スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉備造山古墳は大王墓(応神天皇)だった?

  • 2011/01/07(金) 01:58:59

【周濠】造山古墳は大王墓だった?【発見】
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20100317-OYT1T00908.htm?from=navlp

墳丘の長さが350メートルと全国4番目の規模の前方後円墳「造山(つくりやま)古墳」(岡山市北区、5世紀前半)で、墳丘の周濠(しゅうごう)が初めて確認されたと17日、岡山大が発表した。

 同古墳と同じ時期に造られたとされる堺市のミサンザイ古墳(履中天皇陵、墳長360メートル)など、畿内の天皇陵とよく似た築造方法だったことになり、造山古墳の被葬者が畿内と同盟関係にあった大首長だった可能性が高まった。



う=ん、個人的には大ニュース。
もちろん、古代日本史の書き換えにも繋がるが、こういうこと・・・


5 名前:吉備団子 :2010/03/18(木) 21:57:09 ID:IQlOiIdy
↓あるhpから引用します。

午後からはいよいよ待望の『造山古墳』探訪でした。今日のメインテーマは「造山古墳は、倭の大王稜か?」です。で、でも、出発前に○○さんの一言「私が言うからには勿論大王稜です。さらにいえば讃(倭の五王のうち)の陵墓です。」



7 名前:出土地不明 :2010/03/19(金) 04:07:49 ID:iXCb2G5V
400年ごろの国内というか東アジア最大の墳墓、公共事業だよね。
推定150万人を動員。その経済的需給規模はものすごい経済基盤と与信創造
(擬似通貨制度、律令納税経済)をつくったはず。

いまも末裔が残る総社の秦氏が関与していないはずがない。
秦氏は渡来系最大部族で、始皇帝末裔を自称、実際は五胡十六国の
河西政権、前秦、後秦王族等の亡命後継説あり。

吉備は国内、朝鮮半島南部にいたる倭系、渡来系の
連合部族国家の首都だったんじゃないか?
河内王朝の古墳も同族だろ。日本書紀の応じん(秦氏始祖弓月王を保護招聘)、
仁徳天皇が親子で外戚吉備の兄媛らを追って里帰りしている謎もこれで解ける。

*7は自分でかいたww



●4世紀のメイフラワー号、謎の秦氏と天皇誕生ファンタジー
http://luna555.blog19.fc2.com/blog-category-13.html

この10年、秦氏秦氏とネットで騒いでいたら、最近新書や関係書籍がよくでてる(5冊以上)。調べてたら、前秦、後秦の河西政権亡命末裔説が一番しっくり
くるんだよね。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。