スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憲法前文と領土回復作戦

  • 2011/02/14(月) 05:37:44

■ロシア、北方領土の軍備増強…実効支配アピール
(読売新聞 - 02月11日 21:57)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1500379&media_id=20


2010年のロシア国内のテロの発生数は786回だとか。
中国は毎日800件の農民暴動が起こる国、餓死者は毎日何人だ?
米国は国家予算の半分を詐欺戦争に浪費する国、
911偽装テロで自国民を巻き込む謀略も平気だぜ。

そんな基地外国家連合軍=国連に虐げられて65年。



●日本が今すぐになすべきことは、憲法前文に従ったまっとうな主権領土回復だろう。

9条議論の以前に、憲法にしがたい、黙って自衛隊青年将校ら「独立委員会」指揮下の部隊が議会をプチ占拠し、世界を揺るがし、覚醒した超党派の国民戦線議会が、主権領土から米軍、韓国軍、ロシア軍と その傀儡の売国奴勢力を追い出せばいいだけ。

リセットされた「独立日本2011」と武力紛争を起こせる国家が存在するわけがない。モスクワ、ソウルに危険な軍事回復した日本との武力紛争に対応できる勢力がいるとは思えない。それは北京、ワシントンも同様だろう。


アフガンやイラク、ベトナム戦争と日本はわけが違う。

しかし問題は米国だ。



●9条の条文
「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を 解決する手段としては、永久にこれを放棄する」と

竹島、北方四島回復は矛盾しない。
そもそも過去に武力行使の国際紛争はなく、一方的に日本が主権侵害、占領されているだけ。

日本への侵略に日米安保はまったく機能していないどころか、米国による追認になっている。(旧連合軍の仲間内で、本土は米国がみてるのだから、北方4諸島ほかくらい他国管理でいいだろうという手合いか)
実際、米軍がすでに侵略された日本領土の回復のために武力行使を計画したことは一度もない。


つまり、9条的には軍事紛争なしで米国同意の「通告」のみで、日米で領土回復を実行すればベストだし、米国が同意しなければ、それを理由に「領土保全の日本の単独軍事行動」を宣言し、米軍に軍事主権を通告し、電波管理法、航空空域制限法を修正し、米軍から使用権を回収すればいいのだ。
(日本の国家主権は米軍の限定的付与のもと発生している)


そして協議が長期化し、 自衛隊行動の軍事紛争になれば、独立国家の憲法全体と矛盾するとして、欺瞞的な9条を削除すればいいだけだ。

そのときやっと、戦後日本を規定した米ソ連合軍左派勢力からなる「平和憲法9条の戦略的欺瞞」と同時に「日米安保」の呪いが解けるだろう。



●1945体制の連合軍支配=米軍進駐の終焉。

では、どうすれば日本独立の証明がなされるか?

軍事主権の回復だろう。

進駐軍=在日米軍を領土から追放するためのロードマップは、短期間で実行する。韓国、フィリピンのように軍事主権の回復は、マスコミの開放にもつながるので、「自衛隊とマスコミの正しい関係」、検察、公安警察の掌握は政権で最重要課題だ。近代警察の父、フーシェは軍事のナポレオンにまさり、外交のタレーランさえ監視されるからだ。

ありえないことだが、在日米軍が帰還に抵抗するなら、空母は封鎖、 幹部軍人家族ともども千人規模で逮捕拘束すればいい。それくらいの警察力はあるぜ(笑)
その実況が世界に流れれば、ドル体制自体が崩壊。米軍は機能不全で世界が一時麻痺してしまうだろう。



世界1位の米国が、2位の日本からの退去。

世界史における米国帝国の終焉、混沌の多極化のはじまりだ。

ニュートリノ核兵器消滅計画

  • 2011/02/14(月) 05:33:57

■首相の「暴挙」発言は国民の声…前原外相が説明
(読売新聞 - 02月12日 01:17)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1500426&media_id=20

なめられてますね。

「どこまで日本側が我慢できるか、挑発、軍備増強しちゃおうぜ」


日米安保が揺らいでるとみるや、中露のこの態度には、本来は、ぴしゃと軍事的防衛対応するしかないのです。

単独で自衛隊を動かすまでの準備がないのは、主権国家として最悪です。
侵略軍が増派するといってるのですから、少なくとも海上自衛隊は艦隊をだし、示威行為を訴求すべきでしょう。
なんのための防衛組織なのか? 

