スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午後の紅茶と陰謀論(95)警察を学校に

  • 2012/07/11(水) 21:56:50

■追加アンケ「葬式ごっこ」見落とした上に非公表
(読売新聞 - 07月10日 21:34)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2077612&media_id=20


以前、日記でも書いたが、こういう情けない中学や教育委員会、警察の態度は一般的なもので、そのことを生徒だけでなく、父兄を含めた「世間」が自覚しているところに、日本人の病の深さがある。



●うちの長女の中学では、盗難事件だったが、あきらかな証拠があっても、
「本人が認めない限り、学校側としては何もできません」
という結論だった。


校長、担任をはじめ、関係父兄が何度も集まり、丹念に事実関係を確認しあって「聞き取り、秘密会合」は開催できても、公式に、犯罪を断罪したり、ましてや警察などの外部機関にそれを伝えることなど、学校の現場においてはまず不可能だと思われる。


うちのケースもそうだったのだが、あきらかな状況証拠はあっても、教育の現場に「善悪を処断をできる機能」が組織的にストップ、外されているのだ。

昔ならば、金八先生のように
「よ~し、みんな机の上に伏せろ~」


といって、先生が生徒の犯罪をその場で、調査、断罪するような「乱暴な教育」ができたかもしれないが、「人権」を重視する現代の教育の現場では、善悪の判断、価値の強制は先生の職分でなくなっている。

先生は権威をもって、馬鹿な生徒を教育し、制圧してはいけないのだ。



●子供のスイカを勝手に使用されて泣き寝入りをしている現役の婦警職のママさん。「盗難は犯罪だ、うやむやにはしない」と、詳細な調書を記述して学校に一歩も引かないうちの奥さんも、一応メディア関係者だったりするのだが、そういうモンスターペアレンツまがいの行動も、普通の父兄はもう起こすだけの「世間力」をもっていないのだ。


結局、学校から離れて、警察に盗難被害を出さないかぎり、調書すらとれないのだから、アメリカのように、学内に警察を常駐させるか、学校、教育委員会に握り潰されないように、直接、行政、警察に告発できる目安箱やカウンセリングのような機能を設置するしかないだろう。


特に、当事者が朝鮮系の在日外国人だった場合(盗難癖、虚言症)、教師も学校も、被害者である日本人生徒側がクレームをいれても、なぜか及び腰だ。




●報道ステーションで夜回り先生が、真剣に「教育機関の腐敗ぶり」に怒っていたが、自殺、イジメの因果関係を司法関係者でもないものが、断定できるように日本の組織はもともとなりたっていないので、あのような措置になることは必然なのだ。


学校側のスルーな態度が問題であることはもちろんだが、もっとも危険で重要なことは、学校、警察、政府行政、マスコミが、「暴行傷害、殺人未遂」事件を「イジメ自殺事件の枠」の中で処理しようとしている点だろう。

なぜ、これだけの国民的事件になっているのに、加害者少年グループや事件を隠ぺいしたと噂されるその家族関係者は、逮捕、身柄拘束、聞き取りをされていないのだろうか?


現時点で、噂にのぼっている加害少年の警察OBの祖父、PTA会長だった父ら関係者による、組織的な事件隠ぺいという関連事件についても、フォーカスが当たってないように感じる。


「自殺直後に加害者グループは、現場で遺体確認をしていた」

という奇妙なネットのウワサもある。
長期にわたる「自殺の強要」「自殺洗脳」が事実ならば、精神医療専門家もまじえて、広義の殺人事件の立件可能性も追及すべきだと思う。

スポンサーサイト

午後の紅茶と陰謀論(94)悪の法廷

  • 2012/07/11(水) 21:51:04

霞が関の7月は暑い。

朝から東京地裁民事法廷で、先日電話で怒鳴り合ったばかりの女弁護士と初めて対峙。某共産党系の倉庫と未払い金の残金確定でもめており、ついに協議中に告訴されたからだ。
平均38万円以上にもなる弁護士代金(着手金のみ)がもったいないので、自分で対応しているが、こんな馬鹿馬鹿しい民事訴訟は時間の無駄だ。勝っても弁護士代金は基本38万円プラス20万円程度にはなるだろう。



