スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻視映像?あれは何?

  • 2011/01/06(木) 03:54:54

頭をぶつけた時に見えるあの☆について
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1249611&media_id=58

それより、うとうとしている時に見えるモノクロの映像、あれは何?

光景は人だったり、街頭風景、空からみた高速道路、峡谷、海岸など、とりとめもないモンタージュのような画像が多い。

夢でも現実でもない、その中間の変性意識のときなので、自分で画像を作り出すような感じではなく、ただ凝視すると動画としてリアルにみえてくるのだ。


エッチ夢の場合は、朦朧としながらも自分でなにか創作している感じがあるので、それとは全然違う。


弟が10代のころ、雑誌でみた夢見技法を試したら、簡単に幽体離脱ができるようになり、夜だけでなく、昼間の教室でも魂?が抜け出すようになり、苦労したらしい。(夢見の世界には、方々から人が集まってくるらしいが、詳細はまたどこかで・・・笑) 


両親とも、いわゆる心霊写真をとってしまう体質。
(テレビでやってるような次元ではく、空襲跡地で明瞭に防空頭巾の親子が空中を走っているような代物。父は興味がないらしいが、一度アルバムを調べたら、凄かった!)


特に夢で自宅の火災を予言的中させた(先祖が出てきて警告!)母方はなんかおかしいw。
曾祖父に四国の剣山の修験道の凄いひと(動物と会話をしていたらしい)がいたので、そういう危ない体質があるのかもしれないなぁ。

(ちなみに父方は、渡来最古の吉備秦氏直系。赤穂、山代開拓移民の前の380年ごろにシルクロードの入り口、秦の故地河西より亡命植民してる)


自分も子供のころ、母の実家にいくと必ず発熱をした。アマテラス、鹿のいる春日神社?の掛け軸のある居間で寝ると、その中にはいってしまい、変なかんじだった。(絵画は凝視してると中にはいってしまう)

聞いたことのないどこかの言語もどきで自動会話をするというようなこともあった。もちろん、夢の中(たぶん)。本人は会話の内容も言語も理解できないが、自動的に口だけが会話をしている感じ。


うちでは、そういうこともあり霊とかオカルト系には、冷たい。
子供がそういう方向に流れないように注意しているし、へんに覚醒などしてしまったら、大変面倒なことになることが予見されるからだ。
(誤解ある表現かもしれないが、不安定になり、病院の世話になりたくないからだ・・・)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。