スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリー系労働組合インディユニオン 公式コミュ開設

  • 2009/01/17(土) 01:27:14

いろいろあるけれども
インディユニオン 公式コミュ開設しました。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3908890

自由業・自営業・フリーランス・SOHO(委託・委任・請負などの仕事、実績評価の労働権をもつ人々)の労働組合「インディユニオン」のオフィシャルコミュニティです。 加入は別にして、関心ある向きはぜひ登録してください。



インディの正式発足は、12月23日、新宿

■インディユニオン・キックオフ LIVE
創立総会+フリートーク+ライヴ

2008年12月23日火曜日(祭日)
Naked Loft(ネイキッドロフト・職安斜め向い)
(新宿区百人町1-5-1・1F  03-3205-1556 )
http://www.loft-prj.co.jp/naked/
会場費カンパ500円1+ドリンク代


インディユニオン公式SNS
http://sns-walker.com/indy/
インディユニオン公式ブログ
http://indyunion.cocolog-nifty.com/blog/

スポンサーサイト

単身フリーだと餓死しても発見されないw

  • 2009/01/17(土) 01:17:42

生活保護申請とか、公園の炊き出しとか、そういうのも面倒なほどに「絶望した!」のか・・・? 
それとも単なる事故、病気・・・
単身フリランサーの人は、明日はわが身です。
遺体発見対策を。


【大阪】元派遣社員・49歳男性がマンションで餓死…1年前から契約打ち切られ、家賃も滞納

1 :出世ウホφ ★:2009/01/16(金) 02:18:19 ID:???0
大阪市住吉区のマンションで、49歳の男性が死んでいるのが見つかりました。男性は派遣社員でしたが、
1年前に契約を切られていました。胃には何も残っておらず、餓死とみられています。

14日午前、大阪市住吉区苅田のマンションの1室で、住人の49歳の男性がベッドで
死亡しているのを管理会社の社員が見つけました。

「足が見えた。その足がやせていたというより、骨に皮がはりついているような状態」
(男性を発見した管理会社の社員)

死後およそ1か月。司法解剖の結果、胃には何も残っておらず、餓死とみられます。

「冷蔵庫の中には何もなかったです」(男性を発見した管理会社の社員)

関係者によりますと、男性は派遣社員として銀行などで働いていましたが、
およそ1年前に契約を切られ、月3万9,000円の家賃を滞納しました。

「どういうふうに滞納を解消するか話し合いをしました。実家に電話して、徳島ですけど。
実家からの援助で滞納を解消した」(男性を発見した管理会社の社員)

その後、家賃は支払われていましたが、去年11月から再び滞納していたということです。

警察は「事件性はない」としていて、男性は失業で収入がなくなり、栄養を摂れず餓死したとみられます。

[16日0時16分更新]MBS
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/mbs/20090116/20090116-00000003-mbs-loc_all.html

乞食が働いていないとでも?失礼な、抗議しる!(笑)

  • 2009/01/17(土) 01:15:23

「働こうとしてる人か」派遣村
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=712361&media_id=4

乞食、あるいはその予備軍である社会人に、この発言は失礼だろう。

乞食が働いていなければ、どうして生きているのか?
まったく自然と経済の法則を理解していない政治家だ。

乞食であれ、公園拠点のリサイクル事業者(=段ボール親父たち)であれ、ワンコール派遣であれ、懸命に労働しているからこそ、まだ生存しているわけで、雇用賃金はなくても自営系労働者として、相互扶助労働、物々交換労働などは、生きるための日常行為だろう。


この政務官は、そもそも「労働」という概念が理解できていない。
「労働=雇用賃金労働」だと思ってるならば、全国の自営系のフリーエイジェント900万人が黙っていないぞ。働いていても食えない人や住居をなくす人はいくらでもいるのは、市場経済の常識ではないか。
謝罪を要求しる~(笑)




●MIXI、2ちゃんも8割方はこの政務官発言支持で、派遣村批判が多い。

よくある意見に「なぜ貯金をしてないのか」「自業自得」「見た目がこぎれい」「甘えてる、実家に帰れ」というのがある。

湯浅村長らの政治戦略的トリックで、本来「困窮者村」にすべきところを「派遣村」にしたのだから、かの政務官がこのトラップにひっかかるのも無理はない。でもそれは、マスコミの食いつき、政治的題材から重要視されないことは前提だ。

