スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午後の紅茶と陰謀論(114)フクシマ虐待

  • 2012/10/20(土) 22:52:04

復興予算「なぜ国立競技場に」
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=2181184

午後の紅茶と陰謀論(114)フクシマ虐待

パニックを恐れてか、マスコミ報道がないので、正確なところがわからないが、事実なら首都圏でもそれなりの被害が出ていることになる。



うちの長女は、315の首都汚染の日は、自宅待機にさせたので、直接被ばくはしてなかったと思うが、2週間後、顎をはらせたので、おたふくかぜか甲状腺異常疑いで病院で採血までとったが、原因不明だった。女児はこの時期鼻血をよくだしていた。

疑えば、きりがないが、表面的にはまったく健康体なので、それだけの理由で、職場環境変更や転校、避難移住とはならないことは、この日記でも再三書いてきた・・・。


Mari Takenouchi‏@mariscontact
●壮大な虐待だ。今福島で起きていることは。児童30万人の甲状腺検査を施行し、4割5割もの異常が見つかっても、疎開もさせないで被曝させ続ける。虐待もいいところだ。私は許さない。今の日本政府、それに群がる御用医師、御用学者、御用組織、御用市民活動家、絶対に許さない。



http://www.asyura2.com/12/genpatu25/msg/552.html
●福島の妊婦 7人中5人がダウン症や奇形児、流産の恐怖

彼女の住んでいた福島県の○○市の、勤務先である病院で、
7人の妊婦のうち、5人の胎児が流産、ダウン症、奇形児だったそうです。

*画像(グロ注意)
http://livedoor.blogimg.jp/ppp_666/imgs/6/3/63680bad.jpg


7人の内訳

・ダウン症 2人
・指が6本の子供  1人
・無脳症 1人
・流産  1人

他2名は当時の段階でまだ4ヶ月とかなので経過観察中。

同じ病院内でこんな確率はあり得ない、と恐怖を感じたそうです。
専門家たちの経験と知識で、やはり放射能の影響としか考えられないとの結論だったようです。




103 :地震雷火事名無し(福岡県):2012/10/07(日) 09:07:49.80 ID:4e5LahhL0
●福島の男児の48.6%、女児55.3%に甲状腺の異常が確認
福島県の県民健康管理調査検討委員会(座長・山下俊一福島県
立医大副学長)が2012年9月11日に発表した第三回甲状腺検査
の結果が、ネット上で物議を醸している。小学生・中学生女児の
過半数に甲状腺の結節やのう胞が確認されたというのだ。マス
コミ各社ではほとんど報じられていない。過半数の女児に異常。
昨年発生した福島第一原発事故を受け、福島県内では子どもた
ちへの影響が心配されている。特に放射性ヨードによる被害は
甲状腺に現れやすいため、県内では今年も検査がおこなわれた
。8月24日までの結果をとりまとめた資料によると、受診した子ど
もは42,060人。このうち、6歳~10歳では男児50.2%、女児54.1%に
、11歳~15歳では男児48.6%、女児55.3%に甲状腺の異常が確認
された。子どもへの影響は昨年より悪化。昨年おこなわれた検
査では、結節、のう胞が見つかった子どもは、全体の35.1%だっ
た。今年はこれが43.1%と大幅に悪化している。座長を務める山
下教授が2000年に長崎県でおこなった調査では、のう胞が見つ
かった子どもはわずか0.8%だった。チェルノブイリ事故から5~1
0年を経たチェルノブイリ地域でも、子どもたちののう胞は0.5%と
報告されている。福島県内で子どもたちが直面している事態の
深刻さがうかがえるデータだが、マスコミ各社はほとんど報じて
いない。たぶん福島県の近辺の県の児童や大人も含めて同じ
甲状腺の異常が発生していると思われる。




125 :地震雷火事名無し(庭):2012/10/07(日) 14:04:45.96 ID:CYGylER70
>>123
731部隊が、おぞましい人体実験のデータをアメリカに渡す見返りに無罪放免となった 。福島で疫学調査という人体実験のデータはアメリカへ渡る約束なのだろう。



ーーーーーーーーーーーーーーーーー
【悲報】 東電「ちょっとホームセンターでバッテリー買ってくる」→「あ、お金がない」→原発爆発 ★3
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1349539149/

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。