スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午後の紅茶と陰謀論(61)『Thrive』

  • 2012/05/05(土) 12:13:52

金融資本家たちによる世界支配の構造に切り込む
映画『Thrive』(スライヴ)=「大いなる目覚め」

世界と生命、経済の謎を解き明かす「地球磁場」動画。
プラズマUFOの話は、最近読んだ元自衛隊陸将補・池田整治のマインドコントロール陰謀論にでてくる逸話と同じで、興味深い。

テスラの系譜のフリーエネルギー開発への弾圧の歴史や銀行の仕組みなど、陰謀論ではおなじみのワンワールドへの階段を、飽きさせないで分かりやすく描いている。

しかし、軌道上から衛星プラズマレーザーで人間単位で照射破壊できるというような話もでてくるが、もちろんその検証はない。




個人的には、ガンジー、キング牧師の非暴力無抵抗主義のススメで、話を終えるあたりに、楽天家の無責任さを感じるが、以下のような感想が一般的のようだ。現在の陰謀論者の世界観がよくわかる一作ともいえる。



ーーーーーーー
http://homepage3.nifty.com/gaia-as/current11.12a.html
「11 11 11(11年11月11日)」にリリースされた「映画Thrive(スライヴ:すべての人類が等しく「繁栄」する意味を込めている)」ほど、全人類に衝撃を与える映画の登場は、歴史上で初めてのことではないでしょうか。

老若男女を問わずどんな人でも、日々の生活のあらゆる局面に、この映画が提起するテーマや諸問題が大きく関係していることを感じないわけにはいかないでしょう。

これを造ったFoster Gamble(フォスター・ギャンブル)の生い立ちは、有名な多国籍企業「P&G(Procter&Gamble:プロクター・アンド・ギャンブル)」の御曹子ですが、その位置に安住せず別の道を歩んだようです。

この映画には、「P&G」からは一銭の資金も出ていないとのこと。それは間違いないでしょう。もしそうなら、「P&G」の株主が黙っていないはずです。その理由は、この映画を見ればわかります。

彼はまた、真実を探求する途中で合気道の精神に共感して、15年修行し(黒帯の)3段まで進んだとのこと。それもあってか、この映画には合気道も登場します。



それはともかく、凄い映画を造ったものだと改めて思いました。

もう、「大いなる目覚め」の鍵として、「(UFO/宇宙人隠蔽についての)アメリカ政府の公式発表」などを、首を長くして待つ必要はありません。

ここには、そうした米政府発表によって期待できる以上のものがあります。

宇宙の成り立ちや時代潮流についての見識があり、私たちの世界を覆う「ヤミの支配構造」のアジェンダやメカニズム、「フリーエネルギー技術」圧殺の歴史など、数々の隠ぺいされてきた事実が暴露されており、また好ましい未来を共同創造するための提案があります。

これを視聴して、パッチリ目が覚めない人はいないでしょう。

ちなみに、アイマスクを持ち上げて光が射してくる方向を片目で見ているThriveのシンボル画像は、「(人類の現状からの)目覚め」を意味しています。
ーーーーーーーーーー

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【午後の紅茶と陰謀論(61)『Thrive』】

金融資本家たちによる世界支配の構造に切り込む映画『Thrive』(スライヴ)=「大いなる目覚め」世界と生命、経済の謎を解き明かす「地球磁場」動画。プラズマUFOの話は、最近読んだ元自衛隊陸将補・池田整治のマインドコントロール陰謀論にでてくる逸話と同じで、興味深?...

  • From: まとめwoネタ速neo |
  • 2012/05/05(土) 12:23:16

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。