かれら運動家は、ベルリンの壁崩壊につながる「東欧ピクニック」を狙ったのであり、日本では稀有な劇場型民衆政治行動=街路闘争を意識しているのも明白だ。


たかだか500名程度の困窮者キャンプに目くじら立てるほど日本は貧困になったのだな、と思うが、春にかけて、これが5万人規模になったら、どうするのだろう? 生活保護基準人口は800万人規模だというのに、申請は100万人。日本人ほど、自分に厳しい民族はいないだろう。



恥の文化と、隣百姓・・・。


キャンプの雰囲気だけで、困窮のレベルがわかるほどイメージトレーニングを積んでるひとは少ないだろう。

スーツをきて全財産をビジネスバックにつめて、公園や知人宅を拠点に営業をしてる自営業なんかいくらでもいる(笑)

米国のトレーラハウス人口は80万人だ。
日本人で車中生活者が、2万人いるという報告もある。
みんな見た目は綺麗だぜ。
ユニクロも明治公園のフリマでは@150円だ。


この政務官の発言は、憲法25条他の「国民の生存権」を無視している。政府の機能不全、義務怠慢を告発する今回の騒ぎを、感情的に揶揄しているからマスコミも問題視しているのであり、たとえ乞食でも、希望する国民には、住居と仕事を提供する義務が国家にはあるのだ。


自民党はこの失言で、選挙がさらに不利になってしまったが、ネットにみる本音、他者への不寛容、弱者攻撃の感情は、いつもながら本当にどこからやってくるのだろう。

不気味なパウエル氏の予言。

  • 2009/01/17(土) 01:10:23

自作自演というか、ハルマゲドンを演出したいのか?

日米欧の国会議員、財界首脳ら、水面下で大騒ぎになっているオバマ政権発足直後の911的大事件の予言。
ソースは、どうやらパウエル氏らしい。カナダ、メキシコを巻き込んだ自作テロなのか、預金封鎖等の経済的措置なのか?
しかし、現実は、以下のレポートのように罪のない犠牲者を増やすだけだ。もう、ウンザリだ。


*転送自由ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ガザ地区から医師の報告翻訳

 以下は中央ヨーロッパ時間の1月6日(火曜)午前9時半にドイツ紙『南ドイツ新聞』の電子版に掲載されたものの翻訳です。インタヴューの正確な日時が不明ですが、内容からしてガザの現地の5日(月曜)の夜中あたりだと思われます。ガザには外国人記者が入れないため、地上戦開始下の病院からの医師の報告として貴重なものと考え翻訳しました。この翻訳は「訳責;梶村太一郎/ベルリン」と明記された上で、どしどし転送して下さって結構です。

原文;http://www.sueddeutsche.de/politik/752/453443/text/
ここではギルベルト医師の写真も掲載されています。

以下翻訳、( )内は訳注。

ーーーーーーーーーーーー
(見出し)ガザ地区の市民犠牲者
「私たちは次から次へと切断手術を続けている」

(記事リード)イスラエルの地上進攻の開始以来市民の犠牲者の数は急増し
ている。ノルウェー人のマッズ・ギルベルトは、現在ガザ地区に滞在している唯一の西側の(欧米の意味)ふたりの医師のひとり。ギルベルトはドラマチックな報告をした。

インタヴュー;トーマス・アウ゛ェナリウス記者

(人物解説)マッズ・ギルベルト(Mads Gilbert)61歳、は麻酔医でノル
ウェーのトロムソ大学教授。彼は新年から同僚の同僚の外科医エリク・フォッセ(Erik Fosse)医師とともにガザ市のシーファ(Schifa)病院で手
術をしている。ふたりはNorah (原文;Norwegian Medical Solidarity Organization Norah)の会員である。

(インタヴュー始まり)
南ドイツ新聞(以下SZ);ギルベルト博士、ガザの情況はどうですか。

マッズ・ギルベルト(以下MG);今夕の情況はドラマチック以上のものだ。激しく爆撃されている。この48時間は大変に厳しかった。ガザ市の野菜市場への攻撃で多数の死傷者が出た。今日病院に運ばれた210人の負傷者の内だけでも35人が救急部門で死亡した。死者の内で18人が9歳以下の子供たちだ。私たちは次から次へと切断手術を続けている。廊下は切断手術を受けた患者でいっぱいだ。私はすでに手術をいくらしたか数えられない。