札幌雪まつりで、核ミサイルを配備されている仮想敵国の首府天安門を造営して感謝されたとか(笑)
税金の無駄使いというか、馬鹿まるだしです。


●日本ほどの先進国が、領土侵略を放置していることは、近代国家史の謎でしょう。2000年の日本史の中で、これほど外国に蹂躙された時代はないかもしれません。
(連合軍の属国状態であるという認知さえ、マスコミの報道封鎖と洗脳でスポイルされていますからね・・・・。)


米軍は、日本への侵略への抗議、対抗に軍事協力しないどころか、中露韓国側の意見を聞くとして中立的立場にたつそぶりすらしています(竹島問題)。

そういう意味で、冷戦が終焉して20年、日米安保は、すでにマイナス要素が増大しているのは自明で、それが理解できていて軍事独立できない日本を世界は「米の犬」として馬鹿にし、嘗めているのです。

なぜなら、世界2位の日本が凶器を振り回す米軍の世界帝国展開を支えて担保しているからで、平和憲法9条があるかぎり、条件さえ整備されれば、侵略はし放題だというシグナルを戦後65年送り続けているからです。


日本は米軍に利用されすぎです。

主権国家として軍事独立するのかしないのか?
核武装するのかしないのか?


しないならば、どうやって核兵器ミサイルで包囲されたこの状況から抜け出し、憲法の理想を実現させていくのか?

ロードマップの策定があるならば、もう公表すべきでしょう。



●中島彰著「全核兵器消滅計画」講談社

ニュートリノを放射することで核兵器は無効にできる超兵器計画を日本のトップクラスの物理科学者重鎮が公表し、中嶋さんという日経科学記者が著者になって刊行されています。


http://alternativereport1.seesaa.net/article/49249551.html

「地球の裏側からニュートリノを一定量、地球の向こう側にある核ミサイルに向けて発射すると、ニュートリノは地球のマグマや地殻をスムーズに通過し、さらに軍事施設の強固な警備体制も通過し核ミサイルの中に侵入する。
計算的に侵入時にニュートリノが中性子に変化するよう設定しておく事はある意味単純計算の問題であり、ミサイルに入り込んだニュートリノ=中性子は核兵器のウラニウム、プルトニウムと反応を起こし、小規模の核爆発を順次起こす。
ウラニウム等は「一斉」に爆発しなければ殺人兵器としての爆発力は手に入らない。ニュートリノにより順次、小爆発を起こした核兵器は「既に爆発済」になり、兵器としては使用不可になる」

核兵器消滅。平和的ニュートリノ砲

  • 2011/01/07(金) 02:43:22

退会処分前に書いていたが、ミクシイに強制消去で紛失 (再録)


●9条により、軍事核はもたないが、「非戦的」軍事抑制兵器開発はありなのだから、某理研トップが提唱しているマントルすら抜けて地球上どこにでも宇宙線をあてて設置核兵器を誘爆発させる「ニュートリノ掃射兵器」などは、かなり現実的な核抑止力になるだろう。

所有=自爆核汚染(笑)


・最近、報道が出ないけどLHCでブラックホール生成実験をしてるし、映画「天使と悪魔」じゃないけど、マイクロブラックホールを発生させて兵器とする構想は大昔からあるらしいし。
http://lhcatlasj.exblog.jp/i3/


・東京大学教授 早野龍五 CERN研究所における
反物質研究グループのリーダー
http://nucl.phys.s.u-tokyo.ac.jp/hayano/
「反物質一グラムが有するエネルギーは ... ヒロシマに投下されたものとほぼ等しい」
ただし、兵器使用が可能な量を準備できないらしい・・・


2010/02/25(木)
 素粒子ニュートリノの秘密に迫る「T2K(Tokai to Kamioka)実験」で、
大強度陽子加速器施設(J―PARC、茨城県東海村)から射出したニュートリノを、
295キロ・メートル離れた東大宇宙線研究所の観測施設
「スーパーカミオカンデ」(岐阜県飛騨市神岡町)で、観測することに初めて成功した。
「スーパーカミオカンデでJ-PARC加速器からのニュートリノの初検出に成功」
http://www.kek.jp/ja/news/press/2010/T2KfirstEvent.html



