スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午後の紅茶と陰謀論(8)古代日韓

  • 2011/08/22(月) 03:22:22

転載
韓国・鬱陵島運航の高速船、日本人乗船拒否
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1694439&media_id=88

●事実上、外人株主20%規制を無視して外国支配となっていたというフジテレビへのネットでの排斥運動が、スポンサー企業の不買運動にまで拡散している。

こういう民族対立があると、必ず論争になるのが、日本文化は半島から渡来したのか大陸から直接来たのかという、「朝鮮兄・日本弟文化伝来説」をめぐるバトルだ。


日本のナショナリストは今まで、そりゃ半島経由だろうが、あくまで通路として機能しただけで、半島独自の文化は少ないとしてきた。

しかし、ソウルの国立博物館などに行くとわかるが、韓国では、古代日本は明確に古代朝鮮国の領土として記述されているし、百済や新羅は、遠く中国本土にまで多くの植民地を領有する帝国として規定され、国民教育されている。


同じことは、中国でもそうで、冊法制度を重視する支配する民族が興亡した歴代の古代中華帝国では、朝鮮はもちろん、日本も彼らの植民した領土というか帝国の属領として歴史規定されている。


確かに、初期の卑弥呼をはじめ、初期天皇は歴代中国王朝から、将軍職の役職を戴き、日本国内の権威増強に援用してきたのだから、実態はどうであれ、東アジアの形式政治的には間違いではない。

0513-33.jpg



現に、遠くシルクロードの彼方から渡来してきたうちの先祖の秦氏にしても、墳墓がテラに変遷する8世紀の天智天皇時代にいたるまでは、部族意識のほうが高く、日本の神道、仏教祭祀、律令体制を主導しつつも、大陸とのシルクロード交易や鉄の増産など殖産経営に注力するばかりで、国家意識など、源平時代、戦国時代を経て、独自の自治権を喪失した徳川時代になって、やっとでてきたかどうかというかんじだろう。


吉備の秦氏の場合、後に吉備真備を生むニマ(二万)の地に二万人の近江、紀州からも秦水軍の将兵を集結させ、古代東アジア最大規模の戦争である、白村江の会戦に阿倍比羅夫将軍らと船を出し、見事に玉砕というか敗北し、今の北京まで捕虜は連行され、その後、外交交渉でなんと2000名規模の兵士が、大宰府に進駐した唐軍とともに帰還している。

このときの敗北の原因は、百済側の馬鹿王子のせいであるとされているが、そいつが日本側では藤原鎌足と呼ばれる説が、韓国では普通に教えられていることを日本人は知らない・・。


260px-Tsukuriyam.jpg



日本史ではこういう事実を教えない。
百済滅亡と唐の北九州進駐は、日本史の謎というか、認めてはならないタブーのひとつなのだ。(それが悪いとは言い切れないが、科学的ではないだろう)


日本は敗戦後、「脱国家」教育を日教組が徹底してきたので、民族国家という意識が低く、極端に愛国心が疎外されるようなシステムを国策として貫いてきた経緯がある。


しかし、すでに「沖縄は中国の属国だった」ので、中華圏回復運動の正式の標的にされている。こうした事実を放置していると、将来とんでもないことになることは、チベット、ウイグルの近代史、最近のベトナムとの領土紛争実戦(ベトナム軍は敗北している)をみてもあきらかだろう。




:名無しさん@12周年:2011/08/04(木) 08:29:23.80 ID:+wbyjL030
ttp://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1312245546/
128
>古来より日本は朝鮮半島から多くの先進技術と文化を学んできた。
>歌舞音曲、稲作、仏教、漢字、製鉄、建築、陶磁器、和食、茶道…
>さらに天皇家までその源をたどれば朝鮮半島に行き着いてしまう。

そうですかねぇ。ちょっと調べてみたんですが・・・

・歌舞音曲・・・雅楽には唐楽、高麗楽、渤海楽、林邑楽という種類があったが、その一部
・稲作・・・中国からの直接渡来説が有力
・仏教・・・藤原氏の捏造本『日本書紀』が典拠で説得力無し。列島支配の為、唐進駐軍が持ち込んだ
・漢字・・・藤原支配下の『古事記』が典拠で説得力無し。中国からの直接渡来説が有力
・製鉄、建築・・・西方民族である秦氏が伝えた
・陶磁器・・・縄文土器は世界最古。磁器は朝鮮人陶工・李参平が伝えたが、欧州に輸出されたのは日本製
・和食・・・精進料理は中国の禅僧が伝えた
・茶道・・・茶の知識を体系化したのは唐の陸羽
・天皇家・・・平安王朝は百済系であるが、実権は藤原氏(ユダヤ系)が持っていた

江戸時代の朝鮮通信使の旅行記です

<中国の伝説に出てくる楽園とは、本当は大阪の事だった。
ソウルの繁華街の10000倍の発展と言ってよい。
北京を見た通訳が通信使にいるが、『北京の繁栄も大阪には負ける』と言っている>

こちらも参考に
ttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1344233828

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。