スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイフで切ったように夏が終わる。

  • 2011/10/07(金) 11:37:00

水嶋ヒロが女性モデル!? としてNumero TOKYOに登場
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1763704&media_id=63


ナイフで切ったように夏が終わる。


誰のコピーだったっけ?
1984年、ヒロ君が生まれた頃の名作。

パルコかカネボウ・・あたりの・・・



若手男性陣のなかでは、わりと好きなんだけどね。


・・・まるで、人気少女漫画の「海月姫」のパクリみたいで w
こういうのもだめじゃないけど、今は、時代的に無意味だよ。

ガガとかクボツカなら、パフォーマンスでは、どういう視線をもってるか・・・

生きのこって文化的センスを訴求するなら、ちょっと空気読んで、311や福島のコドモたちのことを語るくらいの腰の据わりがないと、底の浅い商業プロモートのステージどまりでは、いずれ飽きて相手にされなくなるよ。




ボードレーヌを読み、ランボーを謳い、

そして911や311の現代史の謎に戦慄し、目覚めぬ人に怒れ。


そういう役者が、今の日本には必要なんだよ

生ドリフみた。お嬢さんも同席!

  • 2011/03/03(木) 06:22:52

加藤茶が芸能生活50周年 いかりやさん他界後ドリフ4人が初コント
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1519914&media_id=54

いってきました。生ドリフ!

高木ブーさん、ラテンうますぎw
ひさしぶりの「ちょっとだけよ~コント」にも笑えたし、子供のころ、あれだけ崇拝していた加藤さんの芸能50周年の席上に自分がいるというのも、なんだか変な感じだ。

小泉孝太郎も同じようなコメントしてたなw

蜀咏悄_convert_20110303062127



いや~よかった~。

たくさんの芸能人、政治家、スポーツ、業界人が結集していました。総勢900名弱。

開発中の加トちゃんゲームの関係で、赤プリでフルコース食べてきたわけだが、最後のサプライズに登場した加藤さんの娘さんが、よもや同じテーブル席にいたとは・・・!
可愛いタレントがいるなとは思っていたが、まさかお嬢さんだとは!


しかし、それにしても松山千春、話がうますぎだろ~!

会場の芸能界の重鎮、井沢オフィス社長、周防氏らをいじり、笑わせて泣かせる話術は、なかなか・・・(鶴瓶もひやひやしたとw)

コロッケの長さんねた、小柳ルミ子の年増の妖艶ぶりにも参りました!

ビートルズの前座を務め、この世界で半世紀を生き延びた加藤さん、学ぶべきところが多い宴でした。

デバイスごとに文化コードが変わる

  • 2011/01/26(水) 03:44:30

勉強会仲間によると
某シンクタンク系で以下のコンテンツが話題になったらしい

東京都衛生局のマンガ
http://bit.ly/cvPV8S


確かに、これ、
現在のコンテンツビジネス潮流のデバイス対策の特性・本質を突いてます。


1、情報商材
という分野が最近市場拡大し、ヤフオクでは、3万件以上取引されています。これは、「買わせるまでの作業」が売り手の90%の仕事ですw
作家=売り手側の「通帳残高・札束証明写真」が説得力を持つという異常世界です(笑)



2、また、ブログ漫画系の出版が売れています。
この不況時に「うちの3姉妹」「オタリーマン」・・・数百万部のシリーズです
ブログ独特の間のとりかたになってます。



3、読者100万人規模の携帯小説の独特の表示センス

レイアウトも似た感じですね。
もう完全に「書店系の読者層」と異なります。

モバゲーのモバイル小説のベスト10以内は、軒並み読者百万人以上で、無料で読ませ、紙版を保存用に購入させるというモデルです。既存作家はいません、みんな新人です。

デパートのアパレル店員さんの日記小説が数百万人の読者をもっていたりする。これは毎日新聞のサイバラ連載で人気の「毎日かーさん」あたりに匹敵するのではw

ごっちゃんは、バグマンの新妻エイジ の元ネタか(笑)

