スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

soho・フリーと独占記者クラブの闘い

  • 2011/01/07(金) 02:47:02

(再録)なぜ、あのサンプロが番組終了したのか?

検察批判、反米軍シフトで動いていただけに、例の911藤田議員への朝日新聞の奇妙な論説など、最近の朝日グループに大いに疑問だ。



しかし、政権側では同時に以下のような動きもある。

上杉はsoho・フリージャーナルの先陣をきっている。
ネットジャーナリストとブロガーの境界線議論もいずれ出てくるだろうが、世界30億人のネットジャーナルを無視してもう近代国家も運営はできないのだ。

くたばれ大企業の独占利権記者クラブ!



【政治】 鳩山首相が初のオープン会見 上杉氏「世界中のジャーナリストに代わって御礼申し上げたい。質問はありません」
1 : ◆PENGUINqqM @お元気で!φ ★:2010/03/26(金) 20:26:29 ID:???0

 26日の鳩山由紀夫首相の記者会見は、初めてフリーランスやインターネットメディアの 記者にも開放された。首相は「『私は開きました』と申し上げたい」と胸を張り、今後も 記者会見の開放を進めていく考えを表明した。

 だが、質疑自体は必ずしもかみ合わなかった。出席したフリーランス記者の上杉隆氏は 「世界中のジャーナリストに代わって御礼申し上げたい。質問はありません」と“珍質問”。
「個人の能力を超えたことを平野博文官房長官に要求するのは酷だ。官房長官のチェンジも 視野にないか。国民の切なる願いだ」(日本インターネット新聞の竹内尚文氏)という “激辛”質問も飛び出し、平野氏は苦笑いするしかなかった。

▽画像:多くのメディアが取材した鳩山由紀夫・首相の会見 
http://sankei.jp.msn.com/photos/politics/policy/100326/plc1003261836031-p1.jpg
▽産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100326/plc1003261836031-n1.htm

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。