スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午後の紅茶と陰謀論(31)ゆで蛙

  • 2011/10/13(木) 11:07:24

日本の規制値「理解できない」
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1773940&media_id=4

内部被ばくの食品規制がチェルノより、20倍も低く、人口密度は、東京都心比較で1000倍くらい高い。ベラルーシーの被曝対策専門家から見れば、狂気の沙汰なのかもしれない・・・。


世田谷の民家のケースは、あまりに局地的なので「ラジウムボール健康風呂説」など311とは違う原因も指摘されているが、さっき千葉県船橋市で世田谷より高い5.82μSv/hがでたと報道されていた。


つまり、相当数の被曝が現在進行しているわけで、問題はその被害のレベルだろう。

「年間200シーベルトを超えても健康障害はないという研究データ」(池田信夫)という安全厨派の意見などをきいていると、正直混乱するのだ。


これは、陰謀説でもなんでもないが、放射線医療科学は、実際に統計データが少ないのか、被曝メカニズム解析が困難なのか、父の三菱自動車アスベスト被曝死亡事件でも、企業責任をめぐる紛争の種となっている。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●チェルノブイリ放射線管理基準(μSv/h)

5.7     船橋市アンデルセン公園
5.4以上    強制避難    
2.0~5.4    強制移住  =2.7μSv/h 世田谷区
0.67~2.0   希望すれば移住可
0.134~0.67 放射能管理が必要



2011/04/25(月) 17:34:54.26 ID:s1pF29g30
今日都内各所を図ってきたぞー!
単位はマイクロシーベルト/h、最高値を掲載

1 世田谷-桜新町 2.52 2 中央-勝どき 2.48
3 江東-豊洲 2.34 4 江戸川-小岩 2.33
5 目黒-中目黒 2.29 6 渋谷-神宮前 2.12
7 新宿-西新宿 2.08 8 練馬-大泉学園 1.88
9 大田-田園調布 1.81 10 中野-東中野 1.78 11 港-西麻布 1.66
12 台東-上野 1.62 13 文京-水道 1.61 14 品川-大崎 1.55
15 北-滝野川 1.51 16 葛飾-亀有 1.49 17 豊島-東池袋 1.45
18 足立-北千住 1.44 19 荒川-西日暮里 1.38 20 板橋-板橋 1.29
21 墨田-押上 1.11 22 千代田-麹町 0.39 23 杉並-南阿佐ヶ谷 0.32
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


自分の住む東京港区も被曝ラインに入っているので、
0.134~0.67 放射能管理が必要なエリアで暮らしていることになる。


上記04/25(月)のねらー調査ほどの濃度はもうないと思うが、新たに積算されているという意見もある。


●3月末に、小学校卒業後に急に顎が腫れた長女を山王病院に連れて行ったが、甲状腺や被曝検査ができる体制もなかったので、原因不明のまま様子をみたということもある。血液検査もしたが、理由が特定できるわけではないのだ。

(祖父がアスベストで死亡してるので、被曝に過敏な体質であるということも考えられるが・・・・顎の腫れはすぎひいたので、なんともいえない・・)


港区青山の公立小学校では、311以降、外人生徒を中心に15%程度の生徒が長期避難、移住しているが、結局、郷里の岡山への移転(九州沖縄移住案も)を検討しながら、実施することはなかった。


西日本の人からは、「首都圏人は、ゆで蛙」といわれ嘲笑され、確かに子供たちの健康リスクはあるが、仕事の変更、子供の転校等を考慮すると、多くの社会人は、なかなかそこまでは踏み切れないからだ。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。