スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊朝日によるCIAのスパイ実態暴露

  • 2011/01/06(木) 17:45:13

2010年02月23日ミクシイ再掲

これは、かなり詳細なレポートだ。
先月から続く小沢検察攻防で、米軍派とも対立する朝日ならではの抵抗か。

米軍・検察作戦は見事にあたり、ナガサキ選挙ではミンシュは大敗。
このままでは、米軍排除・独立派の小沢鳩山路線は失速するだろう。

しかし、先日復帰してから、ミクシイのニュースにアクセスできないのは何故だろう?サーバー内の不調がこんなに長く続くのだろうか?
それともカキコミ規制か?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
暗躍する外国諜報機関 衝撃の「調査文書」(2)

日本で蠢いているCIAのスパイたち
(週刊朝日 2010年2月12日号配信掲載)


http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/asahi-20100204-01/1.htm

前号では世界規模の「シギント」(電子傍受)にさらされる日本の現状についてレポートしたが、「シギント」はそれに関係する生身の人間の情報(「ヒューミント」)、さらには別の裏づけ情報があってこそ生きるものだという。外国諜報(ちょうほう)機関のそれらの活動は当然、日本でも行われていた。今回は、日本で繰り広げられる「ヒューミント」ほかの実情をお伝えする。ジャーナリスト 時任兼作

 2009年12月。東京・赤坂のアメリカ大使館。CIA(米中央情報局)の支局長のもとに次々と報告書が上がる。

 A4サイズのレポートの1枚1枚に、「普天間基地」に関係する人たちの動向、会話内容、所見などが記されている。情報提供者から匿名メールなどで担当者に送られてきた情報がまとめられたものだ。



月光22010年02月23日 08:34
う~ん、家族のIDからはニュースにアクセスもできるし、書き込み規制もないので、どうも個人的に規制されてるみたいだなぁ。

僕がもし規制を受けてるなら、その理由はかなり絞られる。
反米的な言動、実名をあげた911偽装の日本での工作員らの件かもしれない。

たいしたこともしてないのに、こんなことをしてるなら、国際局長の藤田議員やマイケルグリーンら工作員実名公表、分析書籍を刊行した副島氏なんか、どうなるんだろーね(笑)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。