スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午後の陰謀論(109)不倫路チュウ総理?

  • 2012/10/20(土) 22:29:25

■細野氏、民主代表選へ…首相と「一騎打ち」に
(読売新聞 - 09月06日 03:00)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2144656&media_id=20

午後の紅茶と陰謀論(109)不倫路チュウ総理?


不倫路チュウ総理の誕生にむけて、
民主党若手が生き残りをかけているらしい・・・・。


って、馬鹿もここまでくれば、あきれてしまう。

細野=モナ夫だよ  ・・・ww



あれだけマスコミに不倫騒ぎで洗脳報道されたのだから、主婦層をはじめ、国民が受け入れるわけがない。

そりゃ、ネタになるイケメン政治家を登場させて、マスコミも話題になるからありがたいだろうが、それで総選挙を乗り越えることが可能と考えているなら、とことん馬鹿としかいいようがない。

支持率50%どころか、選挙では、総惨敗確実だろう。
うだうだの原発対策でやつれ顔のモナ夫と大阪維新や反政権オリーブの枝諸派のふてぶてしい陣営のメンツを比較すれば、どちらが有利か語るべきもないだろう。




●冷静にいまの国家をみれば・・・

東日本3000万人避難移住説が現実的に語られ、
今後も放射能被曝を止めるすべもなく、
唐突に30万人死亡の巨大地震説が浮上し、

国庫に現金がなく地方交付税の支払いも実施できなくて、
隣国に領土侵犯されても明瞭な解決策をうてず、

今年もまた、ひそかに米国に100兆円もの日銀短期資金提供確約で、ドル体制危機支援でたかられていたことが国会で曝露されても、報道封鎖されるだけの属国まるだしで・・・

とにかく、
911偽装テロ体制がとんだ茶番劇だと判明した後も、10年耐えるだけの奴隷状態で、311以降の無茶苦茶な国家運営ぶりで、首相官邸が毎週末、デモ隊に包囲されているさなか・・・

こともあろうに、政権維持のため
不倫路チュウ=モナ夫を総理にするのですか・・?



民主党の若手議員たちの頭の中には、フクシマのプルト君が、ぎゅうぎゅうにつまってるに違いない。


●ちなみに、件の不倫路チュウ事件の現場は、昨年まで仲間が借りていた北青山の某タウンマンション1階の部屋のすぐ前。


この不況のなかで、マスコミ、芸能業界人、フリランサーの住民の半分ちかくが、失業、事務所閉鎖の憂き目にあい、転居した北青山の某タウンマンションに、仲間が「いつでも逃走できるように」と、あぶなっかしいモバゲーやグリーの仕事関係の部屋をかりていた。

案の定、彼は銀行融資に失敗し、業者や仲間からの資金繰りにも失敗して失踪、精神病棟に逃げ込んでもう1年も出てきやしない。僕も何百万円かを回収できないでいるが、とにかく死んでもらっては困る。

こういう事例は枚挙にいとまがない。
自立し、事業や仕事をするということは、ときに命を削るということでもある。


いま、世間がプチ経済恐慌で、混沌と化し、信頼関係が崩壊し、憎悪にまみれていることを政府はどこまで理解してるのだろう。
マスコミは、ねつ造報道を繰り消し、国家は偽装をやめない。

大衆が、大阪維新のような米ポチ=茶番政党であっても、その登場を歓迎し、バーナキュラなナショナリズムに傾斜すること簡単に批判はできないでいる。

午後の紅茶と陰謀論(107)元祖・従軍慰安婦本

  • 2012/10/20(土) 22:26:19

■橋下氏は危険な右派?強い指導者?…世界も注目
(読売新聞 - 09月01日 14:46)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2140042&media_id=20

午後の紅茶と陰謀論(107)元祖・従軍慰安婦本


●従軍慰安婦・慶子―死線をさまよった女の証言
千田 夏光 (著)  クラブハウス刊(再刊)

という、初めて従軍慰安婦という言葉を世に出した歴史的な本を、とある事情から05年に当社で再刊したことがある。


ここ20年ほど、日本にとって歴史評価のみならず、国家史観をどう再構築するかという面で、とても重要な史料本なので、あえて著者の未亡人に追加印税を支払いしてまで刊行した(これは版元委譲裁判にまでなって、僕は二重支払いをさせられた)のだが、これがぜんぜん売れない。w

