スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午後の紅茶と陰謀論(56)スズキ自動車も危険

  • 2012/02/29(水) 02:46:06

さきほど、サイゾーの記者から教えてもらったが、自動車メーカーはまだアスベストをひそかに使用している・・

前号の三菱自動車、ホンダだけではなく、スズキも、平成21年に
アスベスト使用の法令違反を犯していた。


なぜか政府サイトの公表PDFがダウンロードできないので(わざとしてる?)詳細が判明しないが、バイクか自動車での使用だろう。

これは、リコールがされていないならば、21年以降の製造使用なので、最近発売のスズキ製品にはアスベストが使用されている可能性が高いといえる。

喫煙者×アスベストで、肺がんが50倍のリスクなので、スズキの新車、中古車に乗るのはやめておいたほうがいい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000004ass.html
平成22年2月12日

労働基準局安全衛生部化学物質対策課

課長 半田 有通

調査官 奥村 伸人

係長 植松 宗久

(電話代表) 03(5253)1111(内線5510)

(夜間直通) 03(3502)6756

(FAX) 03(3502)1598

石綿含有製品等の製造、輸入、譲渡、提供又は使用の禁止の徹底について
~関係事業者団体に改めて要請~


概要
1.昨年末、自動車関連事業者が、労働安全衛生法により製造、輸入、譲渡、提供又は使用(以下「製造等」という。)が禁止されている石綿含有製品を扱っていた事案が相次いだことを受け、(社)日本自動車工業会及び(社)日本自動車車体工業会に対し、会員が取り扱う部品に石綿が含有されているものがないか自主点検を実施するよう要請しました(平成21年12月25日厚生労働省発表文書)。この結果、1社において石綿含有製品を取り扱っていたことが判明しました。(別添1参照)

2.上記の自動車関連事業者が石綿含有製品を扱っていた事案の他にも、設備工事業者が石綿含有製品を違法と認識しながら扱っていた事案が判明しており、このように労働安全衛生法に違反して石綿含有製品等が輸入され、あるいは譲渡、提供されている事案が昨年末から相次いで発覚しているところです。(別添2参照)

3.これらの事案では、関係事業者が石綿含有製品の回収を行うこととしているほか、設備に組み込まれ直ちに飛散等のおそれのないものについても点検・交換の際の法令遵守を関係事業者に対し指導したところです。
厚生労働省としては、今後、同様の問題が起こらないよう、関係事業者団体に対して、石綿含有製品等の製造等の全面禁止の徹底について、本日改めて要請いたしました。(別添3参照)




関 連 条 文
○ 労働安全衛生法(抄)
・第55条(製造等の禁止)
 黄りんマッチ、ベンジジン、ベンジジンを含有する製剤その他労働者に重度の健康障害を生ずる物で、政令で定めるものは、製造し、輸入し、譲渡し、提供し、又は使用してはならない。
(以下略)


○ 労働安全衛生法施行令(抄)
・第16条(製造等が禁止される有害物等)
 法第55条の政令で定める物は、次のとおりとする。
4 石綿
9 第2号、第3号若しくは第5号から第7号までに掲げる物をその重量の1%を超えて含有し、又は第4号に掲げる物をその重量の0.1%を超えて含有する製剤その他の物

別添1 スズキ(株)湖西工場(静岡県湖西市所在)(PDF:100KB)
別添2 平成21年12月以降 石綿含有製品等の製造等が発覚した事案(PDF:78KB)
別添3 石綿含有製品等の製造、輸入、譲渡、提供又は使用の禁止の徹底について(PDF:173KB)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。