スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスベスト汚染されたベビー・パウダー(タルク)

  • 2011/01/30(日) 16:21:57

アスベスト部品使用の自動車も、同乗者を被爆させながら、路上で石綿を曝露させながら走っていたかと思うととても恐ろしいが、この静かな時限爆弾は、化粧品やベビー用品にも広く使用されていることが判明している。

11月に死亡した父の曝露時期は、1970年代。
平均潜伏20~40年、発病から存命期間9ヶ月というのも恐怖だ。


http://www.botanical.jp/lib_id1-090410074440.php
2009年4月になり韓国製ベビーパウダー(中国産タルク)の4割にアスベストが混入していることが公表されました。
欧米などのベビー・パウダー原料はコーン・スターチが主流ですが、韓国製や日本製のベビーパウダーはタルク(talk)が主流です。
ベビーパウダー以外にもタルクは、化粧品(白粉、口紅、ファンデーションなど)
各種の糊状美容パック材、農薬、医薬品(賦形剤)、除湿材(打ち粉)、食品の除湿、
チョーク(黒板用)として使用される事が珍しくありません。
今回の騒動では医薬品を含め300社以上の韓国製品にアスベスト汚染タルクが使用されていることが判明しています。

アスベストはごく細い針状で、吸引すると肺の膜に食い込み、
一生取り去ることが出来なくなる恐ろしい物質。

タルクは滑石とよばれ、最も軟らかい鉱物です。
アスベストを産出する蛇紋岩地層に混在することが多い為、アスベストが
混入する危険性が常にあり、20年以上も前から各国で警告が発せられています。
アスベストを原因とする疾患は顕在化までに20-30年以上かかります。
ごく最近まで野放しとなっていたために、肺がん、中皮腫などの肺関連疾患により、
今後は累計で数十万人を超える死者が予想されています。

▼ノギボタニカルでは2005年より健康を阻害するアスベスト関連の記事を特集しています。健康を害するアスベストの特集記事を一覧にいたしました。

【アスベストによる健康被害の記事一覧】


カナダのアスベスト鉱山。禁止が遅れた日本に大量輸出された。

▼アスベストによる健康被害:アスベストと放射線(ラドン)の結合で肺がんが急増する?
▼アスベストによる健康被害:アスベストは塩化ビニール床材が怖い
▼アスベストによる健康被害:FEDERAL MOGUL社とT&N社の合併は陰謀か?
▼アスベストによる健康被害:白石綿(クリソタイル)は安全か?カナダのエゴで日本は被害甚大。
▼アスベストによる健康被害:アスベスト(石綿)の危険性はバーミキュライト(バミクライト)にも
▼アスベストによる健康被害:終わり無き米英アスベスト訴訟の教訓
▼アスベストによる健康被害:壊滅した米国(アメリカ)のアスベスト(石綿)産業とトラスト・ファンドで再生した国際企業
▼アスベストによる健康被害:けい肺が怖いグラスファイバー建材



スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。