自分をさらさないやつが、好き嫌いというのもおこがましい話だろう。


そんな奴は、ちょっとつきあえば、どんな人間性かわかるだろうし、習慣となった狩りを、たとえ、自分の魅力で短期的に忘れさせることができたとしても、そんなことがいつまでも維持できるわけがないのだ。


早ければ数日。
おそくとも1年、その間に暴力が外部化しないことは稀だ。
子供ができれば事態はなお一層複雑になっていく。
(非モテは、病気ではないが、ダメンズには、ときに治療が必要な人種だという自覚が必要だ)


ダメがいくら結婚したいと思っても、それがかなわないのは、自業自得だが、婚姻をしてでも、「べんりなおんなになることで自己保存=証明をする」ある種の依存性ビョーキの女たちが、かれらに狩り場を提供し続けている。


そういう鬼畜で浮かばれない「精神的依存関係」は、カウンセリングにいき、とっとと直し、新たな家族から犠牲者を再生しないようにお願いしたい。


本人たちもそうだったのかもしれないが、そういうカップルから生まれる子供たちこそが、新たな犠牲の循環を生むからだ。


つらい事実だが、ダメンズは、病気の一種であり、そういう輩を受け入れるのは、介護的献身ではなく、多くが同じ病棟で仲間と再開するようなこととさほど変わらない。

ガガをマクルーハン的にいえば・・・

  • 2012/10/20(土) 17:58:55

レディー・ガガ、美ヌード披露!ガガの裸体に男たちがよじ登る!
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2086111&media_id=14

(7月日記採録)
彼女は、一見リベラルでアバンギャルドのようにみせてるけど、歴史的にみれば、ユダヤくさく、中身はなく、派手なだけで胡散臭さは隠せない。

亡くなったマイケルのように魂を鼓舞した反米軍的スピーチをすることもなく、911偽装体制に貢献しているショウビズレディでしかない。



マクルーハンがいきてれば、彼女のメディア=メッセージをどう解説するだろう? 
アートとしてみても、凡庸でとくに新鮮さはない。

ただ、自分がスカスカで、あっち側の偽トリックスターだということをちゃんと自覚しているぶん、その誠実さが彼女の舞台をぎりぎり支えている。


「湾岸戦争はなかった」
と見抜いたボードリヤール風にいえば、ガガというロックスターは最初からいないことになるかもしれない。

「アイアムアヒーロー」映画化してほしい

  • 2011/12/11(日) 12:56:28

(10月日記再録)
諫山創「進撃の巨人」、真島ヒロ「FAIRY TAIL」が映画化
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1775147&media_id=86

設定がユニークなので最初は面白いが、3巻目以降はもう読む気がしない。
正直、他に何もない、飽きる。

まあ、なんというか、作者が若くて経験値が浅いのか、人に伝えるだけの世界観と説得力、技法を持ってない。まあ、奥行きがないというか、締め切りに追われている有様が、そのまま伝わってきて、読んでて可哀そうになるくらいだ。
少年マガジンだし、 うちの子供たちが読み狂ってるライトノベルみたいなかんじ・・




これやるなら、「アイアムアヒーロー」映画化してほしい。
内容的に、311避難とかぶるので、無理そうだが、「人食いもの」としては、設定もひとびとの動向もリアルで、会話や内面描写もかなりみせる。

単に屈折したまんまのパニックものといえなくもないが、新井の「ワールドイズマイン」ほどの傲慢な辛さもなく、ほどほどのリアリティがちょうどいい。確かに台詞はときに上滑りしているが、それでも映画でいうと、キューブリックくらいの品のよさすら、構成からは感じられる。


結論には裏切られたが、なんとか最後まで描いて見せた「ホムルンクス」は拍手もの。あのテーマに挑戦するだけで、偉いのだが、映画化は無理ぽいかな・・・往年の「スコーピオンズ」や「ピンクフラミンゴ」の気持ち悪い顔つきの監督(名前忘れた)のように、サイケなマイナー映画で誰か挑んでほしい。



「カイジ」「ウシジマくん」は映画にしやすいけど、はたして読者はみにいくのだろうか? あれは漫画からテレビドラマのパターンでは・・


ちょうど、家族で貸し漫画のカイジにはまってるところw




で、岩明均 「ヒストリエ」 
いま、どうなってるの?

2003年から連載やってもまだ6巻? 年に1巻も出てないじゃん。
どんだけ、いつも待ってることか。
アフタヌーンじゃなくて、せめて隔週のモーニング2とかに移籍できないのか?


好きだけど、「聖おにいさん」とトレードしていいから。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。