ーーーーーーーーーーー某氏のブログより

「物理学者たちは恐ろしい原爆を作り上げた、物理学者としてこれを消し去る責任がある」
こう語るのが理論物理学者・菅原寛孝氏です。

原子爆弾開発の過程で、科学者たちはある壁にぶつかりました。それが未熟爆発と呼ばれる、プルトニウムが十分に核分裂する前に小規模な爆発を起こしてしまう現象です。未熟爆発を克服して核分裂の連鎖による大爆発を可能にしたのが、爆縮レンズと呼ばれる仕組みでした。
菅原氏はこの未熟爆発に着目し、核兵器を意図的に未熟爆発させて消滅させようと考えたのです。でも、どうやって?
菅原氏の構想は、核兵器にニュートリノを発射するものです。
ニュートリノは太陽の核融合や宇宙線が大気と衝突した際に発生します。しかしニュートリノは地球をも貫通してしまう、観測の困難な素粒子です。小柴昌俊氏のノーベル賞受賞でご存知の方も多いでしょう。
このニュートリノを地球の裏側から核兵器に向けて発射し、核兵器に中性子を浴びせて未熟爆発を起こして破壊してしまおうというのです。

核兵器消滅装置に必要なニュートリノのエネルギーは1000テラev。これがどんなにとてつもない超強力エネルギーかと言いますと…
1000テラevのエネルギーを得るのに必要な粒子加速器は一周1000㎞。これを稼動する電力は5000万kw。日本の発電設備は1億9800万kwなので、瞬間的にではあっても、日本中の電力の4分の1を消費します。さらに1000㎞の巨大加速器の建設費には数兆円かかると見積もられます。
今よりも強力な超伝導磁石が使えるならば、粒子加速器の規模は60㎞、建設費は数千億円に抑えられると言いますが…
問題は規模やコストだけではありません。
中性子が、標的となった核兵器周辺にいる人間を殺傷する可能性。
未熟爆発とはいえども通常の核爆発の3%の破壊力があり、周辺への物理的損害や放射能汚染は避けられないでしょう。
そしてなにより、核兵器の所在位置の特定は難しく、標的に命中するのかという疑問。


03年5月15日付のPravda.ruの報道によれば、核弾頭はニュートリノ・ビーム(NB)で解消できる。ニュートリノの実地応用を開発したのは、日本のKEK研究所と米国ハワイ大学の物理学者らで、彼らの情報によれば、ニュートリノ砲は地球の反対側から地球を貫通して射撃できる。もうずっと前からNBを研究所から世界中の研究所へ発射する試みが行われていて、最初に実験をしたのは、日本のKEK研究所の研究者らだった。

2005年頃には「ミノス」実験で730キロ離れた地球の一地点から他の地点へNBが発射される。フェルミー研究所からミネソタにある地下研究所へ、ツェルン研究所からイタリアのグラン・サッソ研究所へ、NBが発射される。いずれも地球内部をビームが貫通する。

日本の学者らは、地球を貫通するビームのエネルギーが1000TeV(Tテラ=10の12乗。1000の数字の矛盾が指摘されている)なら、ハドロン・シャワーは目標に到達して、充填核爆弾に連鎖反応を起こす、と計算している。しかしこれはゆっくり起こる過程だから、核爆弾の爆発をもたらさないで、核燃料部分を漸次燃え尽きさせることになる。その結果、燃料の質量は核爆発に必要な臨界質量より少なくなる。学者らの言葉によれば、この過程は核物質の「蒸発」を想起させる。

 これによって、核弾頭も、老朽/廃棄核弾頭、退役原潜の核弾頭と核反応炉の核燃料、原発の核廃棄物その他も含めて、核物質一般を解消できることになる。

NHKには米軍やCIAスタッフが常駐?