とはいえ、定期的に再燃する論争で、在庫がなくなったので、現在は絶版状態で中古しか流通していない。増刷するほどの需要もないので、電子版を検討してもいいのだが、未亡人側との連絡はとれていない。当初の版元であった新潮社も立場もあるし、電子出版は難しいのだろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
内容情報(「BOOK」データベースより)
「強制連行はなかった!」というニート世代に贈る、60年前の少女たちの「愛国拘束」物語。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 女の出陣-軍に買われて戦場へ/第2章 博多から上海へ-“従軍慰安婦”第一号/第3章 陸軍娯楽所の日々-軍公認の“接婦”がはじまる/第4章 百二十四聯隊の娼婦-国の役にたつ“任務”/第5章 転戦、また転戦-激戦の南方諸島へ/第6章 死の敗走-密林の飢餓地獄
ーーーーーーーーーーーーーーー

軍と慰安婦の関係、問題となっている「強制連行」の定義、実態などを
日本人慰安婦1号となった慶子さんへの戦後のインタビューから構成したルポルタージュものなので、研究者の史料本と違い、生々しい記述も多い。


下に池田信夫の朝日新聞ねつ造報道批判ブログを転載したが、
この本の後に出てくる、例の吉田清治のねつ造本をそのまま検証なしで報道した
朝日新聞のねつ造報道が、そもそも、現在の慰安婦問題の混乱の原因でもある・・

なぜ朝日新聞が、世紀の誤報を修正することなく、国家観を汚しているのか理解できないが、少なくとも政府は早々に歴史認識を修正すべきだと思う。

とはいえ、小林よしのりや右派が批判する悪名高い河野談話が、なかなか修正されない歴史認識の曖昧さについては、「強制連行はなかった」
と言いきれない部分が実はある。

マスコミ、政府関係者、言論人が、従軍慰安婦論の原点であるこの本をもっと読めば、論争の焦点が理解できるのだろうが・・・。



・日本人慰安婦の証言
http://www.tamanegiya.com/nihonnjinnniannfu20.8.27.html


・【論説】日韓関係を修復する決め手は、従軍慰安婦捏造で日韓関係を大混乱に陥れた朝日新聞社長の辞任…池田信夫★2

虚構新聞に秀逸な記事がある。最後の「本紙の更なる発展のため、誤報、捏造報道のノウハウはむしろ こちらが教えを乞いたいほど。最近スキューバダイビングの免許も取った」という落ちは、サンゴ事件の ことだ。朝日新聞の捏造事件としては伊藤律架空会見も有名だが、植村隆記者の従軍慰安婦捏造は 日韓関係を大混乱に陥れた日本の新聞史上最大の誤報だろう。

これを報じたのは、朝日が初めてではない。吉田清治が『私の戦争犯罪』という本を三一書房から出し、 これについては他の新聞も雑誌も報じていたが、それを裏づける証拠がないため、都市伝説の域を 出なかった。1991年8月に福島瑞穂氏がマスコミに金学順の「証言」を売り込んできて、NHKなど各社も その証言は報道したが、それだけでは50年前の売春婦の話にすぎないので、そこそこの扱いだった。

ところが植村記者が、これを吉田清治の話と混同して「挺身隊として強制連行」したと報じたことで問題が 大きくなった。正直いって私は当時「抜かれた」と思って関係者に取材したが、吉田の本にはおかしな点が 多く、地元紙が捏造だと報じていることもわかったのでNHKは追いかけなかった。たぶん各社も同じだろう。
そもそも「女子挺身隊」というのは工場に勤労動員する制度だから、歴史的知識のある人ならすぐ間違い だとわかるはずだ。

ところが1992年1月11日の「慰安所 軍関与示す資料」という朝日の記事が致命的だった。このときも 植村記者は「挺身隊の名で強制連行した」と書いている。彼はおそらく軍の「関与」を示す通達が強制連行の 証拠になると考えたのだろうが、この通達は業者に慰安婦を誘拐するなと指示するもので、むしろ強制連行の
反証だ。史料の解釈については吉見義明氏に植村記者がミスリードされた疑いが強いが、8月の記事から5ヶ月 たっても「挺身隊」という単純ミスさえチェックできなかった社会部デスクにも責任がある。
(続く)

