スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柱に縛り責め立てる鬼女(笑)

  • 2011/01/07(金) 03:01:40

再録
男性が大きなショックを受けてしまう一言8パターン
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1169050&media_id=76

僕が、かって奥さんに言われたことばは、もっと直接的です。


・甲斐性なし。
(金がないとき)

・泣いて、税金滞納を免除させてきた・・・
(役所との納税交渉で)

・男ならタマとってこい。
(殺せということ~? あわわわ・・・)

・卑怯者か・・・
(対米軍、刊行リスクのある藤田議員の「911テロ疑惑国会追及」本の発行人名義を親父の名前にすり替えようとした校正をみて)

・なんで本を持ってこなかったの?
(200名規模の講演会会場で、編著販売していないことを詰る)



しかし、昔は、もっと凄い人が僕にはいた

6歳の頃、母親が屋外の柱に縄で僕をしばって、幼友達を集め、実の子供を公開尋問!


・お前もいっしょに盗んだのか、白状しなさい!

(長屋の前に落ちていた近所の爺さんの小銭が紛失。真っ先に子供たちが疑われた。昭和には、真剣に怒ってくれる親と世間があった。正義があった)

人生のなかで、あんなに泣いたことはなかったな。
多分、あれが自分の基盤のなにかを形成しているかもね。

女は、男を責めてなんぼやなぁ・・・

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。