  • 2011/01/07(金) 01:47:07

911テロ報道もそうだが、基本は変わっていない
これは身をもって知ったので、事実です。
命がいくつもあっても無理なので、マスコミ側も沈黙してしまうのだ。
(ただ、冷静に彼らも流れを観察し、内部闘争をしている奴もいる)


ベンジャミンからきいたが、NHKには米軍やCIAスタッフが常駐しているらしい。
例の解説委員のなぞの局内死亡事件に続き、最近も幹部解説委員が局内で自殺をした。

職員によれば、そういう犠牲者の葬儀には誰も参列しないらしい。
(厳しい世の中だね)


(5年前のコピペ)  播州赤穂47士 ◆1GFDZ1iNhA : 皇紀2665/04/02(土) 02:25:33 ID:

・昭和20年3月、東京大空襲、「 この戦争は100%負ける。」と誰でも思った。
 だけど、誰一人として声に出して言わなかった。
 大本営は大空襲の被害状況に沈黙し、当時のマスコミ(新聞・ラヂヲ)は焼け野原の大惨事を国民に知らせなかった。 

・昭和20年8月、広島長崎、「 この戦争で日本は滅ぶ。」と誰でも確信した。
 だけど、誰一人として声に出して言わなかった。
 大本営は新型爆弾投下と発表し、当時のマスコミ(新聞・ラヂヲ)は国民にそのまま垂れ流すだけだった。

・それでも帝国陸軍は、一億玉砕させても国家・国体護持のため、本土決戦を主張した。
 その大本営発表を、当時のマスコミ(新聞・ラヂヲ)は国民に そのまま伝えるだけだった。
 

当時のマスコミ(新聞・ラヂヲ) が、何故、真実を正しく報道しなかったのか?
言い訳じみた理由なんか、戦争が終わってマスコミの身の安全が保障されてから、
我々国民は、何度も 何度も 何度も 聞かされた。
   
   -------------------------------------------------------------
   『特高が怖かったから、本当の真実を報道できなかった。』
 
    じゃあ、アンタは何故、新聞社・ラヂヲ局を辞めなかった? 
    アンタが辞めていれば、少なくともアンタは国民にウソを伝えることはなかった。
    マスコミ全員が辞めていれば、マスコミはウソを国民に垂れ流すことはなかった。
--------------------------------------------------------------     

近い将来、今から何年か後のお話。
「平成17年の ある法案を、テレビ・マスコミは国民に、何故、真実を正しく報道しなかったのか?」
絶望的に陥った1億2000万の島国住民は、新しい支配者に気配りしながら、コソコソ コソコソと、
"彼ら"に脅えるように、悔しさをにじませながら、ささやき合っているでしょう。

米国が中国にハワイを割譲する日

  • 2011/01/07(金) 01:20:27

「ロシア軍侵攻」疑似ニュースでパニックに
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1141284&media_id=88
2010年03月15日再録

という話は、以前からドルを支える「債権者北京側から米不動産を担保にする密約説」が出ているので、日本は何をしてるのか、ハワイを先に押えないのか?

と心配していたら(笑)、
以前ロシア学者が「2010年アメリカは6カ国に内部分裂か 」- ウォールストリート・ジャーナルを出してきて、騒然となっていたことが判明。


かってソ連も崩壊したし、意外と日本が米軍駐留を拒否し突き放し、ドル体制崩壊のサインが出れば、あっという間にそうなるかもね。
もう、ワシントンポストの「藤田911疑惑発言」で、さんざん助けてやってる日本に喧嘩売ってるんだから、糞米国潰して、分割していいんじゃねw


空気としては冷戦崩壊の1989年ごろに最近近いのだが。


ーーーーーーーーーー
7名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/04(木) 00:27:46 ID:9obPLCc6
「アメリカは2010年崩壊する」ロシア人教授が予言:Russian Igor Panarin Says, US Will Collapse Next Year
ロシア外務省外交アカデミー国際関係学部学部長のイゴール・パナリン教授が3日火曜、キャンパスの外交官の卵たちを前に、
「アメリカの崩壊はおそらく2010年までに起こる」と語った
[要旨]
1. バラク・オバマ大統領は年内に戒厳令を発動する。
2. アメリカは2011年までに6つに分裂。
3. そのどさくさに紛れてアラスカはロシア領になる。
4. 米崩壊後はロシアと中国が世界のリーダーになる。
会場からは講師の一人が、「ロシアも今は10年来最悪の経済危機と民主主義崩壊の最中で、ロシアの終焉を予測する学者もいます。そちらの予言をもっと詳しく」と注文をつけたが、
そちらは自信たっぷりに「ロシアの崩壊は起こらん」と言い切った。
ーーーーーーーーーーーーーー

