スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2008/06/11(水) 03:28:12

物理学者がパンケーキ理論を否定している。

http://video.google.com/videoplay?docid=274762950234337392

現場からテルミットというビルの解体業者が使う爆発性物質が発見された。
これは化学反応を起こすと灰のような大量の粉を撒き散らす。

崩壊後の現場には溶融した鉄が残っており、そのため最高温度が
1093度にも達した。この温度は ジェット燃料の燃焼温度(833度)
より260度も高い。
100度の熱湯で何時間鉄を温めても鉄は100度以上にはならない。
同様に833度で熱し続けても1093度にはならない。
テルミットによる化学反応で一部の鉄骨が溶融したと考えれば全てが
合理的に説明できる。

ーーーーーーーーーーーーーーー
911が米政府の陰謀であったかどうか?

ネットの証明サイトをみれば、馬鹿じゃないかぎり自作自演は理解できる。
問題は、国際世論がなぜ8年間も封殺されてきたのか?
じゃあ、「ポスト911の世界秩序は?」ということに尽きるのだ。

国会で藤田議員の質疑がされていても世間で「トンデモ議員」扱いになるのは、
ユダヤ資本言論圧制化のマスコミの構造的体質が問題。たけしの娯楽番組などで
911疑惑は特集されて、視聴率もいいのに、公式扱いにはできない洗脳報道基準がある。

マスコミ、企業、国民は、誰かにビジョンを出してもらい指示されない限り
国際資本の陰謀実在は理解できても、沈黙するしかない。どうすればいいのか、わから
ないのだよ(笑)
ゆえに、ユダヤに代わる新しいスポンサー、ご主人様を見つけてくればいい話だね。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。