▽BLOGOS
http://blogos.com/article/45627/

午後の陰謀論(107)格差内戦へ

  • 2012/10/20(土) 22:23:00

■生活保護断られ、区役所7階から「死んでやる」
(読売新聞 - 08月27日 20:07)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2133954&media_id=20

午後の紅茶と陰謀論(107)格差内戦へ


馬鹿ばかりだ・・・w

生保支給要件を満たさないで、飛び降りようとする、働くビンボーも馬鹿ならば、それを批判するビンボー自慢の輩も馬鹿だ。


無知は怖い。
オツムが弱いのかもしれない。


ここの書き込みをみていると、大半が安易な生保制度批判派だ。

ワークシエアリングもできないで、非正規年収二百万円クラスを労働貴族公務員七百万円支配層が、あごでこきつかう、オーウエルが予言していた1984的な「洗脳クラス化構造」は、もう完成の領域に達しているといえるのではないだろうか。


日本の労働格差。平均値の実態(国税庁、総務省、厚生労働省06年 単位・万円)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
        平均年収   退職金  ボーナス 月額年金
国家公務員   628     2738   215    32 
地方公務員   743     3000 (215) (32)
大企業     660     1660    160    22
中小企業    320     720     43    14
フリーター    170      0    0     6(50%が無年金0)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
http://luna555.blog19.fc2.com/blog-category-2.html


この統計をみて、憤りを感じたビンボー人は、政府を包囲して官庁に突撃し資金を奪い、公的資本の正しい再分配のため、政府をリセットする権利を憲法で保障されている。


そこまでのラジカルな行動ができなければ、憲法が保障した生保支給なりを請求し、「公務員世帯の70%の最低生活費を保障」してもらえばいいのだ。

そういうことにたけた在日外国人を批判する前に、有資格者は権利を要求すればいいだけなのだ。






インターナショナルには左派も右派もない。
古いアナキストのように国家を否定するのではなく、この手に回収し、掌握すべきだ。



潜在対象の2000万人のうち、申請を試みた世帯が800万人、受給できた世帯が約220万人。

普通に、みんなが申請して運動を強化すれば、事実上、政府は崩壊する。
1868、1945のように、そこから、リセットすればいいだけのシンプルなことが、今の日本人にはできない。


だから、サンフランシスコ条約=911偽装テロ体制の米中朝鮮の洗脳隷属状態からいつまでもぬけ出せないのだ。



Himno Anarquista - Hijos Del Pueblo
日本人は、反原発デモでも大人しいが、我々は311で殺されかけたのだ。
素直に怒りを表明するラテン系に見習うべきだろ



●当時の厚生省の自営系の年金問題に関与したり、知人のデザイナーの自殺未遂がきっかけで、僕が奥さんと03年にまとめた「プチ生活保護のススメ」(現改定版)は、在庫切れで現在新刊入手はできなくなったが(増刷はしないで、電子版に移行か検討中)

日本の保護率は英国などと比べても70%以上少ないと分析している。



本来貧困で不足分を貰えるはずの国民(全世帯の16%程度が、最低生活基準以下)が知識不足で申請していないから、こうした「俺より生保受給者のほうが生活レベルが高い、フザケルナ!」

ビンボーはもっとはたらけ~!きいきい~w
という安直な近親嫌悪な生保差別が強化されるのだ。


公務員のように、本来貰える公的資金を拒否し、極貧のうちに婚姻もできないで、子孫も残せないで、死んでいく馬鹿。


ソーシャルネットに50億人が繋がろうとしている時代に
高度情報化社会が産み落とした、新たな「洗脳奴隷の誕生」が、ここにある。


少しは、自分の頭で「国家というものの機能」を考えてみろ。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●「このままでは暮らしていけない」全ての人に。 
働きながら、短期間・不足分のみのプチ活用推奨!