争点は、原告は「当初決めたグロス月額運搬金額を支払え」

被告のこちらは
「予定と反して運搬量が大幅に少なくなった(10%以下に)ので、運搬費用を業界水準で支払う協議を継続したい。運搬請求額は商品の品代金の80%にもおよび、非常識。毎月請求金額は別途定めると基本契約書にかいてある」
という主張。


倉庫側がなぜ、こんな訴訟を起こしたのかわからないが、こちらからみれば、詐欺同然だ。本でいうと、定価1200円の本に関して、取次移動費用が@800円という請求で、しかも数年前から「修正してくれ」と協議してるのに、「保留にさせてください」というスタンスで対応されていたからだ。

現場の当事者同士ではわかっていても、会社の決算や法務がからんでこうなったのだろうが、先方の担当弁護士は事務的な法務対応しかしない。担当から聞き取りすらしてないし、裁判所も詳細把握をしようともしない。単に法務運用を効率的にす進行させようとしてるだけだ。


事業をしている者ならよく知ってるだろうが、こういう裁判は、同じ時間に数件の案件が順番に処理されていくので、1案件あたりの裁判審理時間は、わずか10分程度だ。

しかも、そういう事実関係の認定だけのために、わざわざ霞が関までいかなければならないし、双方の抗弁がでてくるたびに次回持ち越しとなる。非常識なまでに効率の悪いのが法廷システムだ。



法廷を出た後、腹が立ったので法務省の法務テラスの「裁判中限定の30分無料相談」で、本件だけでなく、こちらが原告で告訴を検討している民事案件3つを矢継ぎ早に相談したが、結局依頼金額の巨額さと回収見込みのなさが改めて理解できただけだった。


昔からつきあってる知人の弁護士もいるが、いつも要望額に満額回答できなくて申し訳ないこともあり、気軽に相談できる状態にはない。
だって、300万円の回収をするのに、90万円も支払いがでるなんて、誰でも躊躇するだろう。



裁判、弁護士の制度改革。

僕は弁護士にも裁判所にも、よい印象はない。
むしろ、手抜きでやる気のない、いつも疲れている連中・・・。
適当な法務運用で事務的。
法務的には正しくても、世間的には非常識で、迷惑を受けている印象がある。


以前にも、著作権の二重支払いでひどいめにあったし、不動産の賃貸で裁判所の不手際もあり、過払い判決をうけたこともあった。(当事者同士でそのミスにきづいて修正できた)

普通のひとは、法務には弱い。
裁判所もなんだか怖い。
六法全書は、読んでも理解出来ない。


法テラスで、三菱自動車アスベストにもきいてみたが、
「私、実は別件のアスベスト訴訟で企業側にたってるので、それはコメントもできない、別のひとを紹介しますよ」
といわれた。

マスコミもそうだが、三菱グループを相手にアスベスト訴訟をする場合、支援してくれるのはたぶん労働系弁護士だけだろう。しかもその場合は、他の市民訴訟との共闘になり、着地点がこちらがすでに獲得している和解であろうということは、想像できる。(ゆえに、海外に突破点をもとめるしかないのだ)


もっと気軽に、誰でも安く、素早い対応で法務制度が活用できないかぎり、零細企業、自営、個人は法的に疎外が強くなるだけだ。

とくに事業で法務業務を自分で解決するスモール事業者には、無償の国家弁護士を派遣すべきだろう。


運転資金や経営で悩み、最後には
自己破産の免さいがでなくて、責任感が強いひとのなかには、保険金死亡弁済(不動産、サラ金)を選択する・・という事業者も少なからずいる。

寡占状態を維持できる大企業に比べ、無数の競合と市場戦争をしている零細、個人事業の9割は、必然的に赤字になるので、創業から10年もたてば、生存率は10%程度であり、20年後に継続している事業者は1%以下といいわれる。


