スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午後の紅茶と陰謀論(30)市民農園

  • 2011/10/13(木) 11:01:57

■TPP、180議員が反対署名…大半は民主
(読売新聞 - 10月09日 14:05)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1770571&media_id=20


これは、だらだら議論してるふりをして、スルーすればいい。
農産市場の自由化は、国内でけりをつければいいのであって、米国ルールを持ち込む必要はまったくない。



●むしろ、これを契機に農地利権を修正し、
国民一律@10坪程度の農園無償貸与制度=「国民ダーチャ」
を実施したほうがいい。

都市住民であっても、どこか郊外や田舎に、家族4名ならば@40坪の農地を国家が無償提供する市民自給農園制度だ。


かってソ連崩壊のとき、ロシア2億人の胃袋を救った、国民的自作農園制度を日本でも整備し、パリやロンドン市民に流行っている「ロハス市民農園」を普及させるべきだろう。


来るべきドル崩壊、世界恐慌に対応するべく、近く破産し、分割されるダメリカとは縁をきって、国民の生存権のための国家再生企画をどんどん実施していくべきだ。



国内の農地は、国民に解放し、農業ビジネスは、湯田金のように海外展開をすればよい。ニューギニア、東チモール、豪州大陸の西半分など、日本資金投入を待っているフロンティアはいくらでもある。


国内農地は、農協ではなく、国民のものだが、農業事業を国内に限定するほうがナンセンスなのだ。国土の10倍程度の「リースされた準国土」を提供してもらい、大規模な包括的開拓をアジア各国と推進すべきだ。


その過程で、北京に軍事蹂躙された植民地、被爆地ウイグルやチベット、シルクローロ諸国の実態が公表され、数億人のアジア人が解放されるべきだろう。



●ウオール街の反乱は、現実に起こっていることで、ドル経済崩壊、911疑惑解明、米連邦軍解体など、次に起こることを想像すれば、日本は日本人の生活圏を守るべきだろう。


とくに、311混乱時に、以下のような主権放棄をした恥ずべき民主党政権を維持する必要はない。米国属領関係者のリストを用意し、革命に備えるべきだろう。


●GHQ彷彿させる官邸へ派遣の米国人 総理に代わり決裁権
http://www.news-postseven.com/archives/20110509_19848.html

焼け野原からの戦後復興に大震災の復興計画を重ね合わせる菅直人・首相は、屈辱の歴史までも真似ようとするのか。GHQ(連合国軍総司令部)に主権を奪われ、自主憲法さえ作れなかったあの時代は、この国の在り方に大きな禍根を残している。だが、菅政権はこの震災対応の中、国の主権を米国に売り払うことで、自らの権力を守り切ろうとしている――。

この国の政府は震災発生以来、「第2の進駐」を受けている。首相官邸ではそれを如実に物語る光景が繰り広げられていた。

菅首相や枝野幸男・官房長官、各首相補佐官らの執務室が並ぶ官邸の4、5階は記者の立ち入りが禁止されているが、そこでは細野豪志・首相補佐官、福山哲郎・官房副長官らがある部屋に頻繁に出入りしていた。部屋の主は、米国政府から派遣された「アドバイザー」で、名前も身分も一切明らかにされていない。

官邸の事務方スタッフは、その素性と役割についてこう説明する。

「その人物は米原子力規制委員会(NRC)のスタッフとされ、官邸に専用の部屋が与えられ、細野補佐官とともに原発事故対応の日米連絡調整会議の立ち上げ作業にあたった。常駐していたのは原発対応のために横田基地で待機していた米海兵隊の特殊兵器対処部隊(CBIRF)が帰国した4月20日頃までだが、その後も官邸に顔を出している。福島第一原発の水素爆発を防ぐために実行された窒素封入や、格納容器の水棺作戦などは、そのアドバイザーとの協議を経て方針が決められた」

原発事故対策統合本部長を務める菅首相に代わって、“決裁権”を握っていたというのだ。

官邸へのアドバイザー派遣は、菅政権の原発事故発生直後にオバマ政権が強く要求したものだった。当初、菅首相や枝野長官は難色を示したが、ルース駐日大使は福島第一原発から80km圏内に居住する米国人に避難勧告を出し、横田基地から政府チャーター機で米国人を避難させるなどして、“受け入れなければ日本を見捨てる”と暗に圧力をかけた。菅首相は3月19日、ルース大使との会談で要求を呑んだとされる。

外国の政府関係者を官邸に入れてその指示を受けるなど、国家の主権を放棄したも同然であり、GHQ占領下と変わらない。

しかも、その人物は「ただの原子力の専門家」ではなかったと見られている。

米国は震災直後にNRCの専門家約30人を日本に派遣して政府と東電の対策統合本部に送り込み、大使館内にもタスクフォースを設置した。3月22日に発足した日米連絡調整会議(非公開)にはルース大使やNRCのヤツコ委員長といった大物が出席し、その下に「放射性物質遮蔽」「核燃料棒処理」「原発廃炉」「医療・生活支援」の4チームを編成して専門家が具体的な対応策を練っている。

「原発事故対応のスペシャリスト」だというなら、統合対策本部や連絡調整会議に参加する方が、情報収集という意味でも効率的な働きができるはずだ。にもかかわらず、その後1か月間も官邸に常駐する必要があったのは、原発対応以外の「特別の任務」を帯びていたからだろう。

米民主党のブレーンから興味深い証言を得た。

「ホワイトハウスが、菅政権に原発事故の対処策を講じる能力があるかどうかを疑っているのは間違いない。だが、すでに原発処理についてはいち早くフランスのサルコジ大統領が訪日したことで、同国の原子力企業アレバ社が請け負う方向で話が進んでいる。

むしろ米国が懸念しているのは、これから震災復興を手掛ける菅政権が危うい状態にあること。オバマ大統領は、普天間基地移設をはじめ、日米間の懸案を解決すると約束した菅政権が続くことを望んでいる。

そのため、ホワイトハウスでは国家安全保障会議などが中心になって、日米関係を悪化させることがないように指導するオペレーションを震災後から展開している。“特別な専門家”の派遣もそのひとつと考えていい」

菅政権は米国の指導の下、国会では震災復興より米国への“貢ぎ物”を優先させた。3月末に年間1880億円の在日米軍への思いやり予算を5年間にわたって負担する「在日米軍駐留経費負担特別協定」を国会承認し、4月28日には、日本政策金融公庫の国際部門である国際協力銀行(JBIC)を独立させる法案を成立させた。

JBICは米軍のグアム移転費用を低利融資する窓口になっているが、法改正によってこれまでは途上国向けに限られていたインフラ輸出への融資を拡大し、先進国も対象にできることになった。

経産省幹部はこう指摘する。

「菅政権は米国への新幹線輸出を進めているが、JBIC独立により、その資金を日本が拠出できることになる。アメリカも満足だろう」

※週刊ポスト2011年5月20日号

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。