書籍「プチ生活保護のススメ改訂版」
http://www.amazon.co.jp/dp/490649644X

震災、原発恐慌で申請者が殺到。受給者200万人! 
しかし、受給はカンタンではありません。
競争率4倍、条件をクリアする対策とノウハウが必要です。

基準は住宅補助を含めて3人世帯@27万円、1人@13万円前後。

差額がほしいが、どうしていいかわからない人へ!
自分でできる申請書つきマニュアル改訂版
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

午後の陰謀論(106)アルカイダ=自由シリア軍洗脳

  • 2012/10/20(土) 22:19:47


2012年08月27日03:18 ■山本美香さん、9発の銃撃痕…致命傷は首
(読売新聞 - 08月26日 20:52)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2132872&media_id=20

午後の紅茶と陰謀論(106)アルカイダ=自由シリア軍洗脳


911陰謀から続く米英軍の自作自演劇は、今も続いている。
アフガン、イラク、チュニジア、リビア、エジプトと続く中東ドミノ陰謀劇は、なかなか開始できない本命イラン戦争の前に、シリアで、おおきく舞台回しのほころびを見せ始めている。


平和を愛する有名な日本人女性ジャーナリストが、鬼のような独裁政府軍の民兵によって殺戮されれば、かってのイラク参戦直前の日本人外交官へのテロ同様、おおきく日本の世論はシリア政府打倒介入(=米英の利権いいがかり侵略)容認に傾くだろうという、いつもの同情移入脚本のことだ。


異常に手回しの良い、臨場感あふれる山本さん殺害実況のユーツベ公開、死体を横に解説する自由シリア軍の麻薬中毒ゴロツキ傭兵たち。(CIA=アルカイダ派遣説も)
http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&v=aE2sj97Vb6c&NR=1

この動画への感想欄をみると、大半が、犯人とされるシリア政府軍への憎悪に満ちた日本人によるコメントばかりで、佐藤・山本チームに業務委託をしていた読売系報道でも、そうした自由シリア軍支援への世論喚起は、成功しているように一見思える。


しかし、
いくらCIAの脚本家が

「山本さんの死を乗り越えて、シリアに平和を!」
「国連がだめなら、米英軍主体の多国籍軍投入を!」
「そのためには、アフガン、イラク同様に日本の支援金が必要だ」

と、誘導しようとしても、もういいかげんマンネリ化した中東情勢に、我がアブノーマルな「極論好きの平和マニアの日本人」がなびくはずがない。


予想どうり、ネトウヨの馬鹿は、かっての「3馬鹿サヨ批判」を彷彿させる鬼畜な馬鹿発言で、読売やCAI、国防省の担当官をいら立たせているのだ。


「あんな戦地に自ら飛び込む平和ボケジャーナリストの自己責任」
「中東のことなんてどうでもいい。それより竹島、尖閣だろ」



●たしかに中東のことなど、今の日本にはどうでもいいことなのだ。

国有原油収入を国民分配したベーシックインカム政策で、医療教育費無料だけでなく、最低生活費支給を実現し国民支持率98%だったリビアの独裁カダフィが、なぜ米英支援の義勇軍のクーデター内戦(実質、米英軍の異常空襲による市民無差別虐殺侵略戦争)で、倒れしまうのか?

6月までシリア政府軍が無差別市民虐殺をしていたと報じていた日本マスコミが、実はその虐殺テロは、自由シリア軍側の自作自演だと、イタリア、ドイツ系など911体制に批判的な一部西側報道までが、ついにロシア、中国側報道を追認し、ホワイトハウスも沈黙したことを、いまだになぜ隠すのか?


だいたい、そんな無茶苦茶な誤報だらけの米国検閲経由の中東報道すら、日本人は関心をもっていない。

だって、そうだろう。

311で、2万人が死に、数十万人がいまだ家に戻れないで、最悪4000万人が将来、被曝恐怖からの避難をしなければならないかもしれないという未曽有の危機に、しかも、竹島や尖閣では隣国から軍事的脅威にされされているのに、シリアのようなどこにあるのかさえ分からないような国の内戦に関心を持てというのが無理というものだ。


●2012年の現在、ネット報道は、五十億人が直接関与できる環境機能を持つ。
これは、ベトナム戦争時の数万倍の情報量、911テロ事件当時の21世紀初頭の20倍の情報量を有するハイパーメディア状況だ。


そんな時代に、まだナチスや電通のような手法で洗脳を維持できると思うほうがどうかしているのだが、それでも大半の市民はまだ騙されている。
冷静に情報をつかみ、思考すれば、中学生でもわかることだが、こればかりは、独立政権が旧属領マスコミを制圧しない限りは終焉しないだろう。



トーフさんの引用動画


http://mixi.jp/view_diary.pl?owner_id=24611013&id=1867368266
・シリア人のいない英国訛りの英語を話す外国人チンピラ達の武装集団・自由シリア軍とは?

