スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午後の陰謀論(107)格差内戦へ

  • 2012/10/20(土) 22:23:00

■生活保護断られ、区役所7階から「死んでやる」
(読売新聞 - 08月27日 20:07)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2133954&media_id=20

午後の紅茶と陰謀論(107)格差内戦へ


馬鹿ばかりだ・・・w

生保支給要件を満たさないで、飛び降りようとする、働くビンボーも馬鹿ならば、それを批判するビンボー自慢の輩も馬鹿だ。


無知は怖い。
オツムが弱いのかもしれない。


ここの書き込みをみていると、大半が安易な生保制度批判派だ。

ワークシエアリングもできないで、非正規年収二百万円クラスを労働貴族公務員七百万円支配層が、あごでこきつかう、オーウエルが予言していた1984的な「洗脳クラス化構造」は、もう完成の領域に達しているといえるのではないだろうか。


日本の労働格差。平均値の実態(国税庁、総務省、厚生労働省06年 単位・万円)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
        平均年収   退職金  ボーナス 月額年金
国家公務員   628     2738   215    32 
地方公務員   743     3000 (215) (32)
大企業     660     1660    160    22
中小企業    320     720     43    14
フリーター    170      0    0     6(50%が無年金0)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
http://luna555.blog19.fc2.com/blog-category-2.html


この統計をみて、憤りを感じたビンボー人は、政府を包囲して官庁に突撃し資金を奪い、公的資本の正しい再分配のため、政府をリセットする権利を憲法で保障されている。


そこまでのラジカルな行動ができなければ、憲法が保障した生保支給なりを請求し、「公務員世帯の70%の最低生活費を保障」してもらえばいいのだ。

そういうことにたけた在日外国人を批判する前に、有資格者は権利を要求すればいいだけなのだ。






インターナショナルには左派も右派もない。
古いアナキストのように国家を否定するのではなく、この手に回収し、掌握すべきだ。



潜在対象の2000万人のうち、申請を試みた世帯が800万人、受給できた世帯が約220万人。

普通に、みんなが申請して運動を強化すれば、事実上、政府は崩壊する。
1868、1945のように、そこから、リセットすればいいだけのシンプルなことが、今の日本人にはできない。


だから、サンフランシスコ条約=911偽装テロ体制の米中朝鮮の洗脳隷属状態からいつまでもぬけ出せないのだ。



Himno Anarquista - Hijos Del Pueblo
日本人は、反原発デモでも大人しいが、我々は311で殺されかけたのだ。
素直に怒りを表明するラテン系に見習うべきだろ



●当時の厚生省の自営系の年金問題に関与したり、知人のデザイナーの自殺未遂がきっかけで、僕が奥さんと03年にまとめた「プチ生活保護のススメ」(現改定版)は、在庫切れで現在新刊入手はできなくなったが(増刷はしないで、電子版に移行か検討中)

日本の保護率は英国などと比べても70%以上少ないと分析している。



本来貧困で不足分を貰えるはずの国民(全世帯の16%程度が、最低生活基準以下)が知識不足で申請していないから、こうした「俺より生保受給者のほうが生活レベルが高い、フザケルナ!」

ビンボーはもっとはたらけ~!きいきい~w
という安直な近親嫌悪な生保差別が強化されるのだ。


公務員のように、本来貰える公的資金を拒否し、極貧のうちに婚姻もできないで、子孫も残せないで、死んでいく馬鹿。


ソーシャルネットに50億人が繋がろうとしている時代に
高度情報化社会が産み落とした、新たな「洗脳奴隷の誕生」が、ここにある。


少しは、自分の頭で「国家というものの機能」を考えてみろ。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●「このままでは暮らしていけない」全ての人に。 
働きながら、短期間・不足分のみのプチ活用推奨!

書籍「プチ生活保護のススメ改訂版」
http://www.amazon.co.jp/dp/490649644X

震災、原発恐慌で申請者が殺到。受給者200万人! 
しかし、受給はカンタンではありません。
競争率4倍、条件をクリアする対策とノウハウが必要です。

基準は住宅補助を含めて3人世帯@27万円、1人@13万円前後。

差額がほしいが、どうしていいかわからない人へ!
自分でできる申請書つきマニュアル改訂版
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。