スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自称PILから振込み催促の電話

  • 2011/01/07(金) 02:56:40

再録
【訃報】パンクの父マルコム・マクラーレン、中皮腫によりスイスの病院で死去
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1170612&media_id=49

みんながいうように、偉大なパンク山師だったと思う。
でも、あの時代なら、あれだったと思う。



大むかし、自宅のマンションを友人のやっていた和製パンクのパイオニア的な某音楽会社に貸ていたことがある。

夜中は自分のベッドになるソファーで寝ていたら、ヘンな外人から国際電話が。

「自分はPILのメンバーで、ジョンライドンがオタクの会社と契約したライセンス料金の一部は、自分のものだから、早く振込みをしろよ~」

みたいなことを言っていた。
パンクビジネス版の振り込み詐欺か!


その事務所は、後にあのイカ天などで国民的な人気となるバンドを扱って成功するが、まあ、和製版マルコムみたいなヒトがやっていたので(笑)、気にも留めなかったが、通販用の怪しいレコード盤(自殺、とか筋肉少女帯とか、ケラとかわけのわからない名称の楽曲)が日差しで曲がって溶けているような、そんな長閑な時代でもあった。


・・そうか、ヴィビアンも70歳近いんだ・・・・



昨日、田舎の蔵でみつけたシリトーの「長距離ランナーの孤独」の出だしを、ちょっとだけ思い出した。


ヴァージンのリチャードブランソンとともに、「コンセプト設定」という市場開拓才能で時代を変えた、怒れる世代の類稀なプランナーに合掌・・・。




月光22010年04月09日 15:22
ピストルズは、パンクというモードをつくり、クラッシュは、それを実践し、階級闘争、民族解放闘争にのめりこみ、当時、革命が進行していたニカラグアのサンディニスタ解放戦線に参加していく。


サンデニィスタで製作された音楽は、パンクとはかけ離れたメロディアスで美しいエスニックな曲が多い。

解散したピストルズの後、ジョンが作ったPILは、スーツ姿でボゥイやトーキンヘッズ、YMOのような奇妙なコンセプトバンドだった。

ビートルズやストーンズのように、時代を象徴し代表できる期間は瞬間だ。ニューヨークのファクトリーでマルコムよりも先にそれを構築していたアンディウオーホールの「誰でも5分間は有名になれる」という予言は、世界的なメディア時代を招いたマルコムや糸井重里らによって、80年にも繰り返し証明されたと思う。


911テロ以降、いまや、メディアの時代ですらないのだ。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。