SZ;犠牲者のうち子供と女性はどれくらいでしょうか。

MG;今日、私はひとりの子供の手を切断手術した。この子は家族のうち11人を失っている。私たちのところに九ヶ月の赤ん坊がいるが、この子の家族は全員がイスラエルによって殺された。市民の犠牲者の数は急激に増加している。月曜日の晩には死者は540人、負傷者は2550人だった。死者の30パーセントと、負傷者の45パーセントが女性と子供だ。これまでで、子供の死者は117人、負傷者は744人だ。

SZ;救助隊の作業はどんなに危険ですか。

MG;今日は救急車二台が襲撃された。二人の救助隊員が殺されたが、彼らは狙われて攻撃されている。シーファ病院の隣のモスク(イスラム寺院)が空襲された。そのため病院の窓ガラスがすべて割れてしまった。今は外の気温は摂氏7度だから患者全員が震えている。医師や看護人ももちろん同じだが。これら全てが理解を絶することだ。

SZ;病院の職員の情況はどうでしょうか。

MG;ひとつだけ強調したい。この病院には現時点で、医師、看護人、ボランティアが50人いる。私たちは爆撃音を聞きながら、負傷者を満載した車を待っている。私はこれまでに、彼らパレスチナ人の医師たちと助手たちほど献身的な働きをする人間を見たことがない。

SZ;あなたはハマスの戦闘員も治療しますか。

MG;その質問は適切ではない。私たちはここで医師として誰でも治療する。
わたしたちはイスラエルの兵士にもそうするだろう。しかし、私は何百人もの患者を診たが、その内でハマスの戦闘員はたったふたりだけだった。

SZ;何が最も緊急に必要でしょうか。

MG;とりあえず緊急なのは、爆撃を停止し、イスラエルが境界の通路を開き、食料と燃料をガザへ運ぶことだ。

SZ;あなた自身は安全ですか。

MG;150万人のパレスチナ人が、この世界最大の牢獄に閉じ込められている。彼らは恐れてはいない。なぜ私たちが恐れるべきだろうか。

SZ;あなたはどのようにしてガザ地区に入り込んだのですか。

MG;私たちは元旦にラファ(Rafah)経由で入って来た。ノルウェー政府がエジプトの指導部に非常に大きな外交圧力を掛けたのだ。そのおかげで入って来れた。私はなぜ他の西側の医師たちが来ないか疑問に思っている。世界はここで何が起こっているかを見ることが出来ない。私たちだけが西側の代理人だ。私たちは、援助すべき医師なのだ。それと同時に私たちは世界中のメディアに電話で情報を伝えなければならない。同僚とここへ来ていらい、私たちは時間を忘れて働いている。あの音が聴こえますか。
また爆撃されている。ここで話しを終わりにしなければなりません。

(インタヴュー終わり。翻訳以上)
「訳責;梶村太一郎/ベルリン」

虐殺で憎悪を煽り、紛争拡大ー戦争需要がほしいだけのユダヤ死の商人

  • 2009/01/17(土) 01:06:44

ナチでもあんな酷いことはしないだろう。

【イスラエル】将校ら軍務を拒否 10人超 “殺りく正当化できぬ”

 【カイロ=松本眞志】ガザ攻撃参加を命じられたイスラエル軍将校が十二日、軍務を拒否
したことから命令違反によって法廷にかけられようとしています。

 命令を拒否したのはノエム・レブナ中尉。パレスチナのマアン通信によると、同中尉は「わ
れわれは数百人の子どもを含む九百人のパレスチナ人を殺してきた。罪のない市民の殺
害は正当化はできないし、誰もこの種の殺りくを正当化できない。ガザで引き起こした憎し
みと怒りは、われわれに跳ね返ってくる」と語りました。

 マアン通信によると、レブナ中尉を含む十人のイスラエル軍兵士がガザ攻撃参加を拒否
しています。イスラエル紙ハーレツも十二日、イスラエル軍予備役兵がガザ市民の殺害に
抗議し、攻撃参加を拒否したと報道し、このほかにもイスラエル兵三人が同様の行動をとっ
たと報じました。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2009-01-14/2009011407_01_0.html


■ガザ停戦交渉、ハマスが調停受け入れに前向き
(読売新聞 - 01月16日 02:39)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=721860&media_id=20

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。