スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午後の紅茶と陰謀論(24)工作員

  • 2011/10/07(金) 11:27:50

世界の失業者数「大恐慌並み」
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1755712&media_id=4

戦争をしたくてももうできなくなったので、311が起こったという見方が、国会議員やシンクタンクの連中にも一部流布し始めた。

前浜野政務官の国会質疑での「人工地震兵器肯定発言」が大きい。
ああいうのは、マスコミが封印してもよけいに拡散する。

潮目は確実に変わった。



対米軍事独立を研究する自衛官グループと左右の前衛政党は、311復興担当で、前政権に自民党から引き抜かれた国際政治学者で、311人工地震説を一部容認した浜野元政務官の国会や政権内での行動を研究するべきだろう。


2年前、鳩山前総理、寺島日本総研会長らと外交局面で、在日米軍グアム移転への歴史的ドクトリンを提案した、当時党の外国局長だった藤田議員に似ている。


藤田議員は、うちで「911テロ疑惑国会追及」を刊行した後、マスコミのさまざまな妨害にあった。それは今も続き、陰謀論分野に限定的ではあるが、僕の出版事業を邪魔する勢力も、まだいる。アマゾンでの挑発も続いているし(笑)


在日米軍やCIA勢力がかなり動いて、マスコミに圧力を加えた時期、09ー10年に少し不安に思う事件もあったので、警視庁や所轄警察には相談もした。

元総理ハシリュウの警備をしていた警察陣営とは、今でもパイプはある。
ハシリュウの病院での死亡については、個人的にはよく知らないが、僕の仲人の元秘書や実家を預かっていた親戚によれば、やはり政治家は大変だということだった。(岡山の田舎まで、マスコミは取材に来ることもあるので、迷惑がかかるから書けないことはある)


「なにか変なことがあれば必ず連絡をください」

といわれてはいるが、以下のアマゾンレビューで、このミクシイのことまで取り上げて執拗に妨害を続けている某銀座の書店員などを告発したら、面白いかもしれない。


頭がおかしいのか、工作員なのか知らないが、911関連で、将来名誉棄損、営業妨害裁判で木村太郎、たかじん、デーブスペクター、宮崎哲哉らと並び、証拠として法廷に取り上げられるというような想像力はないのだろうか?


前防衛政務官でマイケルグリーンらと日本防衛の要といわれる長島昭久議員からフォーラムの誘いがきた。彼は、野田政権では、総理補佐官として、外交防衛の官邸側の責任者となっている。藤田、岡田らとは近くて遠いポジションだが、対中露外交防衛局面では、キーマンであることには違わない。

もともと、僕も関与していた大前研一の平成新の会メンバーで、元厚生労働大臣の長妻君の盟友で、二人とも僕らが推薦して93年以降、政界にはいっていった若手政治家たちだ。


こういう人間が、911をどう扱うかで、世界史は変わる。

君子は豹変するからだ。

(ていっても、いずれ長島が911追及派として在日米軍を抑え込むといってるわけじゃないよ・・そういうことができれば歴史に残るがね・・・笑)



ーーーー月光編集の話題書・クラブハウス刊行ーーーー

●「9.11テロ疑惑国会追及」
藤田議員、きくちゆみ、童子丸他 共著
http://www.amazon.co.jp/dp/4906496431

米軍基地グアム移転派の前鳩山総理、小沢代表、寺島日本総研会長(外交顧問)が推薦人!ワシントンポスト他マスコミの異常な本書弾圧。ついに政権が崩壊するも、ウイッキリークスら世界的に米軍の内部暴露報道が解禁! 911陰謀論は、もはや都市伝説ではない!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


http://www.amazon.co.jp/review/R2XM355WL0A77L/ref=cm_cr_pr_cmt?ie=UTF8&ASIN=4906496431&nodeID=&tag=&linkCode=#wasThisHelpful
--------------------------------
54 人中、29人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
だめな国家のダメ議員と陰某論者がつるむと、カネが生まれる, 2010/4/12
By kurosawa19レビュー対象商品: 9.11テロ疑惑国会追及―オバマ米国は変われるか (単行本)
藤田議員は、国会で税金を使って911についてのムダ質疑をした人。で、恐ろしいことに2010年4月時点で政権与党の国際局長。
ワシントンポスト紙社説で、911陰謀論派としてアメリカにて紹介され、総理大臣から厳重注意をうける。そして公式に「反省」した。だから、マチガイなのだろう。

きくちゆみは、陰謀論で出版活動している活動家。しかし、最近はとうとうオカルト・レーベルからしか本をだせなくなっている。

仮説はあっても、根拠のない本。人の死を商売にしている、まさに死の商人。

2011/02/08追記

ペンタゴンに開いた6mの穴というまるっきりのデマについて、きくちゆみが間違いを認めたことを最近知りました。穴の幅は約36.5m。
6mはデタラメではないかと指摘され、認めざるを得なかったのです。

本書の類書911ボーイングを捜せ―航空機は証言する 911は世界を変えた このビデオは911を変えるの日本語版製作・販売元という本家本元が、間違いを認めました。

「私はいまその主張を撤回しています」と悪びれもせずに彼女は語ってるけど、さて、この本の信憑性はどうかな?
 
いやあ、陰謀が暴かれてアメリカ政府がわたわたするのを、楽しみにしているのになあ。
------------------------

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。