スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌米独立運動の序幕は敗北

  • 2011/01/06(木) 16:49:38

首相が普天間陳謝 続投を表明
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1224624&media_id=2


みずほたんは、10年後ジャンヌダルク扱いになり、小沢、鳩山が目指したかった対米軍事独立運動は、自らの政権崩壊とひきかえに、沖縄から始まる「嫌米独立運動」の対抗潮流として誕生していくだろう。

偽装事件や詐欺マスコミ報道ばかりしている、米ポチの偽装保守派は、軍資金を得た左右の独立民族派によりパージされていき、北京寄りの9条派と愛国系の国軍派が、日本独立運動の中で、やがて対立を深めていくだろう。


>また「50年、100年かかっても日本の安全保障、平和は日本人自身が守らないといけない」と述べ、自衛隊と在日米軍の存在をトータルで検討していく考えを示した

鳩山は、もどろっこしい、言い訳をするのではなく、ちゃんと

「ほんとは米軍海外移転で対等同盟にしたかったが、非力でできなかった。日本軍事独立は後世に託す」

と、救国演説をしてから、舞台から一度おリるべきだろう。


●政治家としての歴史感覚が弱い。
後世からの視点がないのは致命的だ。

このさい、武装警察、公安、軍を官邸にいれて、堂々と「対米軍対等同盟でいくぞ!」という意気込みをみせれば、世界も唖然とし、反米諸国は日本をみなおしたはずだ。

そういう勇気のなさ、政治センスのなさを国民はみて、馬鹿にしていることにきづかない育ちの良さは致命的だ。

暗殺覚悟で、「対米属領から独立国家への道」
を明確に提唱できない鳩山、小沢の指導力の弱さは致命的だ。


戦後初めて米ポチではない、独立派政権を樹立しているのだ。
政権幹部の数名がCIAとかわけわからない組織に謀殺されても別に驚かない。
ていうか、あれだけ、検察、マスコミに政権幹部がたたかれて、偽装で支持率が急降下してる現実を官邸はどうとらえているのだろう?

要人が殺されなくても、政権はもう崩壊するだろう。

ほんとうに、馬鹿なのか・・・・相手を誰だと思ってるのだろう。

1975年、チリに非米軍政権を樹立したアジェンダ民主政権は、米軍、CIAの反抗に官邸に武装し立てこもり、最後は大臣らは銃撃戦までして民主独立を守ろうとした・・・。
(その後、民主派独立運動市民、学生はスタジアムに集められ、数千名が虐殺、収容されたという。米軍派はどこでも怖いのだ・・・)


ふつう、反動勢力に抵抗されるまえに、敵勢力をパージだろう。

キー局の幹部は入れ替えて、フジサンケイ、読売CIAとか米ポチ系は、封鎖解体し、米側の御用記者、文化人も追放だろう。


65年前の対米中戦争での犠牲者は、延べ200万人。
今度独立するなら、それでも1万人くらいの犠牲者はふつうでるだろうw
幕末の1868、終戦の1945と同じくらいのエネルギーを使うのだからさ。

しかし、米ポチ系マスコミや植民地政府的な売国官僚を逮捕してでも、革命的状況をつくる役目が鳩たちにはあったはずだ。


ま、ともかく、独立への幕がやっと開き、舞台は、これから「嫌米独立運動」に燃える沖縄にうつったことになる。
キーマンは、意外なことに、対米独立急進派の喜納昌吉さん・・・

ということか・・?
ドラックが抜けていればいいのだけど。

キナさん、ボブマーレィみたいなことをいいそうだなぁ・・(笑)

2010年05月29日

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。