  • 2011/01/26(水) 03:40:47

再録
超美少女!元ジャニーズJr.!「キャンディ・キャンディ」作者の息子が「男の娘」として漫画家デビュー!
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1412064&media_id=14


いま一番うちの家族に人気な東村センセイのコメントは、次回作の漫画内の隅にでも書いていただくとして・・・


あからさまな倒錯、ジェンダーフリーには、
やはり抵抗感があるなぁ・・・
彼の場合は、それともちょっとちがうような・・


やはり、気になるのは、海月と女装@介の微妙な関係のほうw
あるいは、男装に逃げる美少女とか、隙間に隠れる美人っていうほうが、やっぱりねw

ぼくらの世代のトランス系ギャクスターといえば、江口寿史の美少年ギャルひばり君あたりだけど、今なら東村アキコだよ、やっぱり。
もう、家族みんなでツタヤのレンタル新刊でるのを待っています(笑)


そういや、昔ワセダタイムスに女装マニアのy君ていうのがいて、なぜかしつこく誘われてそういうとこにいったことがあったっけ。
いま、数十年ぶりに思い出したけど、あのときいっしょにいて面白がって唇にルージュを塗ってた女が思い出せない(笑)


女装はグラムロックの化粧やボウイの影響で、1980年以前には市民権を得ていたような気がする。ぼくも田舎で高校生のミニコミをやっいていた関係でよくラジオやテレビ番組に出ていたけど、NHKの依頼で、16歳のいけてる男子高校生グループに女装にさせて商店街を歩かせたりとか無茶な若者モードをでっちあげていたなぁ。
まあそのころからトランスジェンダーには、みんな興味があったんだろうね(笑)


以前、ゆーつべで「ストップ!ひばり君」を子供たちに見せていたら、基本はギャグなんだけど結構、性倒錯表現がストレートなんで、焦ったw


1970年代の傑作「11人いる!」で、宇宙試験の後で
「じゃあ、オレはお前のために女になる」
ていいきったフロル?だっけ、ああいう未分化中性キャラ(あれ、30年前のツンデレだよね)とかならまだしも、萌え・・・で済むんだろうけども・・・



ジェンダーの解釈はヒトそれぞれだからなぁ

竹宮恵子や萩尾望都の男の娘あたりがいれば、面白そうだけどね・・w

(あと、ごっちゃんは、バグマンの新妻エイジ の元ネタだよね~
と子供たちにパパのオタクぶりを自慢してやった、ちがうか w)

母子姉妹ではまってる漫画

  • 2011/01/07(金) 12:56:31

“SLAM DUNK”が第1位! 20代女子に聞く「息子ができたら読ませたい少年マンガ」ランキング
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1260529&media_id=60


骨折手術で2日で退院してきた次女(8)が真っ先に読んでたのが、ジャンプの微妙連載「四谷先輩の怪談」だなw


母子姉妹ではまってるなかに、上記の王道系はないな・・・

・人形にねじ巻くおたくもの
・ガラスの仮面(トイレ常設、暗記してるので母子公演がある)
・墓場の鬼太郎(ママトモで貸しあってる)
・シュガシュガルーン(「ぶっとばす~」w隠れてユーツベでみてる)
・ハンターハンター(ブクオフで買わされる・・・)
・ジョジョもの(ミッシェルの階段シーンは、文化財もの)
・がんばれミーコ(なんだかんだで女の子の定番?)
・山岸亮子のホラーもの(絵が死ぬほどヘタだけど、気になるらしい)

・ワンピース(そういや、最近号で長女が泣くほど感動していて、うるさかった)


部外
・エヴァンゲリオン~中学出るまでは、絶対みせない。
やばい児童禁書目録にすべき。
ゲシュタルト崩壊とか扱っていて、子供がみるもんじゃないだろ~

庵野、とんでもないものを世に残してくれたなぁ・・・
奥さんの女子恋愛ものも、漫画として完成度がたかくて、子供がすぐ洗脳されてそう・・・


ああ、もう今のギャルは、生まれた時からピチカートを聴いていたような子供たちだからなぁ、おれも、今生まれたかった~ww

2010年07月01日再録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。