スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午後の陰謀論(105)戦後属領体制の父

  • 2012/10/20(土) 18:41:06

2012年08月11日08:39 「ZIP!」のZIPPEI兄弟が急死、飼い主の車のエアコン止まり熱中症に。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2115290&media_id=84

午後の紅茶と陰謀論(105)戦後属領体制の父



さっき、キャンプに行く前の子供たちから聞いた。

昨夜の神宮の花火大会を、いつもとちがい地上からではなく、大勢で近所のビルの屋上から近距離で鑑賞できて、今までちゃんと見えなかった(球場内のひとしかみえない)下の部分もちゃんと把握でき、20年ぶりに満足して寝た矢先のこと・・・


早起きしてみたサッカーが銅メダルを逃したうえに、このニュース・・


「もう、ジッペイともこみちだけが、朝の生きがいだったのに・・・」
とうなだれる奥さん。


じっぺい兄弟犬の声帯除去措置の件は、前から、家族の間では話題になっていたけど、今回の事件があったあとでは、飼い主側に悪い感情をもつひとが少なくないだろう。



●朝から犬とイケメンで視聴率を勝ちにいく、日テレだけを批判はしないが、何度でもいうが、もっと報道すべきことはある。

なごみ系番組そのものは、いいのだが、いまの日本には、数千件を超える論争、大問題が存在していることを、電波放映利権を独占する許認可マスコミは忘れるべきではない。

ヒロシマや長崎の67年も続く「黒い雨認定患者問題」とか、
原子力規制委員会の人事問題・・、
非常識ないじめ問題の学校教育業界の構造的体質・・・
もはや頭が疑わしい、マスコミ大連動の消費税アップ問題・・・


とくに311以降、漫画の世界なら、とっくに正義のクーデターが起こり、その勢いで、米軍を追い出して日本再独立にもなってもおかしくないほど、日本人は怒っている。

しかし、20年ちかく続く(中曽根行革以降の日本リセット騒ぎ・・)、この日本人の怒りが、なぜ、金曜デモていどで、おさまっているのだろうか?




●日本テレビの役割は、原発産業の父でもあり、CIAのエイジェントでもあった設立者の「正力オーナーと米国占領政策」を検索してみれば、簡単にわかる。


視聴率目的の報道体制は、国民の知る権利を隠ぺいし、どうでもいいお笑い芸能ナンセンスねた、スクープ報道で、本来の放送法が規定した国民主権の憲法違反状況を補強していることは間違いない。


「国会前にアンポハンタイで、多くのひとが集まっているというが、後楽園スタジアムには、もっと多くのひとがいるじゃないか」

という迷言をのこして、ナチスのおとし子ともいえる戦後の大衆社会、マスメディア構造と劇場政治の本質をきってみせた、天下の策略家岸総理。



岸は、「最終戦争論」で再評価される満州国の生みの親の一人といえる天才石原莞爾とは、毛色の異なる秀才だった。

若いころにモスクワのコミンテルの前線細胞として革命活動をしていた東大新人会や非合法共産党から追放されたような過激派や革新派官僚エリートを満州にあつめ、明治維新ですらできなかった「人工国家」を短期に実際建設して見せた当時のスーパーエリート官僚でもある。


国家をつくり、数百万人もの移民日本人を大陸、半島に置き去りにして見殺し、戦後の秩序と称して天皇を担保に、戦犯ー絞首刑からまぬがれ、逆に日米軍事体制の礎を、米英国派の吉田と構築した。


せっかく、岸・正力たち「戦後属領体制の父」が、緻密に構築してきた洗脳社会なんだから・・もっと、ちゃんといこうよw


巨人戦がだめなら、
朝から声帯をぬかれた暑さに弱いロシア犬種をテレビにだして、

「暑くて、もじゃもじゃ、たいへんだね~」
と奥さんや子供たちにいわせておけば、日本は当面、まだ安泰だったのかもしれないが、肝心の犬を車に閉じ込めて、殺しちゃだめだろう。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • From: |
  • 2012/10/22(月) 18:06:46

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。