驚くべきことに、自殺を選んで、借金返済を図る事業者が、少なくとも年間1000名規模で存在している。


債務1000兆円を拡大する公務員や、国土を汚染した東電責任者が、返済責任で、保険金自殺を毎日繰りかえしているというニュースは出ない。


彼らは、死んで債務を返すどころか、ボーナス維持で、退職金もそのままで、政府資金補助付きの企業年金まで貰う。


まるで、零細企業や自営は、ガダルカナルやインパール作戦で犬死していった旧日本軍の徴用兵士みたいだ。

国土を焦土にしかねない東電や高級公務員は、はやばやとソ連参戦の前に開拓民を残し自分たちだけ引き上げてきて、その後、あろうことか、米軍と結託して在日朝鮮人らに間接管理利権を手渡し、この国を属領として、引き続き管理してきた岸に代表される1940年体制の構造そのものだと思う。

正直、ばかばかしい話だ。


僕にも、勝手に死なれては困るが、どうしようもなくなってる債務失踪者がいる。

債権者に迷惑をかけて、自分だけ金も用意できないで、経営破たんごときで死ぬならば、せめてマスコミを呼び、霞が関で抗議して死んでほしい。

午後の紅茶と陰謀論(93)雨の機動隊

  • 2012/07/11(水) 21:47:45

「原発を止めろ」官邸前封鎖
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2073893&media_id=4

昨夜のデモは、雨だったのでどうかと思いつつ、ビックサイトの国際ブックフェアの帰りに立ち寄ってみたが、坂本龍一も登場し、ちょうど解散宣言の後だったが、それでも歩道は人がまだ一杯で、一部が官邸にむかい行進をしようともめたりしていた。(日記に再三でてくる実力行動作戦・・)

まあ、雨なので、御役目の機動隊も大変そうだったし(駅から官邸までの移動もかなりブロックされた。あちこちで、揉める元気な爺さんたちw)、そういう行動は、次回以降のお楽しみということで・・・w


ああいう場合、デモ主催者(反体制側)は私服(国家権力側)と共同で事件を未然に防ぐ側に回るしかないのだが、かの天安門でも、ニューヨークのオキュパイドでも、指導部は複数現場で突如誕生し、分裂するのが、歴史の教えるところでもある。


その誕生したばかりの即席ヘゲモニーが、「官邸突入~!」と叫んだり、「今日は解散しません!」と偽装呼びかけして、デモの主導権を乗っ取りされたりしたら、事態はかなり流動化する。

この日も、それに近い騒動は起こっている。



えてして、その声をかける忍者部隊は、中核派やブント系左翼ではなく、純粋アナキストだったり、暴動化して運動を潰すための工作在日右翼、天安門や最近の中東革命で活躍した米国中央の軍事専門家組織からなる謀略チームだったりするかもしれない。

で、それが裏目に出て、運動が反米独立運動に転化したりしたら面白いんだけどね・・・w


はっきりいって、この段階でも、外人記者に扮したような諜報機関の専門家は、米国、イスラエル、ロシア、中国、北朝鮮・・・各国から送り込まれてレポートしてるはずだ。

なぜかなら、日本のような風土で、半世紀ぶりともいわれる穏健市民デモの官邸突入を食らった政権が、そのまま政局維持をできるはずがないからだ。



●田中ジャーナルより
http://tanakaryusaku.jp/2012/07/0004649

 前回は7時を少し回った頃、歩道の規制線が決壊し参加者が車道に溢れた。6日の集会は、警察の規制が厳しかったため、7時を過ぎても人々は歩道上に列を作ったまま「再稼働反対」の声をあげていた。

 だが「今日は静かに終わるのかなあ」と思った矢先だった。「決壊したぞ~」、降りしきる雨音を突いて誰かが叫んだ。筆者は車道に駆けだした。

 参加者が車道に溢れ出ている。「再稼働反対」を叫びながら官邸に向けて前進している。警察隊が2段構えでピケを張ったが、数万人の前進圧力に押されがちだ。警察、参加者ともに鬼のような形相である。

 間髪を入れず官邸正門を機動隊の輸送車約10台が封鎖した。

 主催者側の誘導係が官邸のはるか手前でピケを張った。参加者たちを暴徒化させないための自主的措置だ。プロの警察隊が防ぎきれないものを素人が堰き止められるだろうか。

 7時38分、私服刑事が主催者の一人に解散を迫った。「前(演説スポット周辺)を解散させれば、皆解散するんだよ」。

 「手前で我々が防衛線を張ってますから」と主催者。リーダー格の私服刑事が大きく首を横に振った。

 「続けたい」「いや解散してくれ」。主催者と警察の押し問答が、わずかの間あった。

 それから10分後、主催者は散会を告げた。「この混乱状態で集会をこれ以上続けることはできません。よって散会とさせて頂きます」。拡声器を使った声は、人々を説得させるのに十分な力を持っていた。