・シリア武装集団に協力した女性の証言
敬虔な信者を装っているが、彼らは麻薬を服用し女性を拷問にかけ、強姦、殺害している。


阿修羅書き込みから
http://www.asyura2.com/12/warb9/msg/831.html

「米アルカイダの自由シリア軍に殺された山本美香さん」(2012/8/22 )
http://www.youtube.com/watch?v=moDOHqRKVlY&feature=youtube_gdata_player


山本美香さん銃撃殺害事件には不可解な点が多い。以下それらを列挙する。


●山本さんらは反政府武装勢力(反アサド派)の自由シリア軍に護衛されて
いた筈だが、その護衛役が、政府軍が潜んでいる地区や街角にわざわざ案内する
こと自体考えにくい。それも街角や路地に敵が潜んでいないか事前偵察もせず、
(敵の急な飛び出しに備えて)数十メートル先を行く先導護衛もせずに。


●政府軍らしき数人(そのように変装していたかも)が街中にいたとしたら、
山本さんらが襲撃される前に自由シリア軍が真っ先に(即座に)応戦しなければ
ならない筈。

政府軍らしき集団が発砲した4発の銃声が先にあったが、これより先に、
或はこれと同時に護衛役の自由シリア軍が即座に発砲して応戦した形跡がない。


●シリア政府軍の戦闘機や軍用ヘリコプタによる空爆が行なわれたばかりの
地区(地上)に政府軍がいたとしたら空爆でやられる可能性もあった筈。
(政府軍の作戦上)政府軍(空軍)が、同じ政府軍(地上部隊)を爆撃する
という誤爆や同士撃ちさえ起こりうるような状況にあったとは考えにくい!


●山本さんは「戦争ジャーナリストではなくヒューマン・ジャーナリスト」
だったとされる。つまり砲弾銃弾が飛び交う戦闘場面を取材するのではなく、
紛争地の女性や子供たちを取材するのが仕事だった筈。
そんな記者を敵の政府軍が潜んでいる戦闘地域に案内すること自体、不可解。


●山本さんらを銃撃したのが本当にシリアの政府軍(アサド派)だったなら、
自由シリア軍は政府軍から見れば敵の筈。
政府軍が真っ先に銃撃する相手は、丸腰の山本さんらではなく
武装した自由シリア軍ではないか?でないと政府軍は即座に銃撃されてしまう。
現実は真っ先に撃たれたのは自由シリア軍ではなく山本さんだったようだ。

●山本さんが銃撃されたとき自由シリア軍は護衛どころか実際何もしておらず、
すぐに遺体の動画を撮影してyoutube動画をアップしたりアサド政権の非難を
始めていた可能性がある。


●山本さんが肩からタスキ掛けにしていたとされるポシェット
(パスポートや撮影済みビデオテープ、取材ノート等が入った)と
スチール・カメラがなくなっているとの情報がある。誰が盗ったのか?


●山本さんらジャパン・プレスの記者がシリアのアレッポで取材していたのは、
日本テレビ、つまり、米CIA傘下の米国の大本営発表機関である読売新聞
ナベツネ系がジャパン・プレスに命じた取材だったらしいこと。
(この取材命令の背後に米国から取材資金の提供があった可能性も)


(*1)
アルカイダというのは「米国諜報部隊であるCIAとサウジにある、
その傘下企業舎弟であるビン・ラディン財閥が合同で作った民兵組織で、
現在CIAが資金武器弾薬を支援しては自作自演のテロ活動を展開する
米国製のテロ軍団」だとされている。

またオバマ米大統領も若い時からCIA(米諜報機関)の要員として
工作活動していた履歴がバレています。
         ↓
【田中宇PLUS:CIAの血統を持つオバマ】
http://tanakanews.com/120809obama.php