さて 本日のWall Street Journalに面白い記事が掲載されていました。
1976年以降に元KGBのアナリストとして活躍したロシアのIGOR PANARIN
教授(50歳)によれば 「米国が2010年6~7月頃に6つに分裂するであろ
う。」と分析されているとの事です。 以下要訳の続きです:
金融破綻の混乱は大量の移民を抱えている問題と相俟って来年秋頃には
モラルの崩壊から内戦様相の兆候も出始めドルの崩壊を来たす。
2010年6月末から7月初め頃にはアラスカ州がロシアに管理換えとなり米国
本土は6分割されるであろう。
45-55%の確率で米国のこのような破綻シナリオが実現する。
そして同教授の予測する米国6分割と言うのは下図の通りです。
(WSJ紙から引用):
ーーーーーーーーーーーー

●ダメリカ連邦分割図
http://blogs.yahoo.co.jp/maxmonja/28695344.html

1.カルフォルニア共和国
中国の一部、乃至は中国の影響下におかれる。

2.北中部アメリカ共和国
カナダに属するか、カナダの影響下におかれる。

3.大西洋アメリカ共和国
EUに属するかも。

4.テキサス共和国
メキシコの一部かメキシコの影響下におかれる。

番外編は、

アラスカは、ロシアへ。

ハワイは日本か中国へ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー


4名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/04(木) 00:20:35 ID:iBpCE2Pq
「SAPIO」で国際政治学者の浜田和幸氏が「乱発しまくった米国債の担保にオバマが中国にハワイを割譲する日」って論文書いてて、 その論文中に中国はアメリカ国債購入の際にアメリカの不動産を担保にする密約を結んでおり、
アメリカがデフォルトしたらアメリカの領土が貰えるみたいな事書いてた。緊急事態の際は個人の不動産や州政府の不動産や企業の土地などが連邦政府の管理下に置ける法を32の州が採択しており、
この法を拡大解釈すると、デフォルトして経済が破綻の緊急事態になったら、 その法を採択してる全てのアメリカ領が連邦政府の管理下になり、割譲する事が出来て、中国は安全保障上、ハワイ州とカリフォルニア州を欲しがってるんだって。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

5名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/04(木) 00:22:51 ID:iBpCE2Pq
揺らぐアメリカの連邦制(1)~カルフォルニア州破綻宣言!!~
揺らぐアメリカの連邦制(2)全米50州のうち、46州が財政破綻に直面
揺らぐアメリカの連邦制(3) アメリカ分裂もあり得るか?

アメリカの借金時計(1京1000兆円の根拠)
投資家ファーバー氏:増刷で「ドルは無価値に」、米経済は破たんへ

アメリカ連邦政府の借金は5500兆円!

【金融】米政府の金融支援策の総額は7兆5000億ドルで米国史上最大の支出:第二次世界大戦に費やされた全費用を上回る [08/11/27]

その後
【金融政策/米国】米政府の金融支援総額は12.8兆ドル(約1256 兆円)-昨年の国内総生産に接近

米著名投資家ソロス氏、世界金融システム崩壊、解決法なし

緊急リポートアメリカ 分裂と内戦の可能性

オバマ政権早くも危険信号かロシアが描く「アメリカ分裂」のシナリオ

アメリカ分裂!? ウォール・ストリート・ジャーナルの面白い記事

【海外】米国で州の独立を求める声高まる…米政府による州政治への干渉嫌い[09/10/13]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



"M9.7"2010年03月16日 03:41
オバマは、今年の1/11に、アメリカ10分割への布石ともいえる
【州知事評議会】創設に関する大統領令(EXECUTIVE ORDER-13528)に
サインしてますね。
http://cybervisionz.jugem.jp/?eid=151

N.W.O.の観点からいくと、 外国勢による分割ではなく
NAU(北米連合)→AU(米連合)の流れなんですけどね。。
(外国勢に分割させても"世界政府による統治"への布石にならない)

あと、実はアメリカ(ノースダコタ付近のBAKKEN)には 超巨大な油田(一説に サウジの8倍、イラクの18倍?!!/数字に差はあっても超巨大)があります。
http://www.metacafe.com/watch/1531349/bakken_home_of_the_next_big_oil_boom_cbn_com/
http://en.wikipedia.org/wiki/Bakken_Formation
http://tonto.eia.doe.gov/oog/info/twip/twiparch/090304/twipprint.html
(ですから、本当は 米のデフォルトは偽装で、周到な計画倒産&リスタートとわかります & 日本は 石油を米国債の担保にとる交渉をすべき!!)

