スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

給付金よりベーシック・ インカム議論を

  • 2008/11/14(金) 00:47:54

MIXI転載

給付金支給は「年度内」に修正
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=652460&media_id=4

採用するなら、似たものではなくベーシックインカムをちゃんとやろうぜ。 今のままなら、単なる選挙対策(笑)

http://luna555.blog19.fc2.com/blog-category-2.html
4、「争いのないエンデ村の夢。最低国民生活保障・月額5~8万円クーポン一律支給」

・制度矛盾の根源=「国民年金・失業保険・生活保護費の一元化」 。各種保障手当て継続。
ーー国民個人の基本所得保障制度「ベーシック・ インカム」(BI)導入。
無条件に国民一律月額5~8万円クーポン支給(日本国籍限定、金利なし、ゲゼル型期間減価国民通貨の支給) 。与信代価に市民政府サードでの相互労務報酬説。


ーーーーーーーーーーー
・質問
BIというのは興味深い制度ですが、財源はどうなるんですか?
1億2000万人に月5万(年60万)支給するとすると、
クーポンの発行、配布、受け取った店舗が行う換金等に必要な経費を
考慮しなくても、72兆円必要です。

現在の国の税収総額を軽く超える額なんですが。。。
税率を2倍にするとか?
徴収/配布にかなり無駄なコストがかかる気がします。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
月光 2008年11月06日 23:57

以下、あくまで概算です

・現在の一般会計88兆円、特別会計、地方政府財務を含む政府系予算 330兆円。GDPの実に55%が政府系支出です。

・仮に月額@5万円支給ならば、72兆円は、その330兆円の22%程度です。先に優先支給して、残った費用で政府会計を組みます。
年間@100万円=130兆円程度出して、労働市場の人件費競争に最低保障提供で対応すべきでしょう。(それでも、40%程度)

・これで公務員人件費、特殊法人も大幅に削減可能ですし、政府は、最低限必要なコストで運営します。

・日銀券を使うならば、税収的には、所得税の加算は不可避でしょうが、年度末に減額消滅する「単年度政府通貨=ベーシックインカム・クーポン」を中央銀行(日銀)を使わないで直接流通管理すれば、債務を残さないで、悪性インフレ化しない固定経済成長需要を政府が与信創造できます。

日銀券を使用しないので、分かりにくいですが、国債=国民の借金にはしないで通貨政策で可能でしょう。

詳しくは、ケインズ、ゲゼル、ベルナールリエター(地域通貨論)あたりの通貨政策理論を参照です。

ーーーーーーーーーーー
質問
年度末には無価値になるってことですよね?
消費者側が使わなかったら無価値になるのはよいとして、
商品やサービスの提供と引き換えにその通貨を受け取る事業者はどうなるんです?
単純に年度末に無価値になる通貨なんて、ババ抜きのババみたいなもので、
そんなのと引き換えに商品やサービスを提供する事業者はないと思います。


ーーーーーーーーーーー
いまの中央銀行の通貨システムは、金本位にかわる担保もなく
通貨の増大分だけ、将来の国民への徴税・返済負担が与信条件になっています。

100通貨を貰うと後で、110通貨分を返還する(利子10通貨)ルール。
基本は「椅子取りゲーム」なので、誰かが常にひどいめにあいます。金利のために労働する競争型モデル(経済成長ともいう)です。

日銀券の増加=国債、借金、金利増加なので、インフレ刺激策は、すべて国民経済の徴税です。定期的にこの通貨ループは、破綻する運命です。金融資本主義=労働義務とはもともとそういうルールです。


>単純に年度末に無価値になる通貨なんて、ババ抜きのババみたいなもので、
そんなのと引き換えに商品やサービスを提供する事業者はないと思います。

無価値になるから、速度の早いループが期待されます。
ストックに意味はないので、百貨店の商品券、割引クーポンと同じで「使用価値があると思う人」は有効に使います。価値がないと思い、使用しない人は、その市場ループに参加しないだけです。

期限付き三越の商品券よりも円のほうが信用があると思うのは自由ですが、政府が毎月10万円分も商品券=政府通貨をくれるなら、信用は低くはないし、使い道は大きいでしょう。

たとえば、日銀券調達の弱い中小企業は人件費の支払いに充てるためにかき集め、顧客力の弱いネット店舗、飲み屋、ピンク産業は、クーポン歓迎をこぞってうちだすでしょう。

日銀券はひとに貸しても金利がつくが、このクーポンは逆なので、通貨の回転、剰余係数は従来にないものになり、景気を刺激します。1930年代にスイスの街で使用されたゲゼルの減価クーポン(労働証明書)は、高い失業率を短期で消滅させたそうです。


>やはり交換に必要な通常通貨分の予算手当ては必要でしょう。

なぜ?
政府通貨と日銀券の交換ですか?
どちらも政府系通貨ですよ。

しかも、日銀券は、今回の米経済危機で、連日2兆円、ひと月で数10兆円も米連邦に貸し付けられたという怪しいシステム(担保なんかなしでしょう)ですよ。

最初は並列の関係だけど、与信でいうと、「政府直接通貨」が登場すれば、日銀券は将来廃止もありうるのでいずれ価値が弱くなるでしょう。

いまの米連邦政府のだすFRBのドル札には、担保はありません。国債にすら与信されていないし、統計自体がないのが現実です。ここ2ヶ月で、500兆円分増刷した説さえあります。

では、なぜ暴落しないのか?

ドル=原油決済通貨だからという説もありますが、誰も合理的な説明はできない。世界には6京円という規模のマネーが流通しているらしいのですが、その価値を担保するものは、この惑星にはありません。金本位制度は、ニクソン時代に消滅していますからね。

いまは、1944年のブルトンウッズ体制終焉のときで、ドル基軸に代わる模索の時期ですから、「金利を生まない日本政府通貨」登場はあたらしい使用価値を生むと思いますよ。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。