スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の戦闘機大全譲ります

  • 2012/05/05(土) 22:57:18

まるでプラモデル!自衛隊カレーの戦闘機パッケージがカッコイイ
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2003821&media_id=62


このアイディアはあり。
マニアやスーパーで男子児童の視線を釘づけにするだろ。

でも、小松崎茂先生の絵なら、もっとそそられる。

そして、普及させるには、800円では、値段がちょっと高いかな。
体験談目的で一度購入してもリピートできる金額ではない。


うちでもヨガ犬、ヨガ猫の商品開発もしなきゃいけないが、やはり最初は、リスクのないチョコ、饅頭、クッキーなどのスーベニール商品で、@100~500円程度のギフトだろうなぁ・・・



●僕も昔、ソ連崩壊の頃、米ソ宇宙飛行士組合(笑)顧問というとても怪しいロシア外交コンサル(当時のゴルバチョフの通訳などをしていた)のH氏から、こういうミリタリ系商材を死ぬほど売り込まれた経験がある。

それこそ、宇宙食から軍艦、廃棄核ミサイルまでで、実際、東京ドームのプロモーションイベント担当だったので、廃棄して処分に困っていたウラジオストック郊外に野ざらしになっていたICBM大陸間弾道弾の外郭だけを、「核廃棄=平和」目的の展示会用に輸入しようと、真剣に当時の通産大臣だったハシリュウの秘書の協力も得て奔走したことがある。


結局、直径だけで5メートルもあり、晴海ふ頭からドームまで移動する方法が輪切りにしても搭載車両がないので、ヘリしかないことがわかり断念したが、実現していたら、「世界初の核ミサイル展示」という画期的なイベントになっていただろう。

だって、軍人以外で誰もこの地球の運命を握る「核ミサイル=神」を直に観たひとはいないので、核廃絶を国策としている日本においては、いろんな意味で世界へのアピールになるから、スポンサーもあつめやすかったのだ。


15800633.jpg



●ちなみに、うちでは世界の戦闘機大全(輸入版)定価35,000円を80%オフで販売している。残部希少。
http://clubhouse.shop-pro.jp/?pid=15800633

The Great Book of World War II Airplanes (英語版) 世界的な伝説の大著を80%オフ!

7,980円(税380円)

手に取ればみんながほしくなる豪華で重厚な人気書籍。世界的天才航空機イラストレーター渡辺利久による、400点以上ものフルカラー画面、大判(B4全変)632ページに及ぶ大著。全世界の航空機ファンを魅了したベストセラーイラスト集全12冊を合本。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。