■ ゆうちょ銀、米国債3000億円購入 民営化後で初
http://markets.nikkei.co.jp/kokunai/hotnews.aspx?id=ASFS1202U%2014032010
(↑既にやってました -無担保で- アホです売国行為は国家反逆罪です)

どちらにせよ、"米再分割"は必至のようで...

再分割時の混乱(内戦)鎮圧には "外人部隊"の注入がいわれてきましたが、
ちなみに、1/11の大統領令の後、オバマは NATOに 部隊要請をかけ、
ドイツのメルケルがそれに応えた という情報も流れています。(2/24付)

(引用)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ドイツのアンゲラ・メルケル首相が、ドイツ連邦国防省にアメリカ合衆国の中核地帯に『即時』移動するため、NATO命令の名の下に18,000人以上のドイツ連邦国防軍部隊を置くよう命令したと報告・・・

このレポートによると、メルケルはオバマの米北方面軍司令官によって、4月末に米国で銀行倒産が起こると予想される(起こるようにセットアップされる)間に、米国内で予測される内戦を勃発させないよう発令する北部命令に十分な力が備わっていないかもしれないという話をされた後に、この為ドイツ軍隊はここ二週間を過ぎた所でオバマからの緊急の嘆願を受けました。

更にこのレポートでは、米国民に対してドイツ連邦国防軍部隊がNATOによって雇われる一方、予めメルケルがアメリカ合衆国へ4月初旬に視察訪問し『自身で確かめる』よう予定・・・

オバマに、ドイツ兵士がいかなる戦闘活動(後方支援と災害救助の任務だけ)において従事する事のないよう『強調しました』。

ロシア軍事アナリストは、このレポートで20,000人以上のNATO陸軍軍隊があらゆるヨーロッパの国々から、インディアナ州州兵の『Muscatatuck Urban Training Center(MUTC)』と呼ばれるアメリカの巨大軍事施設に7週間、過去既にアメリカ合衆国に『潜入していた』とさらに述べています。
http://www.mutc.in.ng.mil/

http://www.whatdoesitmean.com/index1342.htm
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一説に、whatdoesitmean.comは CIAの諜報サイトだとの指摘もあるようですし、我々としては 事の成り行きを見守るしかないんですけどね

>米国内で予測される内戦を勃発させないよう発令する北部命令に十分な力が備わっていないかもしれないという話をされた後に、この為ドイツ軍隊はここ二週間を過ぎた所でオバマからの緊急の嘆願を受けました。


これは、米軍が分裂状態で統制ができないので、NATO軍=独軍にオバマ派の抑止力として極秘派遣してくれと要請したということ?


革命、内戦直前に、たいてい外国軍が干渉してくる事実は歴史の教訓だから、面白いストーリーだと思うけど・・・・。


フランス革命直前に、国王ルイ16世がプロシア外人部隊にパリを包囲させたことがきっかけで、市民が緊張し、武器の火薬を先に差し押さえるためにバスチーユ牢獄急襲事件がおこり、結果としてあっというまに予期せぬ革命が勃発した。確か、即日、パリ市民は市長と防衛隊フランス軍将軍の首を切り落とし、凱旋行進をしてフランス革命が開始されたはず・・・。

その段階では、のちに革命の主役になっていくロベスピエールもナポレオンもまだ蚊帳の外・・・。

レーニン、トロツキーひきいるロシア11月革命も、直前までケレンスキー2月革命委員会臨時政府に弾圧されて、地下に逃げて負けていた。
ボリシェヴィキと社会革命党左派の武装蜂起、冬宮攻撃は、けっこうやけのやんぱちみたいな話なんだよね。

ユダヤさんは、混乱と革命が好きだよね。


今回もほぼ確実にそれを準備してるような気がする。
鳩山、藤田ラインの先のワシントンポスト記事も、みょうにひっかかるんだよなぁ・・・w

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。