スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午後の紅茶と陰謀論(55)アスベスト自動車遺族の怒り

  • 2012/02/29(水) 02:42:18

「極刑」悩み続けた本村さん
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1922261&media_id=2

この人の怒りと勇気が司法を変えた。
人権という概念すら変えつつある。


遺族本人の気持ちは、他者がどうこういえるものではないが、親父の三菱自動車のアスベスト被曝事故死亡を、「隠ぺいされた企業殺人」という視点で見つめるならば、同じ遺族として参考になるところもある。


images12
images121.jpg


たまたま、ブログをみてくれてフェイスブック交流で情報交換をはじめたホンダ自動車のアスベスト被害関係者から、「被害者本人は、社会に言いたいこと、伝えたいことがたくさんある」ときき、全国報道されるような裁判をしていても、犠牲者側の声が、実はこの社会にはほとんど反映されていないのだと、あらためて痛感している。


年末にサイゾーで報道された連中の対応
http://www.cyzo.com/2011/12/post_9245.html
「"事なかれ主義"は今も顕在!?」
隠ぺいの"家元"三菱自動車がアスベスト被害者遺族に口止め料か


を話したら
「あなたの三菱自動車の口封じの対応の話は、最近読んだ企業エンターテイメント小説にそっくりですよ」

と、ある企業人にいわれ、遅まきながら
「空飛ぶタイヤ」池井戸潤(講談社文庫)
を読んでいる。





数年前の有名な三菱自動車リコール隠し事件を題材にした内容で、「下町ロケット」の直木賞作家が書いており、読めばよむほど、大企業の組織対応、マスコミ、家族、世間の反応がいま自分に起きているドキュメントとそっくりな展開なので、笑ってしまう。

本書は当初発行部数11万部を超え、直木賞候補となった。
この問題作はドラマ化され、キャスト陣には仲村トオル、田辺誠一、萩原聖人など実力派が集結。

http://www.youtube.com/watch?v=jtr9xegk18o&feature=player_embedded


●しかし、リコール隠しや強姦殺人事件は、特定関係者における限定的事件だが、アスベスト被害は、広く社会全体に影響する事件なので、311以降の放射能被曝に劣らず、ことは格段に深刻ではないかと思う。

国内自動車メーカーは、三菱、ホンダに限らず、2006年までアスベストをブレーキなどの部材に使用し、今も使用制限を順守しなかったということで、省庁の勧告書類送検を繰り返しているのだから。


・ちなみに、喫煙で5倍、アスベスト吸引で10倍。
その両方で肺がんリスクは、なんと50倍となる。

・2006年以前製造の国産車は、厳密にいうなら、すべてリコール対応にすべきであり、死にたくなければ、ドライバー8000万人(むろん同乗者も!)は、即刻禁煙をして、肺がん患者は、アスベストのセカンドオピニオン診断をもとめ、労災申請をすべきなのだ。

・禁煙傾向と反比例して、肺がん死亡が増加している奇妙な医療統計の理由、背景は、はっきりしている・・・。

しかし、そのことを、産業界、医療界、マスコミも報道しない。


親父の件も、取材にはいっている朝日、毎日、読売各紙は、スクープ対策でネタの秘匿はするものの、潜在的被害者のための予防報道、企業責任を認めない自動車メーカー批判を、この段階で進めるまでにはいたってはいない。


13年前、司法の矛盾、マスコミの腐敗にきづいた、まだ20代の本村さんがなした行動のように、社会というものは、当事者が行動していかないことには変わりようがないのかもしれない。


今のままでは、将来、東電や政府は、311被曝の損害賠償請求裁判で、「その被曝原因は、フクシマ原発のせいなのか、アスベストのせいなのか、はっきりしない」という理由から、膨大な金額の賠償請求を却下していくだろう。



ーーーー月光編集の話題書・クラブハウス刊行ーーーー

●「このままでは暮らしていけない」全ての人に。 
働きながら、短期間・不足分のみのプチ活用推奨!

書籍「プチ生活保護のススメ改訂版」
http://www.amazon.co.jp/dp/490649644X

震災、原発恐慌で申請者が殺到。受給者200万人! 
しかし、受給はカンタンではありません。
競争率4倍、条件をクリアする対策とノウハウが必要です。

基準は住宅補助を含めて3人世帯@27万円、1人@13万円前後。

差額がほしいが、どうしていいかわからない人へ!
自分でできる申請書つきマニュアル改訂版 


●「9.11テロ疑惑国会追及」
藤田議員、きくちゆみ、童子丸他 共著
http://www.amazon.co.jp/dp/4906496431

米軍基地グアム移転派の前鳩山総理、小沢代表、寺島日本総研会長(外交顧問)が推薦人!ワシントンポスト他マスコミの異常な本書弾圧。ついに政権が崩壊するも、ウイッキリークスら世界的に米軍の内部暴露報道が解禁! 911陰謀論は、もはや都市伝説ではない!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。