 議事堂に隣接する歩道上から「やめるな」のヤジが飛んだが、主催者の宣言通り散会となった。

 「再稼働反対、再稼働反対…」。悔しさを押し殺した主催者の声が雨空に響いた。参加者たちは地下鉄の入り口に向けて流れ始めた。

     《文・田中龍作 / 諏訪京》

午後の紅茶と陰謀論(92)幽霊素粒子発見

  • 2012/07/11(水) 21:45:09

限りなくヒッグス粒子 准教授
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2071196&media_id=4


ヒッグス粒子は、物体に質量を与えるという、幽霊と実体をもった生き物の中間にいそうな最後まで見つからなかった17番目の素粒子らしい。

この発見は、物質を持たない存在・・・
つまり、得体のしれないゴーストや神の召喚に、あるいは物質の空間移送や変身?にいつか役立つだろうww


ちょうど前の日記で、不確定性原理の話や心霊科学を認知した国連WHOのスタンスに驚いたばかりだが、こういう共鳴というかシンクロは面白い。

すべての物質を通過するニュートリノなどの仲間の素粒子をいれても、宇宙の構成の4%が判明しただけで、残りは、暗黒物質というダークマターに覆われている。



スイスの超高性能加速器で生成させても、瞬く間に崩壊してしまう超不安定な粒子で、物体に質量を与えているということ自体が、世界はいかにいい加減になりたっているかの証明になる。


世界は、ゴーストのような煙に巻かれた謎で構築されているわけだ。ww

幽霊や精霊の類は、ヒッグス粒子の補佐があって、はじめて視覚化できるとおもえば、この世界の96%は、ゴーストたちのほうが主なのかもしれない。

午後の紅茶と陰謀論(91)霊的健康採択WHO

  • 2012/07/11(水) 21:42:52

前回の日記では、オカルト色が強く、誤解をあたえかねないので、補足しておきたい。


●僕は個々の予言や予測を信じているものではない。
(カオス理論的にいえば、どちらにもなりうることが大事)


ただ、ヒトラーのように、ノストラダムスの過去の予言を政治的に利用してプロパガンダに活用したり、独英で魔術戦争を展開したり、なぜだかはわからないが、現代に繋がる多くの先端兵器(ロケット、ジェット機など)を幻視し、開発させた事実は否定できない歴史なので、慎重に理解しておく必要があると思うのだ。



ーーー
>昔は、単なる好奇心だったが、今はかなり自身の関わる問題として、20年ぶりにトランスパーソナルや謎のグルジェフ、ナチスの天敵だったシュタイナーを読みなおしている。

それは、最近編集で関与しているロンドン大学の某博士の原稿のせいかもしれない。(どうも我々の脳内では、日々奇跡がおこっているらしい。
脳側頭葉の「ゴッド・スポット」「ガンマ波共鳴」・・光は同時に偏在している! 宇宙も我々も、無限に同時にそこに在る。らしい・・)
------


これについていえば、


●量子物理学や理論物理学では、半世紀以上も前から、ハイゼンベルグの「不確定性原理」で知られるように、「異次元空間」は理論検証された科学の新しい常識だということです。

たとえば、08年に「超ひも理論」でノーベル賞を受賞した南部博士は、話題の5次元どころか、26次元を想定しています。

研究者の間では、デカルトやニュートン以降の3次元的空間論は過去のもので、アインシュタインとボーアの「神はサイコロを振らない」論争も有名です。もちろんは、現在においては、アインシュタインは間違いというか、古い錆びた世界観になっているわけです。



●脳側頭葉の「ゴッド・スポット」は、有名な部位とのことです。

なぜかって?