●櫻井ジャーナル
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/20120821/

 アレッポで取材中の日本人記者が殺されたが、同行していたという反政府軍は英国のテレビ局のチームを交戦地帯に誘導、政府軍に殺させようとしたことも明らかになっている

 シリアのアレッポで日本人ジャーナリスト、山本美香が戦闘に巻き込まれ、首を撃たれて死亡したというが、実際にどのような状況で殺されたかは、今後の調査を待つべきだろう。

 彼女は反政府軍のFSA(自由シリア軍)に同行して取材していたようだ。そのFSAは今回の件に絡んでYouTubeにアップされた映像でも、自分たちを住民の守護神であるかのように宣伝している。が、実態はかなり違うということを、本ブログでは指摘してきた。

 シリアを取材する記者の多くはトルコから密輸ルートを使い、シリアへ入国しているようなので、それだけでも危険が伴う。しかもFSAはジャーナリストの死を望んでいる節がうかがえる。アメリカはベトナム戦争以来、自立したメディアを嫌っていることも忘れてはならない。

 例えば、イギリスのテレビ局、チャンネル4のケース。チームの中心的な存在だったアレックス・トンプソンによると、彼らは反政府軍の罠にはまり、危うく政府軍から射殺されるところだったという。取材していたチームを反政府軍の兵士は交戦地帯へと導き、政府軍に銃撃させるように仕向けたというのだ。

 イギリスやドイツなどの情報機関から政府軍の位置は知らされているはずで、意図的だったとしか考えられない。トンプソンたちは危険を察知して逃げることに成功したが、危うく殺されるところだった。今回のケースを彷彿とさせる。

 サウジアラビアなどはシリアの反政府軍を雇うと公言しているが、実際、傭兵やアル・カイダ系の兵士は多いようだ。例えば、反政府軍に拘束されていたフリーランスのフォトジャーナリストによると、連れて行かれたキャンプにシリア人は見当たらず、少なくとも6名はロンドンやバーミンガムの地域で使われている発音をしていて、その中には強いロンドン南部訛りのある人物が含まれていたという。

 FBIの元翻訳官で内部告発者として知られているシベル・エドモンズによると、FSAは昨年春、つまり反政府運動の開始とほぼ同じ聞きからトルコにある米空軍インシルリク基地で訓練を受けてきたと言われている。教官はアメリカの情報機関員や特殊部隊員、あるいはイギリスとフランスの特殊部隊員。

 一般にFSAはシリア政府軍からの離脱組が参加していると言われているのだが、実態は傭兵やゴロツキの集まりだとする人も少なくない。何らかの形で反政府軍に接触した人は、スンニ派のサラフィ主義者がいると話している。サラフィ主義者はムスリム同胞団と同様、サウジアラビアの支配層と密接な関係にある。

 ホウラ地区での住民虐殺を調べた東方カトリックの修道院長によると、虐殺を実行したのはスンニ派のサラフィ主義者や反政府軍に参加している外国人傭兵。アラウィー派やシーア派だけでなく、反政府軍を支持していないと見なされた住民はキリスト教徒であろうと、スンニ派だろうと殺されたという。

 山本さんのケースは、イギリスのテレビ局「チャンネル4」のケースとよく似ており、反政府勢力の自由シリア軍によって殺されるよう仕向けられた可能性があります。もしそうだとすれば、たとえ直接銃撃したのが政府軍であったとしても、主犯は反政府勢力となります。

 「自由シリア軍」などと名乗っていても、ならず者の集団であり、日本人の命など何とも思っていません。アサド政権はこんな酷いことをしていると外国に印象付け、介入させようとしているのでしょう。

 しかし、日本人ジャーナリストを利用しようとしても無駄です。無能で冷酷な野田政権は外国のことには関心がありませんし、自国の領土すら守ろうとしません。自国民が犠牲になっても、憤ったふりをするだけです。「粛々と決まりに従って事を処理します」とか何とか、お決まりのセリフを言うだけでしょう。

 日本がかくも異常な国であることを、シリアの反政府勢力は知らなかったようです。そんな国があることは到底信じられませんから、無理もありませんが…。何とも無残な有様です。


------------------------------------
●「9.11テロ疑惑国会追及」
藤田議員、きくちゆみ、童子丸他 共著
http://www.amazon.co.jp/dp/4906496431

