スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリージャパンという新しい「クラスウオーズ」に向かっている

  • 2008/05/08(木) 09:05:02

・ネット世代が「普通の日本人の怒り」を代弁しはじめた。
代々木に胡主席来日に合わせ抗議デモ4200名。


ラサ暴動直後の前回3月は、代々木に900名だった。
しかし、今回は、なぜこんなに急速に拡大したのか?
自分自身の気持ちも振り返って、理由は3つに整理可能だ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1、あまりにもひどい日本政府の弱腰とマスコミの隠蔽体質が露見。
長野五輪リレーの中国人集団の横暴ぶり、警察の主権放棄などがネット実況され、その落差に国民レベルで怒りが共有されている。

つまり、2ちゃんねる、MIXI、ニコ動画、ユーチューブ、ネット動画放送ブログの活用で、短期間に実況され、「ネット活用国民7000万人のコモンセンス共有」で「ネットによる直接的な民主世論が形成」されはじめているのだ。(検閲マスコミの間接世論形成時代の終焉)

・民放が伝えない本当の長野聖火リレーの真実
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3150865
・長野聖火の真実(被害者は多くの日本人)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3190421
・コキントウ夕食会での抗議実況
http://www.stickam.jp/video/178149300
・話題になったアリ@freetibetさんの 「長野フリーチベット日記」
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=787996903&owner_id=2071143





2、いつまでも展望の見えない格差社会への、国民的な絶望感

・「戦争で正社員が死なない限り自分は正社員にはなれない」…31歳フリーター。希望は、戦争。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1120862.html
・生きさせろ! 難民化する若者たち 雨宮 処凛
・生きさせろ!反貧困ネットの集会とパレード
http://www.youtube.com/watch?v=A-d9vHy2hxs

3、非常識な中国の積み重なる横暴に、もう日本人は耐えられない。
特に命にかかわる「毒入り餃子事件」の無責任調査姿勢。
(親北京派の福田政権支持率の急落)

51 :名無しさん@八周年 :2008/05/07(水) 02:38:06 ID:LQWzdMTH0
ピッキング 原潜日本領海侵犯 サーズ 毒餃子(日本人少女危篤)
日本人一家惨殺事件 中国人窃盗団 対日核照準 反日暴動 (日本人学生負傷)
歴史捏造 中国人犯罪者毎年首位独走 日本へ毒野菜輸出 防衛省へのハッキング
チベット人虐殺 ウイグル人虐殺 赤ちゃん食い 反日教育(捏造南京記念館)
黄砂日本へ飛来 日本海海洋資源盗掘 衛星爆破(日本の衛星爆破も視野) 
中国による北朝鮮への支援 日本企業へのスパイ行為 (技術流出被害数兆円規模)
日本製品違法コピー  台湾への圧力 中国の三ツ星ホテルは盗聴器だらけ
対日世論工作 ハニートラップ 中国人渡航ビザ廃止 中国式特許の弊害
法輪功虐殺 福田政権(売国) 創価学会 裁判抜きの死刑(拷問有) 
中国人留学生大量誘致 中国人への参政権付与 靖国にて中国人が老人を襲撃   
映画YASUKUNI(制作費血税)3兆の対中ODA(血税)海底ケーブル切断事件
産廃日本海へ投棄 日本の国宝への落書き 北京五輪(聖火リレー長野県陥落)
中国パンダ一頭のレンタル料年5千万(血税)天安門に触れると中国人は弱ります

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

わかりやすいプチナショナリズムの発露・・・?
自己投影の弱者=チベットへの同情と、やっと登場した「ふつうの人が参加できるデモ」への期待・・・?



・「もう腹が立つからテレビのニュースはみたくない」
最近、インターネットや携帯をふつうに使いこなすようになった、60歳代の義母の愚痴。

「ちゅーごくじんは悪いんだよねぇ。ギョウザ食べると死ぬよ~」
1年生になったばかりの孫と祖母の世間話にまで、この話題は登場するのだから、日本と中国の関係は、今までのような、適当であいまいな解決延期措置では両国民も納得しないだろう。


「亡命以来、新宿のラーメン屋さんで仕事をしながら、祖国の復興を訴えてきた」というチベット人活動家の集会での話は胸をうった。

しかし、問題は本当にチベット独立であり、中国のリセットなのだろうか?


・「格差問題はクラス・ウオーズだ」
とよく言われる。実際に、金のかかる「資本主義=平和の象徴」ともいえる21世紀の北京五輪を楽しめる人と、怒りをもって眺めているひとがいる。

自由競争と格差社会、戦後の利権にまみれた「国連=米中属国政治体制」を隠蔽してきたマスコミや、五輪報道に代表される、行政や企業利権に対する国民的怒りが、本当の隠された問題だとしたら・・。

実は、日本人も中国大陸と同様に、フリーチベットを通じて、
フリージャパンという新しい「格差闘争」「内戦」に向かっているのかもしれない。


http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=480039&media_id=4

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。