カリフォルニア大学のチームによれば、そこをMEG等の脳科学機器で刺激調査すると、霊的話題が出たときのみに反応する部位らしく、ローレンシア大学のパーシンガーという学者は、TMS刺激反応で、なんと

被験者から「神がみえた」という医療データを得たそうです。


日本人脳科学者の加藤氏は、ノーベル賞で有名なシュレジンガーの波動方程式の虚数を使った「酸素交換方程式」で、脳内の異次元的な血流動態反応を証明・・・


脳内には、異次元的物理学現象があることがすでに証明もされており、
まったく摩擦抵抗のないガンマ波共鳴・コヒーレント現象とか、
他にもたくさん医療科学的な証明はあるので、僕も正直驚きました。



●ちなみに、驚くべきことに、国際的な精神医学会では、「憑依トランス」という表現の医療診断基準を決めており、魂、神、力などのスピリチャアりティを定義しており、国連WHOは99年にそういう現象を認知したのか、
人類の「霊的健康」の必要性を総会で採択しているそうです。



霊的健康とは、いかなる状態をさすのか?

一度、文部省や保険所にきいてみたいものですが、ユング的な深い潜在意識を、守護霊や精霊と交流するものとしてとらえる心理医療行為、カウンセリング、臨床は市民権を得て、普通のものになりつつあるようです。


知らなかったでしょ・・?!
僕もびっくりしましたよ。


詳細は、秋ごろにはでる当社の新刊をお読みください。w

午後の紅茶と陰謀論(90)ハルマゲドン予言・ワイルドだろ~

  • 2012/07/11(水) 21:39:37

イスラエルの攻撃あれば地上から抹殺=イラン革命防衛隊幹部
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2067647&media_id=52


告白すると、僕はカオス理論やロングテール理論にでてくる
「蛇行するマングローブ・ エスチュリーへの一般曲線座標系」を信じており、予言の類は、どっちに転んでも仕方ないと思ってるタイプです。

ゆえに、今のような漫画的世界史状況ならば、以下のような終末予言の類も別に驚くこともないだろうと思っている。


とくに、オバマやユダヤ金融軍産の位置からみると、
「いつでもボタンおせるぜ、どーする中露さんよ? ワイルドだろ~」


ていう感じで、ロスチャイルド3派、ロックフェラー2派の死闘の次世代主導権戦争の一環で、意外と安易に誰かが旧約聖書の預言の最終章の舞台の幕を開けそうだ。(すでに誰がその役割でも、未来は変更不可能という認識か)



4号機が崩壊しても、ハルマゲドン開始でも、結果は似てくるのかもしれないが、かの幻視者でジェット機体、ロケットを開発させた予言者ヒトラー総統によれば、21世紀の再生日本が軍事侵攻を起こすのは、ポーランド侵攻と同じ日時だそうだ。つまり、いつかは知らないが、9月1日に軍事クーデターが起こるか、日中戦争、あるいは日米戦争が開始されるらしい。


ちなみに、89年のゴルビー登場による米ソ冷戦の終焉を明確に予言していた彼は「かわいそうなアラブの4カ国の後、最終戦争が中東で起こる。汚れた大気から逃れ、政治指導部は地下要塞で作戦にあたる」
という、とても気になる予言もしている。


「かわいそうなアラブの4カ国」とは、いうまでもなく、ジャスミン革命から連鎖した米英イスラエルの一連の民主革命政変劇とみたほうが、合理的だろう。

ノストラダムス引用洗脳広報まで動員して、独英の近代心霊=宣伝戦争を進めた当時の各国諜報部門は、戦後、「ナチスの子供たち」と彼に言われた米ソの亡命ナチスss系科学者に継承され、真剣に2039年人類進化?まで続くヒトラーの幻視、予言を分析したらしい。



昔は、単なる好奇心だったが、今はかなり自身の関わる問題として、20年ぶりにトランスパーソナルや謎のグルジェフ、ナチスの天敵だったシュタイナーを読みなおしている。

それは、最近編集で関与しているロンドン大学の某博士の原稿のせいかもしれない。(どうも我々の脳内では、日々奇跡がおこっているらしい。
脳側頭葉の「ゴッド・スポット」「ガンマ波共鳴」・・光は同時に偏在している! 宇宙も我々も、無限に同時にそこに在る。らしい・・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。