米軍基地グアム移転派の前鳩山総理、小沢代表、寺島日本総研会長(外交顧問)が推薦人!ワシントンポスト他マスコミの異常な本書弾圧。ついに政権が崩壊するも、ウイッキリークスら世界的に米軍の内部暴露報道が解禁! 911陰謀論は、もはや都市伝説ではない!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夏服を着た女たち

  • 2012/10/20(土) 19:09:27

夏服を着た女たち
2012年08月24日01:30

男性が「この子を幸せにしてあげたい」と感じる5の瞬間
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2129921&media_id=137


前の日記の流れで行くと、

「品のある女性のおみ足、とくに心ときめく足首」に出会ったとき。

という事になるのだが、まあ、それは死んだ親父もうなずく血のなせる業でもあるので、仕方ない、ことにしておこう。



アーウイン・ショーに「夏服を着た女たち」という、
そういうニューヨーク男の業を描いた短編がある。

日本でいうならば、青山通りと骨董通りの交差点のオープンカフェで、表参道駅からきた働く女、青学方面から歩いてきたこじゃれた学ぶ女たちに、ついつい目がいってしまい、忠告をうけた美人妻に(コイツいつかワタシを裏切る)と思われ、それでも、泣いて抗議する嫁の後ろ姿をみながら(やぱーし、こいつイイ女だわぁ・・)というロクデナシ男のおはなし・・・ですw



で、実際の話、男は、そういう意味なく泣いてしまう女に弱いのかというと、その涙の種類によると思うんですよね。




たとえば、僕なんか・・・

「夕食の準備ができて呼んだときに、ネットをしていて無視した。
稼ぎが悪いくせに、子供の世話をおしつけて、自分は好きなことをしてる」

と泣かれ、ぐずぐずいうので、
「それ、くだらないよ」 
と、反論したら
「もう、いや~。リコンする、必ずする!」

と断言され、それをみていた子供たちは硬直し、
さらに、逆上した僕が、星一徹のように茶碗を床に投げつけたところ

すかさず、嫁は携帯で写真を撮り始め、
(コイツ、家庭裁判所で有利になるように証拠を押さえていやがる!)

長女がため息をつき、次女が泣いてすがるので、
(まあドラマじゃないんだけど、普通にそうなります)

当然の流れとして、僕は黙って家をでていくと・・・




あれ?
ぜんぜん、テーマとはちがう話の展開だな・・
ま逆じゃん。


この子を幸せにしてやりたい、とかじゃなく、

「悔しいなら、シェアハウス用のアパートを買うから現金4000万円用意しろ」
と、その後旦那が妻に脅迫される話になってます。

(で、実際、鬼の妻はぼくから数百万の返済を得て、阿佐ヶ谷にひつじ不動産でも人気のシェアハウスを借地で建てるんですがね・・・)


だから、そういう目的のためには、手段を選ばない脅迫まがいの涙ではなく(いや、万が一家族がいつかこの日記をみたときのために、いっときますが、借入していた自分が悪いのはもちろんですよ、現金4000万円もまだつくれてないしね)



・・・こう、なんとかしてあげたいなぁ という涙の類ですね



昨年やっと10代になった次女が、すごく可憐なグスンと涙してる少女漫画風の自画像をかいてきたんですよ。

その子は、一番小さいのに、すでに字が家族の中で一番うまく、8歳のころから隠れて漫画を描いて、どうもゲーム機を通じてドット系の掲示板に作品をアップしてるみたいで(ちなみにインターネットはまだ禁止です)、彼女の最初のファンだという長女によれば、8名の読者がついているらしい我が家のホープなんです。(恥ずかしがりやなので、絶対作品はみせてくれませんが)


で、その絵の吹き出しをみたら、

「人生最初の10代になった誕生日のプレゼントが現金だなんて・・シクシク。ヤフオクでいいからi-pod買って」
とか かいてるんですよ。


え?

じゃ、自分から希望してきたその現金のプレゼントって一体なんだったの?


え? 

母子そろって、男から詐欺るの?
そういう涙なの。

しかも、長女の影響なのか、自画像が「夏服を着た」初音ミクなんだけど。




まあ、当然、ヤフオクさせられましたけどね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。